引用元: https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1098907962/


waterfalls-5645361_640


387: 健康茶流@カテキン緑茶 ID:Vxqi95Cf
友人の体験談です。大学時代の夏休み、彼はある山に登山に出かけました。登山計画は順調に進み、山の中腹にある滝沿いの崖を登りきった所で彼は一息入れたのですが、ふと真下の滝つぼを見ると、底の方に、仰向けになって沈んだ人の姿が見えます。それも一人だけではありません。

彼は、すわ、大事故か、と慌てて崖を降り、近くからその人影を確認しようとしましたが、降りてみるとその人々の姿は幻のように消えていました。再び高所から滝つぼを見下ろしましたが、やはり人の姿はありませんでした。

後日、彼は、年配の登山家の方に、その山の滝は明治時代に何人もの人が自殺した場所だったと聞き、ぞっとしたそうです。滝の底の人影は道連れを探していたのかもしれません。


Sponsored Link


おすすめ記事




[PR] 長さ165mm 直径3mmでわずか6gの超軽量。テントや小型タープには100均ステークよりこちらがベストでは?
チタンペグとしては最安値だろう 1本あたり162.5円。(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR] 固形燃料用ポケットストーブ(2個):展開サイズ10x7.7x5.4cm 収納袋付き 材質:亜鉛メッキ 重量 約102g / 9枚ウインドスクリーン(1個): 展開サイズ13.5×650cm 収納袋付き 固定用ペグ
3個セットで699円の大特価!! (在庫・金額はリンクから確認を)



382: 本当にあった怖い名無し ID:swlWkjy5
今夏、噂の土合の駅舎に踏み込んだ事が、一番不気味だった。

少なからずそういう感はある方だから、あそこは幽魂が溜ってるのが分かるw

俺ならとても地下ホームに泊まる気はしないね。

誰か登山ピークが終りに近い頃に、泊まりに行ってみては?

『…を、お願いします』

『…を、…て下さい』

そんな声と人影が、見聞き出来るかもよ。


384: 本当にあった怖い名無し ID:JMjDef2Q
今日、昼にJR鎌倉駅のキヨスクの前で財布から1000円を取り出して煙草とライターを買おうと思ったんですが、一瞬1000円がなんか変な感じがして、しばらく1000円を見つめていたんです。

そしたら夏目漱石の眼がキョロキョロ左右に動くんで驚いてさらに見ていたら、その口を開いて「ろっぽんぞー!」と子供のような高い声で喋るのです。

思わず1000円を地面に投げてしまいました。

たしかに口を開いて話ました。

口は平面でなくそのときだけ口の形に窪みになり、ちゃんと口の中まで見えました。

しかし「ろっぽんぞー」ってなんのことでしょうか?

「ろっぽんぞー」にお心当たりのあるかた教えてください

421: 
本当にあった怖い名無し ID:n9zG7ye9
精進沢湧水群に水汲みに行こうとしたが、途中の神社でお祭りがあり大渋滞。

湧水群での水汲みを諦め、他の美味い水は無いかと、記憶の糸をたどると方面は違うが山越えの県道沿いで白いバンが澤水をポリタンクに汲んでいたのを思い出した。

1時間以上移動し、昼食った後、件の県道沿いの沢付近へ到着する。

「ここらへんだったけど・・・」

これより先は道が狭くなる。沢は広いところにあったはず。

あたりを見渡し鉄製の看板を発見。喜び勇んで看板へ駆け寄る。

毒水の由来

蛇石・鞍石の間の沢には、高いところから、毒水が流れています。この毒水は、村人に殺された三人が、蛇となって流れ出す水だといわれています。

この山道を歩く人達のちょうどのどがかわき、水の飲みたくなる坂道の上に、流れ落ちている水なのです。しかし、どんなにのどがかわいて水がほしくなっても、村人たちは、「この水には毒がはいっている。飲んではいけない」と言って、決して誰も飲まないということです。(看板そのままの文)



この水を好んで汲んでいった白いバンの人は誰のために水を汲んでいたのでしょう?





422: 本当にあった怖い名無し ID:JA4lFJS7
狭い山道に車連ねて水汲みしてる香具師が最近多いが邪魔。

その為のスペースとか汲み場がある所はいいんだけどね。

424: 本当にあった怖い名無し ID:n9zG7ye9
>>422
確かに・・・
立ち入り禁止区域に入って汲んでる奴もいる。

426: 本当にあった怖い名無し ID:4+ZjeQlG
いわゆる「毒水」は、有害な鉱物の鉱脈を通る水であることが多いそうですね。

ヨーロッパでは羊飼いやジプシーが独自の符丁で警告のマークを岩肌に彫ってあるとか。

さて真夏のツーリングの途中で岩肌から清水が涌いているのを発見。

早速バイクを停めて手ですくって飲もうとするとどこからともなくオバハンの声。

「あんたその上にゃ牛小屋があるぜ!」

危うく牛のしっこ混じりの水を飲むところでつた。