引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1609970536/


bear-4118795_640

1: 砂漠のマスカレード ★ ID:RNlceUAa9
それは、前代未聞の事件だった。

2020年8月8日深夜、長野県上高地にある小梨平キャンプ場には約250のテントが張られていた。

キャンプ場全体が寝静まった頃、東京から友人とハイキングに訪れ、1人用テントで就寝していた50代の女性は、突然テントが強い力で引っ張られるのを感じて、目を覚ました。思わず「助けてください!」と叫ぶと、移動は止まったが、次の瞬間、テントは一瞬で引き裂かれ、黒いものが襲い掛かってきた。

テントは15mも引きずられていた
“犯人”は体重150kg(推定)のツキノワグマだった。

女性はクマの攻撃が緩んだ隙にトイレに逃げ込み、周囲の人の助けで病院に搬送され、九死に一生を得た(クマの爪により右足に10針縫う軽傷)。クマは襲撃後、立ち去ったと見られるが、テントは元の場所から15mほど引きずられ、中の食料はすべて食べつくされていたという。

関係者によると「上高地での人身事故は、初めてでは」とのことだが、近年、全国でクマによる人身事故は増加の傾向にある。

環境省によると、全国のクマ類(ヒグマ含む)による人身被害は、2018年度は51件、昨年度が140件、今年度は9月までの速報値で既に80件に上り、10月には秋田県の住宅街で、80代の女性がクマに襲われる事件も起きた(後に女性は死亡)。この事件について報じた記事には、県の担当職員の次のような談話が載っている。

「解釈に苦しむ。(クマの食料となる)クリが多い高台から住宅街に下りて来る動機があるのか」

いったい今、クマと人間との間に何が起きているのだろうか。

「食料不足」がクマ出没の原因ではない
クマの大量出没が起きたとき、その理由としてよく指摘されるのは、「食料となるドングリの生るブナ類などが山で不作なのでは」というものだが、40年以上クマの生態を研究している日本ツキノワグマ研究所の米田一彦氏は、“ドングリ不作説”には懐疑的だ。

「ブナ類の不作は大量出没の一因ではありますが、すべてではない。08年にも、ブナの大凶作によるクマの大量出没を森林総研が予測しましたが、結果は平穏でした。(大量出没は)ドングリの不作要因よりも、人間社会の社会構造の変化による影響が大きくなりつつある」

米田氏が指摘する「社会構造の変化」とは、いわゆる“里山”の荒廃である。

「かつては集落に近い里山は、炭焼きや草刈り場として人間の手が頻繁に入っていました。だからクマたちは、その奥にある奥山にしかいませんでした。ところが平成になって里山を管理する人が減り、里山が奥山のように繁茂すると、そこに若いクマやメスのクマ、親子グマ、が居つき始めたのです」(同前)

なぜ若いクマやメスのクマは奥山を出たのか。

「実はクマにとって最大の敵は、クマです。奥山には大きくて強いオスのクマがいますから、それを避けるために、彼らは里山へと逃げてきたのです」(同前)

こうして若いクマやメスのクマが人間社会に守られるような形で里山に住み着き、人間の生活圏と接触するようになった結果、両者の接近遭遇の機会が増えたのである。

また里山への侵入は、クマたちの気質にも変化をもたらしたという。

「里山にはシカやイノシシ、サルなども侵入していますが、クマがこれらを捕食し、肉食の傾向が強まっている。これまでは、たまたま見つけたシカの死体などを食べているとされていましたが、近年、クマがシカを襲撃している様子なども撮影されています」(同前)

人間との接触の機会が増えることで、とくに若いクマは人間を恐れなくなるという。

「里山では若いクマたちが密に棲息して、互いにエサをめぐり、常に葛藤している状態です。だから人間と接触しても、これをライバルのクマと見立てて攻撃、排除に及ぶ可能性が高い。その意味では、“凶暴化”していると言えるかもしれません」(同前)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a3523256fe00dc9dd2ed640b65c9b484ca1d9eb
1/7(木) 6:12配信

【詳しくはリンクから】


Sponsored Link


おすすめ記事




[PR]耐荷重目安 約80kg¥2,030 ‼ 自己責任でコットがわりに使っているレビューも…




37: ニューノーマルの名無しさん ID:dg2HRpP60
>>1
最近は警察が猟友会に害獣駆除依頼しておいて後からたい~ぽしに来るから、猟友会も銃使って積極的に駆除したりしないから、増えるに任せるしかないだろうな。



