引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618681389/


1: アイスのふたの裏 ★ ID:OECjL97s9
プラスチックを食べられるキノコたち。環境問題の救世主となるか

ナゾロジー2021.04.15
https://nazology.net/archives/87019

英文
https://interestingengineering.com/could-plastic-eating-mushrooms-solve-humanitys-plastic-problem?utm_source=rss&utm_medium=article&utm_content=14042021

1950年代にプラスチックの大量生産が始まって以来、人類が生み出したプラスチックは90億トンに達します。プラスチックには分解されるまでに400年以上かかるものもあり、ゴミとして溜まっていく一方です。

海や川に流出したものは魚たちが食べてしまい、さらにその魚を食べる人間の体内にもマイクロプラスチックが見つかり始めています。

このままでは地球がプラスチックまみれになってしまうかもしれません。その中で今、専門家らが救世主として注目しているのが「キノコ」です。

■プラスチックを食べられるキノコたち

アメリカ・イェール大学は2011年、研究授業で訪れたアマゾンの熱帯雨林で、「Pestalotiopsis microspora」という珍しいキノコを発見しました。

その後の調査で、このキノコがプラスチック製品の主成分の一つである「ポリウレタン」を食べて成長することや、ポリウレタンを唯一の炭素源として利用することが判明したのです。

さらに、増殖に酸素を必要としない嫌気性だったため、プラスチックの埋立地でも十分に利用できます。

https://nazology.net/wp-content/uploads/2021/04/pestalotiopsis-microspora.jpeg より引用

picture

Pestalotiopsis microspora / Credit: yupthatexists

https://nazology.net/wp-content/uploads/2021/04/rawImage.jpeg より引用

picture

ポリウレタンを分解したキノコ菌(イェール大学の実験) / Credit: nhregister

また、2017年の別研究でも、中東・パキスタンの廃棄物処理場でプラスチックを食べる「Aspergillus tubingensis」という真菌(カビ)が見つかっています。

実験によると、この菌は2ヶ月でプラスチックそのものをコロニー化し、ポリエステルとポリウレタンを細かく分解する酵素を分泌していました。

https://nazology.net/wp-content/uploads/2021/04/Foto3827.jpeg より引用

picture

Aspergillus tubingensis / Credit: Bioimagenes

現在は「マイコレメディエーション」といって、キノコが本来持っている酵素を使ってプラスチックを分解する技術の開発も進められています。こうした方法は安価で効果的、かつ環境に優しいので、プラスチックを取り除くには最適です。

しかし、これだけ有能であるにもかかわらず、キノコがプラスチック分解に実用化されている話は聞きません。なぜでしょうか?

■キノコが実用化されない2つの理由

1つ目の理由は、スピードです。(以下略)

もう1つの理由は、お金です。(以下略)

【詳しくはリンクから】


Sponsored Link


おすすめ記事




[PR] 容量:300ml / 材質:チタニウム / 重量:48g / その他:折りたたみ可能なハンドル、100%FDA認証食品級チタニウム製品
¥2,490のところ いまなら¥300 OFFクーポン適用中‼ さらに特別キャンペーンでチタンスプーンが1個無料‼ 450mlもあり。(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR] 長さ165mm 直径3mmでわずか6gの超軽量。テントや小型タープには100均ステークよりこちらがベストでは?
チタンペグとしては最安値だろう 1本あたり162.5円。(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR] 固形燃料用ポケットストーブ(2個):展開サイズ10x7.7x5.4cm 収納袋付き 材質:亜鉛メッキ 重量 約102g / 9枚ウインドスクリーン(1個): 展開サイズ13.5×650cm 収納袋付き 固定用ペグ
3個セットで699円の大特価!! (在庫・金額はリンクから確認を)



2: ニューノーマルの名無しさん ID:VhvTFUtd0
そこに有機物がある限り、自然はなんとかしちまうんだねぇ
いいねぇ、ロマンだねぇ

5: ニューノーマルの名無しさん ID:DwOEWNav0
これが、のちの腐海の始まりであった

42: ニューノーマルの名無しさん ID:2p/1Fd+G0
>>5
生産性が悪いっていうなら遺伝子操作で巨大化させないとな

52: ニューノーマルの名無しさん ID:G4Uc+71X0
>>42
目指すはキノコ界のギャル曽根ちゃんやな(´・ω・`)

