引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1619817352/


nature


1: 風吹けば名無し ID:xODvzsme0
延々と歩いてればいつかは街につくやん


Sponsored Link


おすすめ記事



10: 風吹けば名無し ID:RNI8y+ak0
正解って登るのと立ち止まって待つのとどっちなんやろ

14: 風吹けば名無し ID:xODvzsme0
>>10
そら歩いて下山やろ
いつかは人里につくんだから

62: 風吹けば名無し ID:cLEoG4YsH
>>10
完全に運やな

69: 風吹けば名無し ID:1Lx/d8pLa
>>10
山岳救助やってるやつはまず間違いなくその場を動くなって言うぞ
よほど悪天候でも無ければ

15: 風吹けば名無し ID:DLVSHmm00
道が有れば降りれるけど道が無くなったらアウト
登山道じゃなくて作業用の道とかに迷い込んだら詰む

21: 風吹けば名無し ID:xODvzsme0
>>15
ただ降りていけばいいだけなので道とか関係ない
藪の中でも延々と直線距離移動すれば助かる

33: 風吹けば名無し ID:DLVSHmm00
>>21
藪は地面が見づらいから石や倒木でつまづいて怪我とか
斜面に気付かず滑り落ちて骨折とか良くあるパターン

40: 風吹けば名無し ID:xODvzsme0
>>33
そんなん気をつければええだけやん

52: 風吹けば名無し ID:CvpXinN40
>>40
気をつければ遭難もしないぞ

53: 風吹けば名無し ID:crFSum7KM
>>40
なら最初から遭難しないよう気をつければええな
バカかな?

17: 風吹けば名無し ID:RSatoChSM
下がらずに上がれって習ったけどなんでや

19: 風吹けば名無し ID:jvsJmJxB0
>>17
登頂出来たら気持ちいいやん?

24: 風吹けば名無し ID:xODvzsme0
>>17
登山者のプライドみたいなもんやろな
下るのはプライドが許さんのやろ

25: 風吹けば名無し ID:ZAsgLo57M
>>17
見つけやすいし遭難者からしても発見させやすい

27: 風吹けば名無し ID:DLVSHmm00
>>17
間違えて下ると登り返しがキツくて体力消耗するから
一旦頂上とか分かる場所に出てから落ち着いた方が良い

28: 風吹けば名無し ID:1rKCye5m0
>>17
下ったら樹海に迷い込んで助けられない
登った場合は一点に収束するから助けられる

45: 風吹けば名無し ID:pGkPrYtn0
>>28
一点には収束しないけどな

67: 風吹けば名無し ID:1Lx/d8pLa
>>45
極論頂上に行けば捜索する奴らも頂上で会えるからたすかりやすいってことちゃうんか
下の広い範囲にいたら虱潰しにせなあかんやん

41: 風吹けば名無し ID:4IUpoBfZM
>>17
遭難となると道が無い状態での移動やからね
急に崖になってたり傾斜がキツすぎたりして転落する可能性が高いんや
草木もやたら長くて足場もよく見えないからなおさらや

98: 風吹けば名無し ID:n6mgxncLr
>>17
登山道はだいたい尾根筋にあるから、上ってけば登山道にたどり着く可能性が高い

13: 風吹けば名無し ID:VOmnSS5p0
外国人「クッソ遭難した・・・」
https://i.imgur.com/sYAzfh1.jpg より引用

picture

ジャップ「クッソ遭難した・・・」
https://i.imgur.com/2OWJ1cU.jpg より引用

picture

70: 風吹けば名無し ID:zMSH9LtL0
>>13
外国の方は道あるやん

22: 風吹けば名無し ID:sjoTJxk/0
山里がある方の谷に降りれればいいけどな、大抵運悪くすり鉢型の方の谷に降りる
なので「頂上いって救助を待つ」が正解なんやで、頂上は一つしかないから

