引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1613090572/


italy-1938965_640


1: チミル ★ ID:zh2RgHNk9
2月11日午後2時20分ごろ、福井県大野市の福井和泉スキー場で、スノーボードをしていた愛知県の会社員男性(23)と同県の小学生の男児(8)が衝突した。男児は、石川県の消防防災ヘリコプターで福井県内の病院に搬送されたが、意識不明の重体。男性にけがはなかった。(以下略)

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1259144

【詳しくはリンクから】


Sponsored Link


おすすめ記事




[PR]先週まで9,000円近かったダウン600gのシュラフがセール特価7,454円‼やや低めの650FPで使用温度目安0℃~15℃。(在庫・金額はリンクから確認を)
軽量化にシビアな登山用途なら、もっと高額でFPが高くダウン量450g前後の商品を選択するべきですが、平地キャンプなら高い満足度を得られるでしょう。


[PR]チタンペグとしてはきっと最安値だろう 1本あたり162.5円。長さ165mm 直径3mmでわずか6gの超軽量。テントや小型タープには100均ステークよりこちらがベストでは?(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR]長さ200mm 直径8mmのステークタイプで 1本あたり333円。100均ステークとほぼ同じ長さで、重さは約1/3の40g/本!! 軽さの他にも堅牢さ腐食やサビへの強さからこちらを選んだ方が幸せかも・・・(在庫・金額はリンクから確認を)



41: ニューノーマルの名無しさん ID:tzYszXy/0
>>1
スキー場の事故って加害者が逃げ切って被害者は泣き寝入り、と云う印象なんだが今回は加害者が幾らはらえるか、だな。

84: ニューノーマルの名無しさん ID:EpFQOs5s0
>>1
かわいそうに
意識回復してくれ

109: ニューノーマルの名無しさん ID:hBNwEl740
>>1
とくに言及されてないけど、これ小学生の側がぶつかったんじゃないか?

大人と子供の衝突事故って大抵はそうだからな。
23歳を叩くのは事故の内容をよく知ってからの方がいい。

何年か前のスキー事故でも突っ込んだ子供が死んで、後ろから突っ込まれたおっさんが半身不随になってたからな。

131: ニューノーマルの名無しさん ID:c3YcFqG40
>>109
8歳児の方が男性に突っ込んだけど、体格差でカウンターダメージ

十分ありえるな

138: ニューノーマルの名無しさん ID:l+hkCvhh0
>>109
それなら小学生は意識不明になってない気がする

突っ込まれたから重体なのでは

153: ニューノーマルの名無しさん ID:c3YcFqG40
>>138
衝突時の跳ね返りの勢いのまま

地面に後頭部打ち付けたんじゃね

172: ニューノーマルの名無しさん ID:JG4GQl9K0
>>138
倒れたときの衝撃で脳が振動すると命にかかわるらしいから突っ込まれたとは限らないんじゃね?

209: ニューノーマルの名無しさん ID:hBNwEl740
>>138
子供が大人に突っ込むのは立ち木に激突するようなもんだよ。

逆なら撥ね飛ばされるだけだし、大人の側が最低限足下をすくうように回避しながら突っ込むから大事故にはならない。

子供の深刻な状態から察して例によって子供が後ろから突っ込んだパターンだと思うけどな。

3: ニューノーマルの名無しさん ID:vPetHcrO0
賠償額高くなりそうですな

259: ニューノーマルの名無しさん ID:1cT/GpMg0
>>3
交通事故なら保険で払う額が全部自腹とか震えるわ

4: ニューノーマルの名無しさん ID:eX07b6xS0
スノボの奴らって何でコースの途中で座ってんの

73: ニューノーマルの名無しさん ID:1HxmIb4q0
>>4
緩斜面ならそうでもないけど急斜面だと方側エッジに力入れて踏ん張る必要あるからね、疲れるんよ

292: ニューノーマルの名無しさん ID:8zqdRK2I0
>>73
疲れて迷惑かけるなら初めからやるなよ

102: ニューノーマルの名無しさん ID:ICTZ9h0v0
>>4
広くて緩めのコースならまだいいけど、急角度の下でよりかかってるとか(直前まで見えない)狭いコースで横一列でスキー板2枚の隙間もないとか本当に困る

118: ニューノーマルの名無しさん ID:WYFsLn4G0
>>4
座りたいから

211: ニューノーマルの名無しさん ID:vvkVd0PK0
>>118
道路の真ん中で路駐してるようなもんだけど、そういうこと何も考えてないのかな

14: ニューノーマルの名無しさん ID:ItcmeUwd0
中級者コースだから男児にもそれなりの過失認められるぞ

18: ニューノーマルの名無しさん ID:lsBJHN9z0
>>14
8歳で責任w
親の責任だろ

55: ニューノーマルの名無しさん ID:6901pfvS0
>>14
コースとか関係ない

スノーボードの事故はほぼ上からぶつかった方が悪くなる

山側に回避責任があるということらしい

保険入ってないだろうからこいつの人生終わったな

100: ニューノーマルの名無しさん ID:5nAqoXXi0
>>55
なるほど

つまり誰でもスノボの上級者コースに寝っ転がってれば簡単に賠償金ゲットできるわけか

111: ニューノーマルの名無しさん ID:ICTZ9h0v0
>>100
回避して滑るのが当たり前じゃん。じゃないと転んだらおしまい

それにスノボはコースで座ってるのも寝っ転がってるのもよくいる

23: ニューノーマルの名無しさん ID:nM1CW4EC0
スノーボードはスピードコントロールできない

28: ニューノーマルの名無しさん ID:U27zFcqg0
スノボで相手を重体だったか死亡させておいて逃げたままの事故があったよな

32: ニューノーマルの名無しさん ID:HHVZavQ90
両足を板に固定して雪の斜面滑らなくてもいいわ

スキーの面白さは分からなくもないけど

34: ニューノーマルの名無しさん ID:bNwhHWu+0
スキー場での衝突は基本後ろからきた方に非があるがどんな状況だったのかな

39: ニューノーマルの名無しさん ID:bfZxoE2P0
>>34
それぞれ左右から来たらどうなるの?

57: ニューノーマルの名無しさん ID:bNwhHWu+0
>>39
その状況はあまり無いと思うわ

お互いに見えているのにぶつかるって事になるからな

スノーボードはヒール側のターン時に後方が死角になるから衝突の原因はだいたいそれ

146: ニューノーマルの名無しさん ID:2bfKxE1C0
>>57
構造的な問題があるのであれば、ゲレンデは分けて欲しいね。

でもスノボ同士の事故は防げないか…

44: ニューノーマルの名無しさん ID:yJ/yT3bU0
スキーもスノーボードも必要性のない割にリスクの高い、費用に見合わない娯楽。

やめとけよ。

50: ニューノーマルの名無しさん ID:RbNuhl5o0
>>44
スキーは積雪地帯では実用品。

スノーボードはヤンキーの流行。

128: ニューノーマルの名無しさん ID:yJ/yT3bU0
>>50
実用品のスキーと娯楽のスキーは全然別物だろ。

272: ニューノーマルの名無しさん ID:1qHCnQIP0
>>128
スキーで移動したり背負って物運んだりするけど、

スノボで代用出来るの?

Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!