6: ニューノーマルの名無しさん ID:/DDlw5Zg0
つまり、今まで人が住んでいた場所が過疎化で人が居なくなりクマの居住範囲が広がったって事だよね
ヒトも同じじゃん
増えてくると新たな土地を求めて新天地を探すよな

8: ニューノーマルの名無しさん ID:Yg1xp9ur0
一度食べるとやめられないとまらないよね、人間って

9: ニューノーマルの名無しさん ID:mVd1g0ZS0
たまたま見つけたシカの死体て…
そんなに滑落とかするもんかね

39: ニューノーマルの名無しさん ID:0l0EG8Ts0
>>9
病死、老衰等の世代交代はあるだろう
そうでなきゃ山に溢れかえってしまう

13: ニューノーマルの名無しさん ID:Hby1OLQh0
女子中学生が蹴って撃退した事例があるのに、軟弱なヤツらめ。

36: ニューノーマルの名無しさん ID:zqftJ5ku0
>>13
ご褒美もらって満足したんだろw

18: ニューノーマルの名無しさん ID:glpzkDAr0
熊って怖いイメージあるけど、どんぐりが豊作だとそれで満足とかかわいいよね

20: ニューノーマルの名無しさん ID:QoxSTD1K0
正しいんじゃない 大体発見されるのは母熊小熊だもん どんぐり不作説は何か抵当杉

26: ニューノーマルの名無しさん ID:91w+uzVy0
東京だと奥多摩に結構いるな

31: ニューノーマルの名無しさん ID:GOyoqjw50
>>26
奥多摩まで行かなくても八王子辺りにはいるよ
高尾山近辺で十分

40: ニューノーマルの名無しさん ID:91w+uzVy0
>>31
渡りの単体だと練馬の山とかにもいそう

35: ニューノーマルの名無しさん ID:FXWsRNZX0
昔は、「開発により熊の生息域に人間が入ったせいで、人間が熊に襲われるようになった」とか言われていたのに

今は真逆なんだな

41: ニューノーマルの名無しさん ID:p6lAUOYm0
山の中を縦横無尽に逃げ回る餌よりも巣に行けば高確率で得られる餌の方が楽でいいだろ

44: ニューノーマルの名無しさん ID:Ech0qIAV0
よく「人間がクマのテリトリーに入ったから、クマがよく出没するようになった」
「エサがないから、住宅地におりてくる」とか、都会で山なんか行かないおっさんどもがなんか言ってるが、
全然違う。

田舎は、高齢化・過疎化が進んでおり、雑草は生え放題、草も誰も狩らない、など、田舎の山が原生林と化している。
だから、鹿やクマ、イノシシなどが出てきた。

93: ニューノーマルの名無しさん ID:KwiMWpSA0
>>44
いずれ人間は都会に固まって住んで
田舎は自然に返すことになるのかな。

167: ニューノーマルの名無しさん ID:JO7tjUf60
>>93
自然は浸食するものだから境界からあふれ出してくるのであって、
田舎がなくなれば都会の周囲に熊が出没するようになるだけだぞ
生存圏を維持するには殺し続ける必要がある。

53: ニューノーマルの名無しさん ID:NnwVM4Ql0

54: ニューノーマルの名無しさん ID:z94eX3NN0
大量に出没するクマ

引用元:https://i.imgur.com/Tfq3CKB.jpg

picture

57: ニューノーマルの名無しさん ID:UuAnlHPI0
奥山にいる強い雄を毎回倒せばいいんじゃね?

59: ニューノーマルの名無しさん ID:LWnV19je0
250も張られたテントで唯一被害に遭うとか運が悪すぎて悲惨

61: ニューノーマルの名無しさん ID:+oVD8oE+0
キャンパーが餌付けしたからだよ
食い物をキャンプ場の周辺に捨てていったから熊が来るようになってるの

これキャンプ場の近くに住んでいるからマジ情報よ

62: ニューノーマルの名無しさん ID:0/odLTkR0
クマ「人間おいしいです」

65: ニューノーマルの名無しさん ID:+oVD8oE+0
正式なキャンプ場ならまだ管理人が周辺にいるからいいんだが、
沢や河川敷でのバーベキューで、そのまま捨てていく人が多いからね

