引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1623215236/


mountain-5456305_640


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:W4dk4zUt0
すっ!滑るっ!!


Sponsored Link


おすすめ記事




[PR] 長さ165mm 直径3mmでわずか6gの超軽量。テントや小型タープには100均ステークよりこちらがベストでは?
チタンペグとしては最安値だろう 1本あたり162.5円。(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR] 固形燃料用ポケットストーブ(2個):展開サイズ10x7.7x5.4cm 収納袋付き 材質:亜鉛メッキ 重量 約102g / 9枚ウインドスクリーン(1個): 展開サイズ13.5×650cm 収納袋付き 固定用ペグ
3個セットで699円の大特価!! (在庫・金額はリンクから確認を)





2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:XnzxUmHW0
まだ1年なの?もう3年くらい経ってるかと思った

picture


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:EVqRuVFPd
彼は落ちたんじゃない飛んだんだ

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:PK/9rfNY0
すりおろしりんご

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:edp6Kp2fd
何で普通に嘘つくんだよもっと前だろ

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:ftXvFuBD0
見つかったっけ

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:FqAifg8pp
>>6
遺体でそれらしきものは見つかった

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:4SJRdFWHM
タヒに方としては意識少なくなりそうだから楽かも

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:aQ+GjsSH0
とぅべる!

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:BDTkaP7qd
コロナより前じゃなかった?

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z6CwQfzk0
去年だろ

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:MRCHyDZW0
滑るって!すっごい滑るって!このアンポンタン!

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:VMvgGDpB0
ダーウィン賞受賞おめ

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:KQrDZtoa0
2年くらい前だろ
まだ働いてたころだし

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:u9PcmmRI0
>>13
やめんなよ

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:edp6Kp2fd
去年の1月とか

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:XnzxUmHW0
遺体らしきものは見つかったけど性別も身元もわからないレベルなんじゃなかったっけ?

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:JRP0Y7610
富士山における滑落事故の滑落距離堂々の一位だぞ
あの世で鼻が高いだろう



19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:QRgMzg7Qa
下山RTA

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:BDTkaP7qd
そりゃあ数百メートル?岩肌にすりおろしじゃあ原型ないだろう

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:nUDPv7kNd
(ダーウィン賞を)統べるっ

ダーウィン賞


ダーウィン賞(英: Darwin Awards)は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名づけられた皮肉の「名誉」であり、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことによって自らの「劣った遺伝子を抹消」し、「人類の進化に貢献した」人物に贈られる賞である。なお、優れた業績を挙げた生物学者に授与されるダーウィン・メダルとは全く関係が無い。

【歴史】
ダーウィン賞は、都市伝説が広く知られるようになった1985年に、電子メールやニュースグループの議題として作られた。Usenet のふたつの話題、1985年8月7日「Vending Machine tipover」、および1990年12月7日の「JATO Rocket Car」は、早い時期から紹介されていた。「JATO Rocket Car」の話題は1995年から1997年の間、電子メールにより紹介されていた。また1991年から毎年、1999年ダーウィン賞(1999年の場合)などといった題名のメールリストが、匿名で作成されている。ダーウィン賞を記録したウェブサイトもいくつか存在する。よく知られているのは、ダーウィン賞に関する本の著者であるウェンディー・ノースカットが管理しているサイトである。

【受賞資格】
ノースカットは、ダーウィン賞の受賞には5つの条件があるとしている。

子孫を残さないこと — 事故が原因で死亡したかまたは生殖能力を失った者であること。ただし、その前に子孫を残していた場合は受賞の対象にはならない。
この賞の意義は「愚かな遺伝子を後世に伝えないことで人類の進化に貢献した者」を称えることにある。したがって、事故発生時にすでに子孫を残していたり、事故発生時に高齢等によってすでに生殖能力が失われていた場合は受賞の対象とはならない。「生殖能力を失った」ことを確認するためには、ダーウィンの著書に記述されている「無人島テスト」が適用される。これは「生殖可能な異性とともに無人島に漂着したとして子孫を残せるか」により生殖能力を判断するものであり、残せない状態になっていれば「合格」となる。テストの性質上、試験管内での受精や人工授精、クローン技術による生殖の作成の余地は残されていることになる。実際の受賞者は、事故で死亡したか事故で性器が使用不能になったかのいずれかである場合がほとんどである。なお、これらの規定はしばしば議論の対象となっている。

優れていること — 驚くべき愚行
候補者の愚かさはユニークかつセンセーショナルでなければならない。寝タバコなどのよくある愚行については、ダーウィン賞の対象にはならない。ただし、病院で喫煙を禁止されたにもかかわらず、喫煙を続けたことにより亡くなった人[5]は、受賞の対象となる。素晴らしい功績、例えば、ニトログリセリン錠剤を飲み込み、壁に突っ込み爆発することによって死亡した場合は、この条件に当てはまる。しかし、ダーウィン賞を得ようとして「驚くべき愚行」を行った場合は受賞の対象にはならない。

自ら自然淘汰を行うこと — 自らが死の原因
手榴弾により友人を殺害すること自体は受賞の対象にならない。しかし、手榴弾から煙突クリーナーを作ろうとして自ら死を招いてしまった場合(2005年のケース)は受賞の対象となる。責任を持つ団体が直接関わることを除き、他人を殺害すること、または他人の性機能を奪ってしまうことは受賞の対象とはならない。また、自分自身が死の原因になる必要があるとはいっても自殺志願者は受賞の対象外であり、受賞者自身が「その行為により、自分が死ぬ可能性がある事を全く考えていない」事が前提となる。例えば自殺するためにわざと自分の乗っている車に放火してもダーウィン賞は受賞できないが、自動車泥棒が盗んだ車を処分しようと車内から放火したものの、ドアハンドルが壊れていて脱出できなかった、というケースなら受賞の対象となる。

