引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1609892375/


bear-4118795_640


1: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
ヒグマの危険性なんてググればたくさん出てくるのに、こいつらはそれをしなかったから死んだんやね
ちょっとググっただけで「ヒグマは自分の獲物に執着する」っていう情報がたくさん出てくる



福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件


福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件は1970年(昭和45年)7月に北海道静内郡静内町(現:日高郡新ひだか町静内高見)の日高山脈カムイエクウチカウシ山で発生した獣害事件。

若い雌のヒグマが登山中の福岡大学ワンダーフォーゲル同好会(のちにワンダーフォーゲル部へ昇格)会員を襲撃し、3名の死者を出した。

福岡大学ワンダーフォーゲル同好会ヒグマ襲撃事件、福岡大学ワンゲル部員日高山系遭難事件とも呼ばれる。

事件の経緯

【計画】

福岡大学ワンダーフォーゲル同好会所属の学生A(リーダー20歳)、B(サブリーダー22歳)、C(19歳)、D(19歳)、E(18歳)の5人は1970年7月12日9時に列車で博多駅を出発し、14日に新得駅へ到着した。

14時半に芽室岳へ入山。
そのまま芽室岳からペテガリ岳へ日高山脈を縦走する計画だった。


【予兆】

25日、中間地点であるカムイエクウチカウシ山(標高1,979m)の九ノ沢カールでテントを張ったところ、ヒグマが現れた。

ヒグマがいない九州から来た彼らは恐れることなく様子を見ていたが、ヒグマが荷物をあさりだしたため音を立てて追い払い荷物を取り返した。

しかしその夜、再びヒグマが現れテントに穴を開けた。
身の危険を感じた彼らは交代で見張りを立てたが、その後は現れなかった。

26日の早朝、ふたたびヒグマが現れテントを倒した。
Aの指示でBとEが救助を呼ぶため下山を始めた。

その途中で北海学園大学のグループや鳥取大学のグループに会ったので救助要請の伝言をし、BとEは他の3人を助けるため山中へ戻った。


【ヒグマの襲撃】

BとEは昼ごろに合流し、5人でテントを修繕した。

16時ごろ、寝ようとしていた彼らのもとにヒグマが現れ居座った。

彼らは鳥取大学のテントへ避難するため、九ノ沢カールを出発し歩き続けた。

しかし、鳥取大学や北海学園大学のグループはヒグマ出没の一報を受けすでに避難したあとだったため、仕方なく彼らは夜道を歩き続けた。

不幸にもヒグマは彼らを追いかけ、追いついた。

ヒグマはまずEを襲い絶命させた。
Cは他のメンバーとはぐれてしまった。彼らは一目散に逃げ、その夜はガレ場で夜を過ごした。

27日早朝、深い霧が出ていたため視界は悪かった。

下山する途中でヒグマはまた現れた。
Aがターゲットとなりそのまま襲われて死亡した。

BとDは無事下山し、逃げ延びた2人は五の沢砂防ダムの工事現場に駆け込んで車を借り、18時に中札内駐在所へ到着した。


【救助隊】

仲間とはぐれたCは鳥取大学グループが残したテントに駆け込み一夜を明かしたが、27日の8時ごろにヒグマに襲われ死亡した。Cは死ぬ直前まで様子や心境をメモに書いていた。

28日、十勝山岳連盟の青山義信を現場隊長とし、帯広警察署署員や十勝山岳連盟、猟友会などからなる救助隊が編成された。
さらに帯広警察署は、カムイエクウチカウシ山などの日高山脈中部の入山を禁止した。

翌29日、早朝から捜索していた救助隊は14時45分ごろに八の沢カールの北側ガレ場下で2人の遺体を発見した。

遺体は九州から捜索に加わっていた福岡大学ワンダーフォーゲル同好会会員によってAとEであることが確認された。

29日16時半ごろ、ヒグマは八の沢カール周辺でハンター10人の一斉射撃により射殺された。亜成獣(3歳)の雌であまり大きくはなかった。

30日にはCの遺体も発見された。雨天で足元が悪いことから遺体を下におろすことができず、31日17時に八の沢カールで3人の遺体は火葬にされた。

八の沢カールには追悼のプレートがかけられ、そのプレートには「高山に眠れる御霊安かれと挽歌も悲し八の沢」と追悼の句が記されている。

3人を殺害したヒグマは解剖されたが、体内からヒトや持ち物などは確認されなかった。

このヒグマは剥製にされ、中札内村の日高山脈山岳センターに展示されている。(以下略)

