引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1611918619/


607px-Dyatlov_Pass_incident_02



1: すらいむ ★ ID:CAP
ソ連の雪山で若者9人が不可解な死を遂げた「ディアトロフ峠事件」に科学的説明がついたという研究結果

1959年にソ連領ウラル山脈北部で男女9名が死体で発見された「ディアトロフ峠事件」は、争った形跡がないにも関わらず目や舌が欠けた遺体が発見されたことから怪奇事件として話題を呼びました。

同事件は長らく未解決事件として扱われてきましたが、事件発生から60年以上が経過した2021年1月28日、真っ先に原因として疑われながらもさまざまな理由から否定された「雪崩原因説」が実は正しかったという研究結果が発表されました。

(中略)

事件の発端は1959年1月、スヴェルドロフスク州内のソ連領ウラル山脈北部でイーゴリ・アレクセーエヴィチ・ディアトロフ氏ら10人が雪山登山に向かったことでした。

イーゴリ氏らはいずれもソ連の雪山登山に関する公認資格であるグレード2を有し、300km以上の縦走経験を持つものだけが受験資格を有する最高ランク・グレード3の受験を目前に控えた高段者でした。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2021年01月29日 20時00分
https://gigazine.net/news/20210129-dyatlov-pass-incident-scientific-explanation/

Sponsored Link


おすすめ記事






ディアトロフ峠事件


ディアトロフ峠事件とは、1959年2月2日の夜、当時のソ連領ウラル山脈北部で雪山登山をしていた男女9人が不可解な死を遂げたことで知られる事件である。

事件は、ホラート・シャフイル山(Kholat Syakhl マンシ語で「死の山」の意)の東斜面で起こった。事件があった峠は一行のリーダーであったイーゴリ・ディアトロフ(ディヤトロフ、ジャートロフ、ジャトロフ)の名前から、ディアトロフ峠(ジャートロフ峠、ジャトロフ峠)と呼ばれるようになった。

事件発生まで
一行は男性8名女性2名からなり、スヴェルドロフスク州内のウラル山脈北部においてスキーでのトレッキングを計画していた。グループの多くはウラル科学技術学校、現在のウラル工科大学の学生か卒業生だった。

一行の最終目的地は、事件発生現場から北に約10キロのオトルテン山に設定されていた。そのルートは、事件当時の季節においては踏破難易度がきわめて高いと推定されたが、一行の全員が長距離スキー旅行や山岳遠征の経験を有しており、この探検計画に表立って反対するものはいなかった。

1月25日
スヴェルドロフスク州北部の中心地イヴデリに一行の乗った列車が到着した。彼らはトラックをチャーターしてさらに奥地に入り、イヴデリから約80キロ北方にある最後の有人集落、ヴィジャイに到着。そして1月27日、いよいよヴィジャイからオトルテン山へ向け出発した。しかし翌日、ユーリー・ユーディンが持病のリウマチの悪化から離脱、一行は9人になった。ユーディンと別れたあと、生前の一行と遭遇した人間は現在に至るまで見つかっていない。ここから先の一行の行動は、最後のキャンプ地で発見された日記やカメラに撮影された写真などを材料に推定されたものである。

1月31日
未開の原生林を北西方向に進んできた一行はオトルテン山麓に到達し、本格的な登山準備に入る一方で、下山までに必要と思われる食料や物資を取り分け、余剰分は帰路に備えて残置した。翌2月1日、一行はオトルテン山へ続く渓谷へと分け入った。適した場所で渓谷を北に越え、そこでキャンプを張ろうとしていたようだが、悪天候と吹雪による視界の減少によって方向を見失い、西に道を逸れてオトルテン山の南側にあるホラート・シャフイル山へ登り始めてしまった。彼らはやがて誤りに気づいたが、1.5キロほど下方の森林地帯に入って風雪を凌ぐのではなく、何の遮蔽物もない山の斜面にキャンプを設営することにした。木々の中でのキャンプ設営は容易だが、難ルートを踏破しトレッキング第3級の条件を満たす斜面での設営に決めたともされている。

たった1人の生存者であるユーリー・ユーディンは、「ディアトロフは、すでに登った地点から降りることを嫌ったか、この際山の斜面でのキャンプ経験を積むことに決めたのではないか」と述べている。

