引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/out/1612889134/


532: 底名無し沼さん (ワッチョイ 56f3-JP5l [223.217.119.93]) ID:040l42vG0
https://news.yahoo.co.jp/articles/a94169b31e3f423729df3e347ee2bc04a620e15d
28日午前10時前、山に入っていた北海道大学の学生とみられる4人のうち、2人が雪崩に巻き込まれました。
2人は現場にいた人にまもなく助け出され、命に別状はないということです。4人はバックカントリーをしていたとみられています。


北大山岳部だと思うけど、登山とバックカントリーの違いって何?

登頂が目的の場合は登山であって、山岳部は恐らく登頂を目標にしてただろうから登山だと思うんだが。勝手にバックカントリー扱いされるのって、山屋さんとしては心外だと思う。

大雪山系上川岳で雪崩 巻き込まれた2人救助 意識あり


28日午前9時47分ごろ、北海道上川町の大雪山系上川岳(1884メートル)の東側斜面で雪崩が発生して2人が巻き込まれた、と110番通報があった。北海道警旭川東署によると、巻き込まれたのは北海道大学の山岳グループのメンバーとみられるという。雪崩に巻き込まれた2人は近くにいた別のグループに救助され、いずれも意識はあるという。10~20代の男性1人に低体温症の症状が出ているといい、もう1人は軽症とみられるという。道警の山岳救助隊とヘリコプターが救助に向かっている。

署によると、山岳グループのメンバーは計4人で、上川岳の東側を流れる白水川沿いの尾根にいたところ、2人が雪崩に巻き込まれたとみられる。気付いた別のグループが救助して110番通報した。

大雪山系上川岳で雪崩 巻き込まれた2人救助 意識あり  朝日新聞DIGITALより


535: 底名無し沼さん (JP 0H66-x58J [61.199.159.166]) ID:L8SSR9DhH
赤井川村で雪崩 バックカントリー中の女性重体か
2021年02月28日(日) 15時12分 更新

https://www.hbc.co.jp/news/085a7c3817b5e796c2fd800b5e6717f9.html

コース外でスノーボードの女性 雪崩に巻き込まれ死亡 北海道


28日午後、北海道赤井川村の山林でバックカントリーと呼ばれるスキー場のコース外でスノーボードをしていた女性が雪崩に巻き込まれ、病院に運ばれましたが死亡しました。

28日午後0時半すぎ、赤井川村にあるスキー場「キロロリゾート」近くの山林で「一緒に行動していた1人が雪崩に巻き込まれた」と警察に通報がありました。

警察によりますと、6人のグループのうち、スノーボードをしていた40代の女性1人が雪崩に巻き込まれたということです。女性はグループの仲間によって雪の中から出され、消防のヘリで札幌市内の病院に搬送されましたが、死亡しました。

死亡した女性を含む男女6人のグループはバックカントリーと呼ばれるスキー場のコース外の整備されていない斜面をスキーやスノーボードで滑っていたということで、警察が詳しい状況を調べています。このスキー場の近くの山林では、先月26日にもバックカントリーでスノーボードをしていた男性1人が雪崩に巻き込まれて死亡しています。

コース外でスノーボードの女性 雪崩に巻き込まれ死亡 北海道  NHKNEWSWEBより



Sponsored Link


おすすめ記事






533: 底名無し沼さん (ワッチョイ fa64-DFeu [221.248.105.30]) ID:W/YUR2B30
ソースに山岳部なんて書いてないでしょ
https://www.news24.jp/nnn/news113lqaoz5xi93wo4alt.html

北海道・上川岳で雪崩 北大生まきこまれる


北海道上川町で2月28日 上川岳に登山していた北海道大学山岳部のパーティ4人のうち2人が、発生したなだれにまきこまれました。(以下略:リンク先に動画あり)

北海道・上川岳で雪崩 北大生まきこまれる  日テレNEWS24より


534: 底名無し沼さん (ワッチョイ 3a16-PdYF [219.172.148.3]) ID:DpzAfNrM0
登山=ツボ足、アイゼン、和かんじき

バックカントリー=スキー、スノボ、スノーシュー

のイメージ

539: 底名無し沼さん (ワッチョイ eef3-Wv2t [121.118.99.215]) ID:Bjz02sqR0
>>535
赤井川村は少し前にも雪崩で死んでる人居たよな

536: 底名無し沼さん (ワッチョイ ae96-jroj [217.178.31.28]) ID:VTRrO4lh0
バックカントリーする という動詞に
すごい違和感

540: 底名無し沼さん (スッップ Sd5a-NQBQ [49.98.160.122]) ID:HqfRKWuSd
>>536
それな

541: 底名無し沼さん (ワッチョイ 57bc-DFeu [106.159.230.187]) ID:nesOsUeC0
>>536
なんで?朝マックするとかシートベルトするとかと同じじゃないん?


510: 底名無し沼さん (ワッチョイ fb16-KJO8 [126.171.45.80 [上級国民]]) ID:ZTR9NyGo0
アバランチエアバッグで上がる生存率は3%くらいだし、その為に装備するには重過ぎるから日本だけでなく世界的に普及してないぞ

512: 底名無し沼さん (ワッチョイ 8ff3-5s8y [114.180.142.78]) ID:KZlTfvuy0
>>510
エアバッグ生存上昇率3%って初めて聞いた
どこでそのデータ見られる?

514: 底名無し沼さん (アウアウウー Sab7-Jh5S [106.129.70.13]) ID:VDglLmQNa
>>512
代わりに調べたわよー

https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0300957214005668

世界の245件の雪崩事故から分析。雪崩のサイズや場所、ユーザーの特性、プロかどうか、エアバッグの有無、展開の有無、ケガの有無などのパラメーターを多変量解析。エアバッグの展開ないと22%の絶対的死亡率だが、エアバッグ展開あると11%に減少。RR 0.51 (95%CI 0.29-0.72)

おまけに20%のケースでエアバック背負ってても展開てきてなくて、その6割がユーザーの問題だってよん

どーする、背負う?背負わない?
行く時期と場所次第よねー

530: 底名無し沼さん (ブーイモ MM86-5s8y [163.49.213.228]) ID:mRJBm4thM
>>514
ありがとう
これさえあれば助かるわけじゃないけど生存率は上がるんだな
やっぱり3%は嘘だった
昔ビーコンが登場した頃同じような議論があったのを思い出した

537: 底名無し沼さん (アウアウウー Sab7-Jh5S [106.128.100.154]) ID:G0jUfHEwa
>>530
欧米では普及してないってのも嘘です

ガラパ日本だけで普及が遅れている、というのが正しいかな
538: 底名無し沼さん (ワッチョイ 3afe-oL1e [219.121.141.145]) ID:5MNzRQwA0
エアバッグは欲しいけど15万円~ってのが二の足踏んじゃうよな

頻繁に雪崩に会うわけで無し
年間10回程、15年で一回も流されたことないからなぁ

春の雪崩は手足もぎ取るほど重いから、また別なんだけど



おすすめの関連記事

Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!