引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/out/1603723222/


portable-2585538_640


89: 底名無し沼さん ID:bhomnrUy
消耗品が多いが、100均も登山で結構使ってる

クッションポーチ(モバイルバッテリーやヘッデン用)
ジップバッグ(行動食やプロテイン、錠剤など小分け用)
300mlドリンクボトル(プロテイン用)
BICフリントミニライター
ウェットティッシュ
汗拭きシート
小さな虫よけスプレー(容器は詰め替えて継続利用)
扇子
椅子用靴下(トレッキングポール石突きカバーとクマ鈴サイレンサー)
レジャーシート
折り畳みクッション
ぺちゃんこ水筒
90*180㎝銀マット
ソーイングキット


Sponsored Link


おすすめ記事




[PR]2021年リリースで品切れ多発のニューモデルが今なら在庫あり。参考上台6,600円が4,402円で(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR]チタンペグとしてはきっと最安値だろう 1本あたり162.5円。長さ165mm 直径3mmでわずか6gの超軽量。テントや小型タープには100均ステークよりこちらがベストでは?(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR]長さ200mm 直径8mmのステークタイプで 1本あたり333円。100均ステークとほぼ同じ長さで、重さは約1/3の40g/本!! 軽さの他にも堅牢さ腐食やサビへの強さからこちらを選んだ方が幸せかも・・・(在庫・金額はリンクから確認を)



90: 底名無し沼さん ID:cfs/OGwE
ジップバッグ(行動食やプロテイン、錠剤など小分け用)
300mlドリンクボトル(プロテイン用)
BICフリントミニライター
小さな虫よけスプレー(容器は詰め替えて継続利用)

----------
この辺は同じだな。
どうしてもこういう小物、消耗品になる

セリアの火打ち石
小さな軟膏入れに革靴用のグリースを入れる
70Lのゴミ袋を開いて、グランドシートとして使う

120: 底名無し沼さん ID:fnzFTySU
bicのライターは低温には弱いので、過信しないこと。町でもちょっと寒いともう点かない。

121: 底名無し沼さん ID:sZ25OzY5
今の時期、5度くらいだとbicのライター点きませんね。
5回こすってやっと点く。零度近いと絶対点かないと思う。
火打ち石式は高度には強いわけですが、プロパン入りでもbicくらいでは低温には極めて弱い。
100均のライターだと、5度でもうまったく点かないです。(東京)
ですから、冬山に行く人はなにか別の着火法を用意した方がよい。

このスレでもbic, bicとよく言っている人いるけど、実際山には行ってないんだろうね。
東京ですら、寒いとbicライター点かないよ。知らないの?

134: 底名無し沼さん ID:1Yy7EumL
>>121みたいなできない自慢がな…どうにも

122: 底名無し沼さん ID:YKd1kDw/
体に近いポケットに入れとくなり手袋の中で握るなりすればいいのよ

123: 底名無し沼さん ID:MfVZCzg1
ストーブにしか着けないから火花が散れば問題ない

130: 底名無し沼さん ID:bLDyIr7L
>>123
これ
ぶっちゃけガスが残っていなくても火花飛べば問題ない

124: 底名無し沼さん ID:hQdypYEo
bicのガスはイソブタンだし、メーカーのサイトにもちゃんと5℃以下では着火しにくくなりますって書いてあるんだけど、知らないの?

125: 底名無し沼さん ID:84XevpeN
それね
もっと言うと暖めようとしないから着火しないのよ

126: 底名無し沼さん ID:0fIfudU5
ライターは体温の伝わるところに入れとかないと山ではダメだね
オイルライターの方が付きはいいけど
非喫煙者だからオイル入れとくのが面倒になる

127: 底名無し沼さん ID:6wzJzdHo
外気にさらしっぱなしで点かないと文句言ってるの?

128: 底名無し沼さん ID:arqCXFc/
氷上ワカサギ釣りで-5°C以下でも100均のライター手で温めれば着くよ

129: 底名無し沼さん ID:pw6rxzXa
いま氷点下8.1℃ですが100円火打ライター点きました 北海道
雪中キャンやるけど普通につくよ
でなければ料理できない

131: 底名無し沼さん ID:3nZ8wMZt
>>129
何でもそうだけど、ポケットに入れて体温で温めていれば大丈夫なんだよね。

ガスコンロも同じことではあるけど、ライターと違って何分も燃やすので気化熱で冷えるから「手で温め続ける」とかしないと圧が下がって消える。

寒冷地対応でも減ってくると出てくるガスの絶対量がが減るから消えやすくなるので、どうしても使い切りたいなら、気温が上がって日照で温まる日中に昼メシに使うか、コンロ2つにして予備ボンベを繋いだ方で加熱する合間に適度に温めれば、しばらくは復活する。

2名以上で行くなら、各自が非常用兼用でボンベとコンロ本体を持って行って、並べて相互に適度に温め合わせれば良い。
1名だけなら、紛失破損対策に予備ボンベに予備本体追加で、それもごく軽量コンパクトな本体なら非実際的ではない。
まあ、普通はそうはしないけど。

132: 底名無し沼さん ID:3nZ8wMZt
あれ? ここって登山用具の基本のスレではない?