捜索と発見
一行が登山を終えてヴィジャイに戻り次第、ディアトロフが速やかに彼のスポーツクラブ宛に電報を送ることになっており、おそらく2月12日までには電報が送られてくるだろうと予想されていた。しかし事前にディアトロフがユーディンに、もう少し遠征が長引くかもしれないと話していたこともあり、2月12日が過ぎて連絡がなかったにもかかわらず、誰もこのことに特に反応しなかった。こうした遠征では数日の遅れはつきものだったためである。2月20日になってようやく、一行の親族たちの要請で、ウラル科学技術学校はボランティアの学生や教師からなる最初の救助隊を送った。その後軍と警察が腰を上げ、救助活動はヘリコプターや航空機を投入した大規模なものとなった。(以下略)

ディアトロフ峠事件  Wikipediaより

D

引用元: ディアトロフ峠事件の犠牲者の慰霊碑  by Дмитрий Никишин Public domain




10: 名無しのひみつ ID:EQqNBbGH
>>1
あれ?

カルマン渦列、それに伴い発生する超低周波音が原因であることが結論だったはずだけど???

32: 名無しのひみつ ID:3tl+miP0
>>10
俺も武田鉄矢のまな板で聞いた。


ディアトロフ峠事件


事件を巡る議論 より抜粋
アメリカのドキュメンタリー映画監督ドニー・アイカーは著作『死に山』において、現場のドーム状かつ左右対称の地形はヘアピン渦(カルマン渦)現象と呼ばれる特異な気象現象が起こるには理想的な環境であり、繰り返し起こった竜巻による強風と低周波音に晒されて一行がパニックに陥りキャンプを飛び出し、凍死や転落死に至ったのではないかと推測している。

事件現場の近くには核実験場があるが、核ミサイルによる被ばくなら通常の2倍程度の放射線量では済まず、その程度の量なら大気汚染でもあり得ること(実験場から放射線が届いた可能性も)、また日焼けについても長時間雪原で日光に晒されていれば起こり得るとしている。同著にて、犠牲者の眼球や舌の喪失は、野生動物による捕食や、水に浸かっていたことによるバクテリアに起因するものだと推測されていた。

ディアトロフ峠事件  Wikipediaより



14: 名無しのひみつ ID:0lggLufV
超低周波が原因だったろ

40: 名無しのひみつ ID:DbTWQO4P
この前ディスカバリーだったかナショジオでやってたな。結局この結論も皆が納得せず調査継続。いつまでたっても結論は出ないだろ。

42: 名無しのひみつ ID:dS5vHVom
カルマン渦で発生した超低周波が原因だろ、超低周波は兵器にも転用できるぐらい強力だから、長時間浴びると錯乱するんだよ

52: 名無しのひみつ ID:+SMLG1ST
>>42
あり得ない事もないというか、現場の山が左右対称で正面から強い風受けたら、超低周波が都合よく起こるかは置いといてカルマン渦は発生し得るよね。

実際にあの辺に住む部族には度々聴こえる山鳴りのような奇怪な音をなんか怖い存在として昔から言い伝えてるいうて聞いたけども何族やったっけ・・・

それはいいとしてただ超低周波が原因としたら舌を抜かれた遺体と高い放射線を発してたという衣服の説明がつかないような・・・

5: 名無しのひみつ ID:s22lgvWN
まあどう考えても雪崩でパニくって低体温症で脱衣凍死からの野生動物の食害でFA

8: 名無しのひみつ ID:cHKRg/tr
固い雪壁のすぐそばにテントを張ってしまって、雪崩で雪壁の一部が破壊されテントを押しつぶしたのが骨折の原因。

助かった者も錯乱状態に陥り低体温症による矛盾脱衣を起こし凍死。遺体は野生動物に荒らされ目や舌等が損壊。事故後すぐ雪が降り積もってしまい雪崩の痕跡が無くなり捜査を混乱させた。 納得

16: 名無しのひみつ ID:8C+o/C8w
>>8
事件後降った雪を被っていただけでテントはほぼそのまま残されていた。

6: 名無しのひみつ ID:NNaCFYSz
あれ?放射能の件はどうなった?