熊が来ないはずがない

77: ニューノーマルの名無しさん ID:mmNDXDKC0
>>65
ゴミを持ち帰らないBBQNは熊のエサにしてやれば良いのにな

72: ニューノーマルの名無しさん ID:z94eX3NN0
クマ「エサがいっぱい^^」

引用元:https://i.imgur.com/tdbsWG1.jpg

picture

73: ニューノーマルの名無しさん ID:YnpfzwvU0
>人間と接触しても、これをライバルのクマと見立てて攻撃、排除に及ぶ可能性が高い。

さすがにここは違うんじゃないかとw
別の生き物を見てクマだとは思うほどアホではないんじゃないかなー。

79: ニューノーマルの名無しさん ID:qe0rq7JF0
>>73
クマは目が悪い

75: ニューノーマルの名無しさん ID:UUJDmwQ50
所謂、里山がただの雑木林になったからな
人間側から山へ入って、存在を知らせてやらないといけないら

76: ニューノーマルの名無しさん ID:4U/mZErA0
山登り好きはよく一人であんな所まで行くなあと
地元民は冷ややかな目で見ております
山って用もないのにそうそう簡単に入っちゃいけないとこよ
地元民は小さいころからそうやって言われて育ってきた

119: ニューノーマルの名無しさん ID:u0JMsiK90
>>76
登山でひとが山に入る事でクマの里への侵入が抑制される事も知らないで平和なものだ、いなか者

78: ニューノーマルの名無しさん ID:p2+pcJ1y0
猟師が足りてないね
高級取りになるように補助金足したら?


81: ニューノーマルの名無しさん ID:IUSahVkT0
1人キャンプとかよくやるな
クマに襲われて人生終わるとか怖

84: ニューノーマルの名無しさん ID:XL05S1RY0
>>81
>東京から友人とハイキングに訪れ、1人用テントで就寝していた

ってあるから
就寝だけ別々だったのでは?

94: ニューノーマルの名無しさん ID:LK1HXaWd0
地域によっては「里山荒廃説」が成立するかもしれんが、国立公園内にある
上高地周辺はもともと里山ですらないので、普通の観光客がいる小梨平で
クマが出没する理由にはならない

98: ニューノーマルの名無しさん ID:cmVWIarK0
まぁ俺はキックボクシングやってるし
体重90キロぐらいあるから
クマともそこそこやれる自信がある

103: ニューノーマルの名無しさん ID:b5Zt2Xcv0
>>98
ツキノワグマは原付バイク程度のスピードで走れるから
もし負けそうになって逃げることになる可能性も考慮して、走りも鍛えておくが良い

106: ニューノーマルの名無しさん ID:TKGl5vKoO
>>98
牙と爪の凶器持ち
そこらでラリってる覚醒剤中毒者とは訳が違う

168: ニューノーマルの名無しさん ID:J9uI03tS0
>>98
体重150kgのツキノワグマは、包丁持った全盛期の朝青龍よりもはるかに強いぞ

121: ニューノーマルの名無しさん ID:0rXUB8bA0
一番の原因は猟師が減ったことだろ
猟師増やすようにすれば良い

133: ニューノーマルの名無しさん ID:s8XhCPSE0
鹿を食べるなら良いじゃん鹿も駆除してクマも駆除したらまたオオカミを絶滅させて生態系が破壊されたときと同じになる人間がいつも悪い

140: ニューノーマルの名無しさん ID:GU2vbYUI0
腹破らねえでくれ!
喉食って殺して!
141: ニューノーマルの名無しさん ID:93GkuBjS0
こんなの少し前からわかってたよ。
エサがーーとか生息域がーーーって言うけど、田舎ほど人口激減。
おとなしい動きが悪い高齢者が今まで通り畑やってるだけ、
無人になった家+畑山林も多くあって生息域が減ったなんてことはない。
マスコミも国も進学進学ってバカでも勉強やる気なくても都会で進学なんて
煽ってるから大事な役目をする人がいなくなる。
学校も商売だし、大量の生徒学生をゲットするために宣伝必死だしな。

142: ニューノーマルの名無しさん ID:MVHpvdYR0
小梨平?
90年代に上高地の山小屋でバイトしてたけど
明神や河童橋あたりでも、普通にクマいたぞ

171: ニューノーマルの名無しさん ID:zb2nQfWH0
ドングリを集めて山に置いて熊に食べさせて、熊が里に降りてこなくてすむようにしようって活動があるけど 、どんな見解なんかねぇ。


120: ニューノーマルの名無しさん ID:UP3KTxQs0
〆の「クマと人間に残された時間は決して多くはない。」が意味不明w

122: ニューノーマルの名無しさん ID:CPc6+Rgt0
>>120
そのネタを言うための記事だよね
記事はネタの前振りなんだよ





【PR】 amazon prime会員特典で無料で楽しめるクマにまつわるコンテンツ



Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!