正常であること — 明確な判断が可能
対象者は精神疾患を持たず、犯罪者である場合は時効を過ぎていなければならない。

真実であること — 事実であることを証明されなければならない
受賞の対象になった話は、信頼できる情報元(確実な目撃者がいるなど)に記録されていなければならない。真実でないことが判明した場合は、受賞資格は与えられない。しかし、とても面白い話であった場合は、都市伝説の欄に記録される。

【受賞した事件・事故(抜粋)】
2020年 日本 雪に覆われた10月の富士山に、スマートフォンで生配信しながら軽装備で登山した40代男性。アイスバーンで足を滑らせ垂直高度で約700m滑落して死亡。

ダーウィン賞  Wikipediaより

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:j+hv/e2oa
正直他の受賞者に比べて見劣りするんだよなぁ

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:m+YzTczC0
たった1年前まで
ニコニコ生放送が現役だった事実に驚愕

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:eFBELUTR0
あの配信までは無名だった生主があれで一気に有名になったな、
ただしその代償は大きかったが・・

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:Siq5Iy0I0
ダーウィン賞で爪跡を残した男

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:4JSx5PLf0
しょっちゅう山でタヒんでるやついるのになんでダーウィン賞なのかわからないわ
タヒんだ場所がわかりやすいだけ有能だろ

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:xbOzy8Br0
アレの解説で金儲けするユーチューバーがいっぱいいたなぁ

Pinnacle Of Stupidity 2020 Darwin Award Winner :愚かモノの山嶺


In the end, cold was not the culprit. (28 October 2019, Japan) "Hands are numb...but must operate smart phone," muttered 47-year-old Tedzu to his livestream audience as he skidded and stumbled up the snow-covered Shubashiri trail of Mount Fuji.

(2019年10月28日 日本)愚行の原因は寒さではなかった。。。 47歳のTEDZUは、雪に覆われた富士山の冬道を滑ってつまずいたとき「手がしびれているが、スマートフォンを操作しなきゃ」とライブ配信の聴衆につぶやいていた。

"I wish I had brought heat packs," he lamented, and then he was heard to say, "Wait, I think I am slipping!" 62 miles west of Tokyo, iconic Mount Fuji is one of Japan's three holy mountains, a 12,389-foot volcanic summit visited by religious pilgrims, mountain climbers, and sightseers. The trek is cold and slippery even during the brief summer season, when amenity stations are staffed and available for the benefit of climbers. In the off-season, the stations are closed and mountain conditions are downright hostile and inhospitable.

巡礼者・登山家・環境客が訪れる
日本三大霊山の一つ富士山、短い夏の間は12,389ftの山頂までの道に山小屋やスタッフが配置されるが、シーズンオフになると滑りやすく、登山者を寄せ付けない環境のため、閉鎖されている。「カイロを持ってくればよかった」と視聴者に向けて呟くTEDZUは、「滑る!」と口にしていた。


(中略)

Astonishingly close to the summit for an amateur winter hiker, Tedzu at last utters the anticlimactic words, "Wait... I'm slipping!" Experienced Mount Fuji climbers say, "If you start slipping, you have ONE chance at self-arrest before it's too late." Even now, Tedzu might drop his phone and jab his climbing poles into the ground...! But, no. In an instant it becomes apparent that his smart phone is the more intelligent one. Still live-streaming away, Tedzu begins an uncontrolled slide down the rocky snowy slope. Viewers are treated to a spectacle of feet flailing and poles tumbling free. A few seconds later, the phone footage abruptly stops, the final chilling image shows a climbing pole frozen in mid-flight. His viewers promptly alerted authorities.

TEDZUは「待って!滑る!」と声をあげていたが、経験豊富な登山家なら滑落停止のチャンスは1度だけだと知っていただろう。彼はスマートフォンを捨てて、トレッキングポールを突き刺して滑落停止を止めるべきだった。しかし、彼はそれができなかった。

(アクションカメラをヘッドマウントしていたようなので手は使えたはず。しかしトレッキングポールでは滑落停止はできないと思いますが…:管理人)

動画配信を続けるスマートフォンには、雪に覆われた岩だらけの斜面で制御できなくなって滑落してき、自分の脚やトレッキングポールが転がる様子がライブ配信され続け、数秒後にトレッキングポールが吹き飛ばされるシーンの映像で配信が停止し、視聴者から警察への通報が行われることになった。

The 47-year-old's lifeless body was found the next day at an altitude of 9800 feet, 1000 meters away from where he began his fall. But for a little preparedness, the hero was lost. Gloves and crampons, and a sprinkle sense, was all Tedzu needed to create a spectacular livestream on the ascent of Japan's holy mountain, and he might have had another 47 years to relive and enjoy that experience. Watching the video, one can almost feel the "mind-numbing cold" Tedzu describes, but in the end, cold was not the culprit! "Numb hands, numb brain."

翌日、47歳の遺体は滑落場所から1,000mも離れた高度9,800ftで発見された。日本の霊山でのライブ配信には手袋とアイゼン(クランポン)とピッケルが必要だった。TEDZUは滑落を視聴者に追体験させるために47年の生涯を終えることになった。「気が遠くなりそうな寒さ」ではなく「手の麻痺」「脳の麻痺」が滑落の原因だった。




Pinnacle Of Stupidity 2020 Darwin Award Winner Guest Writer: James G. Petropoulos darwinawards.com/より



おすすめの関連記事

Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

【PR】アウトドアの最新ニュースも
完全無料で、話題のニュースがすぐに読める【スマートニュース】