9: 名無しのひみつ ID:OMfSWD3w
>>6
ガン無視

12: 名無しのひみつ ID:OO2Vn20/
>>6
放射線は自然界平均のたったの2倍。こんなもんそこら辺でもある。

おかしいのは遭難救助に放射線測定器を持っていったこと。あの辺りに原子力関連の研究施設があったのは間違いないだろう。それ以外は不自然な点は無い

11: 名無しのひみつ ID:jf+Z9ONP
ハイド&ダイ症候群って結局なんで隠れる事になるんだ?

調べても矛盾脱衣にしか触れてない所が多いんだが、心理的な理由が主なんだろうが、終末期の孤独感が原因なのかね。

13: 名無しのひみつ ID:AWrb9t9c
テント内部から撮られた、謎の発光体の写真は?

15: 名無しのひみつ ID:QXbGO7u8
核実験で放射線がどうのってやつだっけ?結局は雪崩だったの?それともロシアが隠したいから?雪崩って結論にしたの?

17: 名無しのひみつ ID:zo7PiYtw
違う、ピパークした場所が雪断層で雪崩前兆を感じ、テントに刃物で切り刻み緊急脱出

素足などでみんなが緊急脱出したが、かなりふぷいていて、そのまま並んで凍死

58: 名無しのひみつ ID:Js1WvJUF
>>17
どこだ何を学ぶと、ビバークがピパークになるん?

59: 名無しのひみつ ID:v+bMIqvB
>>58
そういう発音をする言語

22: 名無しのひみつ ID:E0l4NAEv
なるほど雪崩だな


55: 名無しのひみつ ID:abG4vk1E
雪崩があったはずなのに足跡が残っていたってやつは結局、雪崩は起きていたけどテントがあった方角へは崩れておらず、その音でパニックになった9人が就寝中か着替えの途中の恰好のまま逃げ出してタヒ亡したって事かな?

74: 名無しのひみつ ID:vN0mMDjP
>>55
テントから出た後しばらくは活動してた形跡があるし雪崩が直接の原因とは言い難いわな

おそらくパニックになったきっかけは誰かが低体温で発狂したんだろう。薄着で口から泡を吹いて死んでたメンバーが最有力候補。手足や頭部に不可解な傷があるのも暴れた結果かもしれない

23: 名無しのひみつ ID:kFWXFTNL
これは学術論文なんで単に「現場の状況はこういうメカニズムで説明できる」と言っているに過ぎない。

しかも放射能に関しては何ら言及されていない。なのでギガジンの「「雪崩原因説」が実は正しかった」という表現は不正確。

24: 名無しのひみつ ID:kqgrd2xe
何を言おうが推測の域を出ない。真実は闇のまま

27: 名無しのひみつ ID:FtILQOtB
グーグル・マップでホラチャフリの現場を見ればとても雪崩とは思えないよな。

29: 名無しのひみつ ID:ikVWuEZV
凍死寸前になると、体外気温の方が温かく感じるらしくて、それで脱いでしまうんだそうな(矛盾脱衣

目や舌や口の粘膜が壊れていたのは凍傷だ。

38: 名無しのひみつ ID:hhZCjPtx
気圧の急激な低下だったら、舌や目は破裂するべ?

39: 名無しのひみつ ID:rIbAOiPN
目や下=野生動物は柔らかい所から食べる
放射能=学生が実験で扱っていた
内側から=雪崩
服装=低体温省による意識障害
アンビリバボーは正しかった

41: 名無しのひみつ ID:yC4Fljze
自分が望む結論出るまでゴネ続けるんだろうからな


47: 名無しのひみつ ID:qxDNPJLm
変な光の写真は??

43: 名無しのひみつ ID:6Tn8IqUf
現場の近所に軍の施設があってモンスター造ってたんでしょ?映画で見たわ



ディアトロフ・インシデント ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
ジェンマ・アトキンソン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2014-01-15




64: 名無しのひみつ ID:i1otI01n
ディスカバリーチャンネルでイエティ説やってた



ディアトロフ峠事件についてはこちらにも



その他、世界の奇怪な事件・事故はこちらに








特選タイムセール BUNDOK 3~4人用 ミニ ヘキサゴン タープ UV BDK-25 ダークグリーン

50%OFFで
2,391円!(1/31終了予定)





Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!