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件  Wikipediaより

「日高山脈山岳センター」に展示されている加害グマの剥製(頭部を除く)


Sponsored Link


おすすめ記事







3: 名無しさん@おーぷん ID:ypO
ネットなかった定期

4: 名無しさん@おーぷん ID:jcv
過去の人にマウント取るのか…

5: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
ワイならまずしっかりとその山の危険性をググる
ヒグマが生息しているというのならヒグマの危険性もググる

6: 名無しさん@おーぷん ID:hJl
北海道の山に行くのにヒグマについて下調べしてないのはぶっちゃけアホやわ
他の人の命もかかってんねんから

10: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>6
あとヒグマに出会った時点で下山の方向で物事を進めないのも謎や
ワイなら他の奴囮にしてでも山を出る

12: 名無しさん@おーぷん ID:G0F
>>10
お前は囮にされるぞ

15: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>12
「救助呼んでくるからお前はテントで待ってろ」で余裕やろ
そのまま帰るわ

18: 名無しさん@おーぷん ID:G0F
>>15
1人で離れたら死ぬで
ソースは映画

23: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>18
「“お前”はテントで待ってろ」やから残るのが一人で下山が複数人やぞ
情強のワイが山で一人になるわけがない
第2第3の囮も連れてくぞ

30: 名無しさん@おーぷん ID:G0F
>>23
1人置いて複数人で救助呼びに行くわけないやん
バカちゃうか?

35: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>30
じゃあそいつも着いてくればええ
ワイは別にどっちでもええぞ

7: 名無しさん@おーぷん ID:DAd
そんなヒグマを牛刀で一刀両断出来る強者がいるってんだから驚きだよな

8: 名無しさん@おーぷん ID:g9v
70年代にGoogleないやろ
お前がちゃんとググれ

16: 名無しさん@おーぷん ID:QyM
>>8
これはネタスレやろうけど今の子ってほんまこういう感覚やろな

9: 名無しさん@おーぷん ID:G0F
ネットがないとかを抜きにしてもバカではあるわ
クマがやばいなんて誰でも知っとるのに

11: 名無しさん@おーぷん ID:5BA
ヒグマでる地域やから
学校で勉強させられたわ
ひえってなった

13: 名無しさん@おーぷん ID:5Ih
荷物を取り戻そうとした&留まったのが悪手やろなあ
一目散に逃げれば助かったかもしれんのに

17: 名無しさん@おーぷん ID:ypO
言うほど山登るときヒグマについて調べるか?

20: 名無しさん@おーぷん ID:QyM
>>17
人里寄りのハイキングでも熊鈴ぐらい持ってくやろ

21: 名無しさん@おーぷん ID:G0F
>>20
実際すずってどれくらい効果あるんや?

62: 名無しさん@おーぷん ID:nCH
>>21
熊に食い物ばらまくガイジのせいで最近は逆効果の可能性もあるぞ

19: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
ちなみにヒグマの危険性はマジでググればたくさん出てくる
山に行くなら熊対策は当たり前や

22: 名無しさん@おーぷん ID:RdI
ワイ自衛官、四人でヒグマをピアノ線でめった斬り

24: 名無しさん@おーぷん ID:kko
ヒグマに見つかったらまず食料をヒグマの近くに投げて、目を逸らさずに後退りして逃げるしかない
下山したら警察に電話しろよ

26: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>24
下山したらもう関係無いやん

25: 名無しさん@おーぷん ID:GTX
僕ならトランプでヤっちゃうけどね??

27: 名無しさん@おーぷん ID:eIv
ワイは山に行かないからセーフや
行かないのが一番

31: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>27
これやな
山の死者数とかもググれば出るし、そしたら「山楽しそうやな」とはなっても「じゃあ行こう」とはならん

28: 名無しさん@おーぷん ID:AGd
1970年でしかもこのサークルは福岡
九州にはクマはいない

33: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>28
クマ牧場あるやろ

38: 名無しさん@おーぷん ID:AGd
>>33
まだ出来てませんね

41: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>38
でも九州には「熊本」があるよな
そういう意味では熊はいる

