引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/out/1609727837/


630: 底名無し沼さん (ワントンキン MMe3-XeE3 [153.147.205.0]) ID:BT24Kul5M
セリアのバレンタインコーナーに置かれているギフト缶がいい缶じ
エコー商事製でオピネルNO.8を入れてこんな感じ。
材質はスチール(スズメッキ)縦7.9×横12.3×高さ3.7cm
どこぞのヒロシ風に火熾しセットでも入れてみるかな?

引用元:https://i.imgur.com/mc2PPUv.jpg

picture

Sponsored Link


おすすめ記事






639: 底名無し沼さん (ササクッテロラ Sp19-LNXv [126.182.43.54]) ID:8XgELobpp
>>630
サイズありがたい
メスティンに入れられるな

631: 底名無し沼さん (ワッチョイ 3dbf-apTb [118.105.216.75]) ID:wW7hT+Xm0
こういう、無地の缶が使い勝手が良さそうで欲しいんだけど、
100均には変に印刷や装飾があるのばかりなんだよなあ
セリアのやつも「TOOL」とか刻印してあったりして、
ほんと無地の方がいいと思うんだけどな

632: 底名無し沼さん (ワッチョイ e50d-6zBS [218.231.180.49]) ID:aexwpgyx0
フィールドで紛失防止に赤やオレンジにペイントしてしまえばいい
鉛丹や弁柄なら錆止めにもなる

633: 底名無し沼さん (ワッチョイ cd44-6zBS [180.235.59.71]) ID:Z4sV7irO0
袋モノも、無地や、せいぜい単純な柄くらいだったら買うんだけどなって思うことが多い

634: 底名無し沼さん (ワッチョイ cdbf-YKLp [180.9.96.124]) ID:jcH957lE0
今気付いたけど柄も柄も同じ漢字なんだな

635: 底名無し沼さん (ワッチョイ ad16-pkG2 [126.36.129.1]) ID:L5PfqHiW0
えっ…

636: 底名無し沼さん (ワッチョイ 9d7f-JFdL [124.25.125.31]) ID:oVmxI9gA0
読みも同じなんだから当たり前の事だが。

637: 底名無し沼さん (オイコラミネオ MM89-/o9X [150.66.64.230]) ID:JUyEOQxiM
柄柄
おおホントだ!

638: 底名無し沼さん (ワッチョイ 6b98-JESV [153.186.8.159]) ID:iUdaQOLX0
柄のついた柄がついている鍋を買いましたが
本体に柄がついているとは思いませんでした

640: 底名無し沼さん (アウアウウー Sa21-HiEx [106.132.83.180]) ID:3X/Apqmsa
>>638
え~





おすすめの関連記事


Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!