140: 底名無し沼さん ID:/VZY1aHu
登山スレということで、登山の経験からいうと、
わしがライターで困ったのは、気温ではなくて濡れやったね。
雨で全身ずぶ濡れになって(奥多摩)、煙草喫おうとしたら、
ライターが濡れて点かん。寒いんだけど、温かいコーヒーも湧かせん。
軽量化のために予備のライターを止めていた。
マッチはあったけど、周りが土砂降りだと、天幕の下でも湿気が多くて
マッチも点かん。

結局、何時間か後に、ライターが乾いて復活するまで火が使えんかった。
予備はいるなと思った。しかし、予備をもっていても、川で転んだりして、
全身ずぶ濡れになると、予備もだめだな。

となると、濡れても点く火打石が最強ということになる。
ちなみに、火打ち石がなかなか使えない、点かないという人は、
大抵使い方を間違えている。

144: 底名無し沼さん ID:fPrudNGw
>>140
小さい防水バッグに入れるという方法を思いつかないのだろうか

151: 底名無し沼さん ID:6D0w2NMQ
>>140
良いレスだと思うが何故ディスる奴が居るのかわからん
冬場だと手袋でポリ袋開けるのもだるいし、火打石ををうまく使えるのであればそれがいいと思う
昔も防水のマッチケースはあったね。いずれにしろ湿気を吸っちゃうと駄目だが

着火具は重要なアイテムだし種類の違うものを別に持つのが常識かとは思うが最近はやってる人少ないのでは?
アウトドアで火がつかないのはかなり悲惨

142: 底名無し沼さん ID:IQsCDYBw
冬はガソリンだなあ濡らして困るものはジップロック等に入れるし山でずぶ濡れになる装備って

143: 底名無し沼さん ID:C6LdonL4
お爺ちゃんの30年くらい前の記憶だろ。ジップロックとかゴアテックスとかなかったころの話なんじゃないか

145: 底名無し沼さん ID:Xv3PrnWB
乾いていても、蝋塗りでも、回りが土砂降りだとマッチは点かない。湿気が高いと無理。頭悪いな。

148: 底名無し沼さん ID:GbegqKi9
>>145
酸素があるのに黄リンかなんかが摩擦で発火しないようにできるのかね?
ヤスリの方が濡れて摩擦が生じにくい=防水って書いてあるからズブ濡れのままで擦ったせいとかじゃないの?

147: 底名無し沼さん ID:GbegqKi9
>>140
降ってない時と同じつもりで剥き出しで持ち歩いてるのが間違いの元で、チャック付きポリ袋に入れてちゃんと閉じておけば水没しても濡れようがないよ。
フリント式の小型のなら嵩も重さも問題にならないし。

>>142
まあ、遭遇してみないと気がつかないこともあるし、だから登山は体験が重要。

>>143
世界的な元祖がどこかは調べてないけど、可塑素材の噛み合わせ特許は国内でも前世紀中盤に出てるそうで、一般に知られてからでも5-60年は経ってるんじゃないか?
食品用が早かったと思うし、あと医療関係の薬の仮まとめ袋かな?
まあ、何かのきっかけで知ることがないと存在を知らないことも十分にありうるね。

152: 底名無し沼さん ID:fPrudNGw
全身ずぶ濡れになると予備もダメ…濡れないように工夫すればいい話なのではないのかと

154: 底名無し沼さん ID:LehwlFsI
>>152
違うよ?

書いてあるのを読んで分かったような気になってるだけだと、そういう思い違いに陥る。
実際に試せば分秒単位で分かる通り「ずぶ濡れとは程遠い状態」でも、綿だと体温が著しく奪われる。

それも、登山のような運動すれば必然的に生ずる汗でさえ同じ効果を発揮してしまう。

また、衣類も含めて濡れるとダメな物は、最初からことごとく防水対策を講じておくのが登山の常識。だから適宜着替えれば大丈夫だし、それだけで足りることもある。

しかし、ドンドン着替えないと間に合わない条件があって「だから危ない」
ところが、あいにくと重さ大きさの関係で予備をたくさん持つなど不可能。
しかも、せっかく乾いてるのが即濡れちゃうことなく着替えられる場所などなくて、「だから危ない」

だから「何がどう危ないか身をもって体験」して「どうしておかないといけないか痛感」しておくのが賢明。

156: 底名無し沼さん ID:A6peS7Jo
全身ずぶ濡れになってもライターを防水バッグに入れとけばいいって話だろ

159: 底名無し沼さん ID:RG7ZzrsY
というわけで、高度、低温、濡れ、いずれにも強いのが
火打ち石であり、火打ち石が最強の着火具だとわかりました。

しかし、火打ち石は使い方に若干のこつがあり、
苦手という人は大抵このこつをわかっていない。
これを飲み込めば、誰でも数回の摩擦で火を得ることは
可能です。よく練習しておいてください。

また、100均の火打ち石でも充分役に立ちますが、
もっと簡単にと思う人は、モンベルの火打ち石2000円を買えばよい。
これはマグネシウムではなく、別の鋼石を使っているので、
着火が非常に容易です。

160: 底名無し沼さん ID:UgJFTdQf
>>159
中華パチが200円送料千円とかで出そう

139: 底名無し沼さん ID:fPrudNGw
カメラレンズのUSBウォーマーがガス缶暖めるのに良いよ

141: 底名無し沼さん ID:V29crlrW
>>139
これはいいものを聞いた


Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!