23: 風吹けば名無し ID:3ekOlzAYa
降りれば町に着くという正常性バイアスは危険なんだ

30: 風吹けば名無し ID:8hGOFyEd0
山から降りれるだけで街に着くとは限らない

37: 風吹けば名無し ID:/7zD1SGia
沢を辿って降りたらあかんのは知ってる

山で道に迷ったら絶対に沢に降りてはいけない理由   


それでも万が一道に迷ったときの鉄則があります。最近は「この鉄則すら知らないのでは?」と思うケースも見受けられます。本当は学校の登山で教えて欲しかったその内容というのは、

「迷ったら引き返す」
「迷った時に沢に降りてはいけない」

というものです。おかしいなと思った時、元に戻れば正しい道に出ます。引き返すのが正解です。

人は早く家に戻りたい思いから下山したくなります。間違えたからといって、登りを戻るのは辛いのです。でも、日本の山で間違った道に入り下っていくと、多くが沢に出てしまうのです。

沢の真上には樹林がありません。道があるように開けて見えます。だから、歩きやすそうに見えます。しかし、沢はこれまたほぼ滝に出てしまうのです。断崖絶壁は、装備をもって登る場合にも技術が必要ですが、下りの方がさらに難易度が上がります。沢や滝は滑りやすく体温も奪います。道迷いの最悪の結果は、この滝による滑落です。

以上から、迷ったら引き返す、沢に下りてはいけないというのは、これを知らずに山に登ってはいけないくらいの鉄則中の鉄則です。知らなかった方はこの機会にぜひ覚えていてください!学校登山でも絶対教えて欲しいです。

山で道に迷ったら絶対に沢に降りてはいけない理由  DIAMOND Online より


61: 風吹けば名無し ID:sjoTJxk/H
ヘリの特性上、山より高い高度を飛ぶ、あたりまえだが
普通まずは尾根伝いに飛ぶし、藪のない場所の方が見つかりやすい

71: 風吹けば名無し ID:oK+/gzLK0
https://i.imgur.com/8ROcMhA.jpg より引用

picture

運命の分かれ道

92: 風吹けば名無し ID:FxOO1UuGr
遭難したら登れ

が鉄則なんやが

93: 風吹けば名無し ID:AMYwCwBp0
>>92
そうなんか

96: 風吹けば名無し ID:FxOO1UuGr
>>93
どの道も頂上に繋がっとるから結局頂上(ゴール)に付くんや

99: 風吹けば名無し ID:AMYwCwBp0
>>96
はえーサンガツ
捜索範囲が狭まるし降りるのは悪手なんか

38: 風吹けば名無し ID:frgqiyMeM
逆張りガ●ジもうちょっとまともな理屈述べろよ


道に迷ってしまったら


【自力下山か救助要請か】
さて、山で道に迷ったときの最悪な行動パターンといったら、沢を下っていってしまうことである。樹林帯に比べ、ヤブなどがない沢は歩きやすく、しか も下へ向かっているため、「このまま山麓まで下っていけるのではないか」と錯覚して、ついふらふらと入り込んでしまいたくなる。しかし、下っていくうち に、やがて崖や滝や堰堤に突き当たって進退窮まるのが沢というもの。それを無理やり下ろうとして転落しまう事故が後を絶たない。どんなに歩きやすそうに見 えても、絶対に沢は下っていかないことだ。

逆に奨励したいのが、ピークや尾根に上がること。道に迷って精神的にも体力的にも余裕がない状態では、上へ向かって登り返していくのは大変おっくうに感じられるはずだが、それでも登っていくべきである。ピークや尾根に上がれば視界が開け、地図とコンパスでの現在地の確認が容易になるうえ、登山道は ピークや尾根を通っていることが多いからだ。

ただし、ガスや悪天候などで視界が悪いときは、目印になるものが見つけられないので現在地を確認するのがなかなか難しい。そんななかを躍起になって 動きまわっても、ただ体力を消耗するだけだ。地図とコンパスを使っての現在地の確認は、周囲の見通しが利いてこそ可能になるもの。視界が悪いときには無理 して行動せず、風雨を避けられる場所で体力を温存しながらじっと待機するのが得策だ。【続きはリンクから】

道に迷ってしまったら  JRO 日本山岳救助機構合同会社より






Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

【PR】アウトドアの最新ニュースも
完全無料で、話題のニュースがすぐに読める【スマートニュース】