引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/out/1612889134/


nature-3057065_640


78: 底名無し沼さん (テテンテンテン MM4e-4Iwo [133.106.61.5]) ID:zkWcrshxM
かまくらと雪洞を同じにしたらいかんのかも知れないが、子供の時入り口はって入るような、かまくらに入ったらかなり暖かいと感じたけどな

雪洞なら外より10℃は暖かいんじゃないかな?周りが-20なら-10ぐらい?作ったことすらないから知らんけど


Sponsored Link


おすすめ記事






80: 底名無し沼さん (スプッッ Sd62-7GNW [1.75.240.126]) ID:Iwgk+fm1d
>>78
え?子供の頃にかまくら作って中入った事あるならあの寒さ分かるはずだけど、あんなとこで数十分過ごすのも危ない

入った直後だけ風を受けないから暖かく感じるけど、持っていったミカンを完食する前にはもう芯から冷える

何の意味もないんだと小学生の頃に気付くレベルだよ

83: 底名無し沼さん (アウアウウー Sa1b-DrOF [106.154.126.245]) ID:+Mu2Fjhva
>>80
冬山装備のウェアを着ていれば、雪洞で風がよけられるだけで十分

また中の空気が少しでも体温で温まるように、かまくらの様に無駄に大きくは作らない。大きいと作るのも大変

小学生のかまくら遊びと一緒にするな。おまいも気付け(笑)

84: 底名無し沼さん (スッップ Sd42-7GNW [49.98.132.154]) ID:uEh5NOmcd
>>83
いやもう突っ込みどころ満載で無理ありすぎて

86: 底名無し沼さん (ワッチョイ 2235-7Nrl [61.124.220.188]) ID:z+t1n3Wl0
>>83
スキー&スノボウェアよりかは防寒性は悪いけど、撮影するときの停滞時のウェアくらいは持ってた…はずだけど、わからないもんなぁ

92: 底名無し沼さん (オッペケ Sr3f-Icct [126.208.145.109]) ID:PTLmL2Sdr
>>80
>あの寒さ分かるはず

→外気温-20℃でも雪洞内は0℃という意味では暖かい。気温計で計ってる。

>数十分過ごすのも危ない

→冬山やったことある?冬山やってて、その感想?

>何の意味もないんだと小学生の頃に気付く

→小学生の感想としては妥当だけど、それと冬山登山者は別物のような。

93: 底名無し沼さん (スップ Sd62-7GNW [1.72.4.241]) ID:3pVo+QRNd
>>92
頑張ってググってきたんだね

ガスストーブもマットもないツェルトもない冬山の雪洞が暖かいから大丈夫とか妄想してるくらいにはアホなんだからそろそろ恥かいてるの自覚しようね

94: 底名無し沼さん (ワッチョイ 57f3-Icct [220.108.243.43]) ID:MrCM7cMZ0
>>93
>妄想

雪洞泊は実体験で、妄想ではないです…。

>ガスストーブもマットもないツェルトもない

装備があってもなくても、雪洞内は0℃で外よりは暖かい。それとは別の話として、マットはともかく、ガス、ツェルト、ショベルは持ってるでしょ。

98: 底名無し沼さん (ワッチョイ cfb9-p7c4 [180.19.48.193]) ID:cz7mwjZz0
>>94ではないけどほれ>>93


雪洞・テント・車内の気温変化比較-北海道十勝岳山麓、白金温泉での夜間変化-


1.はじめに
北海道における冬季の低温は周知の事実であるが、その低温は風雪を伴うことが多く、近年になっても惨事が続いている。2013年3月2~4日の道東暴風雪はその代表例で、低体温症などで合計9名の死者がでた。
2017年3月4日夜から5日朝にかけて北海道教育大学岩見沢校アウトドア・ライフコースの講義「冬のフィールド経験」の中で雪洞実習が行われた。この機会を利用して近隣地 にテントと RV 車を配置して、外気温と併せて気温変化を測定した。場所は北海道中央部 石狩山地、十勝岳(標高 2077m)北西山麓の白金温泉、国立大雪青少年交流の家周辺で、標高約650mである。

(中略)

4.まとめ
この実習では近隣地にテントと RV 車を配置して、中に 5~1 人が宿泊し、外気温と併せて気温変化を10分間隔で測定した。

結果によると20時以降翌朝6時までの外気温は-10℃~-12℃で推移したが、車内は-7℃程度、テント内は0℃前後,雪洞内は+1℃~+ 4℃で推移し、興味ある結果となった。
今後は,断熱を含めた熱収支を考慮したより詳細な 調査を継続したい。調査に協力頂いた北海道教育大学岩見沢校アウトドア・ライフ専攻の前田和司・濱谷引志・山田 亮の各先生ならびに生徒諸君に感謝申し上げます。

雪洞・テント・車内の気温変化比較-北海道十勝岳山麓、白金温泉での夜間変化-  日下 哉(北海道土質コンサルタント株式会社)、日下 稜(特定非営利法人北海道自然エネルギー研究会)




79: 底名無し沼さん (スップ Sd62-GqS/ [1.72.4.195]) ID:rUaYfsoBd
安全な場所で気楽に作った雪洞と登山中の厳しい状況で心身追い詰められて作った雪洞は同じじゃないだろうね

風や雪や寒さの環境がとにかくハードモード






Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!