44: 名無しさん@おーぷん ID:kko
>>38
もうできてるで
事件は1970年、クマ牧場は1958年

47: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
ほら、>>44で論破やぞ
震えろ

70: 名無しさん@おーぷん ID:Q8A
>>47
九州には78年になるまで無いで

72: 名無しさん@おーぷん ID:kko
>>70
Q&AみたいなIDやん

76: 名無しさん@おーぷん ID:ICA
>>70
ググれば分かるとかいいながら自分ではググって調べてない無知を晒すスレ主

77: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>76
別に知らなくても困らないからな

78: 名無しさん@おーぷん ID:RdI
>>77
さっさとヒグマに喰われる作業に戻れ

58: 名無しさん@おーぷん ID:AGd
>>44
九州に出来たのは1973年

59: 名無しさん@おーぷん ID:kko
>>58
イッチの言葉から
北海道に行ってるわけやし、北海道のクマ牧場に寄ってから山に行けって意味やと解釈したわ

29: 名無しさん@おーぷん ID:WYG
一般人ならまだしもワンゲル部が知らんのはアカンよな

34: 名無しさん@おーぷん ID:6da
死んだふりとかの時代やろ
ググっても悪質なまとめ道民しかおらんでその頃

36: 名無しさん@おーぷん ID:0VO
巣穴に飛び込めば大丈夫って読んだ

37: 名無しさん@おーぷん ID:jLI
要するにぼっちカスのイッチがひがみとねたみをこじらせてるスレやな
死んだ人間にこんなことほざいて優越感味わうようなゴミクズ未満のきっしょい性格してるからぼっちなんやぞ

40: 名無しさん@おーぷん ID:yYF
机上の空論j民は後ずさりで逃げるとかいいながらいざ実際は後ろ向きに全力でダッシュして死んでそう

54: 名無しさん@おーぷん ID:G0F
>>40
実際目の前に来たら多分動けへんと思うわ

42: 名無しさん@おーぷん ID:Pls
まぁ事前情報云々は別としても一度下山の方向で動かなかったのは現場対応としては悪手だと思う
取りあえず降りて猟師を呼んで安全担保してから荷物回収が正解か
実際現場にいたらパニックやろうけど

43: 名無しさん@おーぷん ID:jZr
塀の中の除雪しないで熊が脱走したやつ思い出した

49: 名無しさん@おーぷん ID:6da
>>43
秋田のクマ牧場のやつな
BBA争奪戦を遠くから冷え冷えで眺めてたやつ

50: 名無しさん@おーぷん ID:yVk
最近この事件のスレ立ちすぎやろ

51: 名無しさん@おーぷん ID:kko
まあクマ牧場行ったからと言って山中の対応までは学ばれへんと思うけど
とにかくパニックにならないことが大事

52: 名無しさん@おーぷん ID:4qJ
ヒグマに追いかけられるマウンテンバイク定期

53: 名無しさん@おーぷん ID:Lcw
九州にあるクマ牧場なら熊本にあるやつの1973年開園が最古じゃない?

56: 名無しさん@おーぷん ID:jZr
背中を見せたらいけない

57: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>56
誰が敵であろうと当たり前だよな

61: 名無しさん@おーぷん ID:ARZ
実家の近くの山道

引用元:https://i.imgur.com/2MGcOQR.jpg

picture

63: 名無しさん@おーぷん ID:jZr
今時の登山者は熊の習性知ってるから事故ないんちゃうか

65: 名無しさん@おーぷん ID:ICA
>>63
Tシャツハーフパンツにスニーカーで登山(断じてハイキングできるようなコースではない)して
遭難する馬鹿はほぼ毎年のように現れる

66: 名無しさん@おーぷん ID:6Vl
>>65
情弱は死んで当たり前やね
生きてることが奇跡や

68: 名無しさん@おーぷん ID:wBH
当時って熊に対する対処法があんま無かったんちゃうか?
ものを取り返さないとかはこの事件をきっかけにできたものだって聞くし


71: 名無しさん@おーぷん ID:ICA
全員初心者で行くな経験豊富なベテランor現地のガイドを連れていけ
ってのも当時は常識ではなかったんやろ


81: 名無しさん@おーぷん ID:Qmk
当時やと所詮ヒグマ程度の認識しかなかったんやろうな
九州やと危険な野生生物っていったらせいぜい猪くらいやし



【PR】 amazon prime会員特典で無料で楽しめるクマにまつわるコンテンツ







Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!