8: ニューノーマルの名無しさん ID:BhxE0/Vi0
人類が滅亡したら
キノコの森が浄化
してくれるのか

11: ニューノーマルの名無しさん ID:n4iOOlls0
プラスチックを食わせ続けたキノコが進化して立ち上がって襲ってきたらどうするんだ

12: ニューノーマルの名無しさん ID:cskI6saY0
進次郎がまずこのキノコ食べろ

13: ニューノーマルの名無しさん ID:M/PLjz/t0
キノコってキノコの菌から出来ているんですよ

14: ニューノーマルの名無しさん ID:5lD12IHD0
ゴキブリが貴重な存在になるのか(´・ω・`)

15: ニューノーマルの名無しさん ID:hcbRddys0
いや普通に燃やせばいいだけだが…

16: ニューノーマルの名無しさん ID:fqFBoQ350
進次郎はこのキノコ育成に力入れろ

19: ニューノーマルの名無しさん ID:islJJATz0
進次郎

「プラスチックを食べられるキノコがいるんですよ、これってあまり知られていないでしょ」

22: ニューノーマルの名無しさん ID:VL52Lzd40
>>19
半年後ぐらいに言いそう

43: ニューノーマルの名無しさん ID:H6z5clHO0
>>22
えー来年だと思う

20: ニューノーマルの名無しさん ID:hsDhw41x0
止めとけって。このキノコの菌糸が散らばってみろよ。車とかキノコだらけになってしまう。

47: ニューノーマルの名無しさん ID:skoli85f0
>>20
うむ。100均で買ったものがほとんど分解されてしまう。

59: ニューノーマルの名無しさん ID:jLflgmef0
>>47
100均で買ったプラスチック製品なんか、どうせあっという間に壊れて役立たなくなるだろ
特に洗濯挟みなんか、100均でなくてもすぐ日光でパキパキ割れてしまう
なのにマイクロプラスチックとしては存在し続け、いつまで経っても環境に負荷を掛ける
これをマイクロレベルで分解できるというメリットは、たかが100均なんかと釣り合わん

73: ニューノーマルの名無しさん ID:sEk10H3D0
>>20
菌糸より問題は胞子だよ

24: ニューノーマルの名無しさん ID:zChOIas20
もともとプラスチックは微生物や日光で分解されるだろう
プラスチックは悪というわけのわからん印象操作は何なのか
プラスチックは未来永劫あり続けるという誤解をわざと広めているデマ集団

35: ニューノーマルの名無しさん ID:pveBd/0r0
>>24
脆化して細かくなるが分解はしないでプラスチックのまま残る
とは言うものの、それってもう砂と一緒じゃね?って思うけどね

37: ニューノーマルの名無しさん ID:amCj06Yq0
>>35
野生動物の健康に害がなければ良いよ

26: ニューノーマルの名無しさん ID:vtSA2egw0
PEとかPPとかの容器なんて半年も使えばぼろぼろになっちゃうじゃないか
何が問題なのか意味わからないよ

27: ニューノーマルの名無しさん ID:N/1WoYsl0
ポリウレタンはほっといても腐るやろ
古いスポンジなんてボロボロじゃないか

30: ニューノーマルの名無しさん ID:ViezQHXf0
どっちかっていうと廃棄処理のほうより
プラスチックだけを食べて育ったキノコがどういう性質になるのかのほうが気になる

48: ニューノーマルの名無しさん ID:skoli85f0
>>30
分解できるんなら炭素と酸素と水素の化合物なんだし問題無いんじゃねね?

32: ニューノーマルの名無しさん ID:+bGfyupx0
分解とはいえマイクロサイズだといくらでも残ってる
ただの純PPやPSなら問題ねーが添加物は入ってるしそれが環境ホルモンで悪さをする
さらに微粒子には色んな物質がくっついて毒も吸ってるし中身に閉じ込められてる
とにかくタチが悪い

59: ニューノーマルの名無しさん ID:jLflgmef0
>>32
よね
Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題