引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1609105972/


mountain-1237295_640


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:ovxw20Ff0
寒いなら戻ればよかったんじゃね?


Sponsored Link


おすすめ記事




[PR]先週まで9,000円近かったダウン600gのシュラフがセール特価7,454円‼やや低めの650FPで使用温度目安0℃~15℃。(在庫・金額はリンクから確認を)
軽量化にシビアな登山用途なら、もっと高額でFPが高くダウン量450g前後の商品を選択するべきですが、平地キャンプなら高い満足度を得られるでしょう。


[PR]チタンペグとしてはきっと最安値だろう 1本あたり162.5円。長さ165mm 直径3mmでわずか6gの超軽量。テントや小型タープには100均ステークよりこちらがベストでは?(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR]長さ200mm 直径8mmのステークタイプで 1本あたり333円。100均ステークとほぼ同じ長さで、重さは約1/3の40g/本!! 軽さの他にも堅牢さ腐食やサビへの強さからこちらを選んだ方が幸せかも・・・(在庫・金額はリンクから確認を)







2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:WIFATIIcd
戻れないから遭難なんだろ

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:ovxw20Ff0
>>2
そうなん?

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:BukCKjRW0
遭難するなら戻ればよかったよな

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:3cK+k5BI0
お前はいつになったら社会に戻れるんだ?

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:qYtKBw4f0
山を舐めるな

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:tGictVQ2d
冬山を登るのって楽しいのかね

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:WIFATIIcd
>>7
トムラウシ大遭難は冬じゃないが

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:tGictVQ2d
>>9
夏山か、勘違いしてたわ

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:3kYihSqU0
川に落ちて体濡らしちゃったのがアウト

7月16日(事故当日)   


10時ごろ、通常なら3時間のところを6時間近くかけて山頂下の北沼に到着した。北沼の様相は一変しており、大雨で沼から溢れた水が大きな川(幅約2メートル、水深は膝ぐらいまで)となり登山道を横切っていた。一行は川の中に立ったガイド乙とガイド丙の助けを借り何とか渡りきるが、パーティ全員が渡りきるまで吹きさらしの場所で待機することになり、多くの人がずぶ濡れになっていた。
その際、川に入っていたガイド丙は客を支えている際によろめいて全身を濡らし、低体温症の加速を促した。これが特にガイド間の情報共有・判断に影響を与え、後述するコミュニケーション不足にもつながっていった。

トムラウシ山遭難事故  Wikipediaより



14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:KwnrRysFd
ツアーで行くと正常な判断出来ないんだろうな

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:n6o55ASN0
すぐに戻れるような位置じゃなかったろ
あとヤバいと気づき始めた頃には既に低体温で動けない輩が続出してたから簡単に動けない
ちゃんとwiki見てた?

7月16日(事故当日)   


午前10時半ごろ、北沼の川を渡ったすぐ先の分岐手前で68歳の女性客fが低体温症のため歩行困難となった。ガイドらが懸命に体をさすったり声をかけたりしたが、ガイドらの声かけにもあまり反応しなくなり意識が薄れていった。渡渉時点では低体温症の典型的な前兆がなく、急激だった。

ガイド達がfの対応に追われている間、一行はガイドの指示によりその場で1時間から2時間近く待機させられた。
一行は座り込んだ人を囲んで風よけを作ったが、「寒い、寒い」と叫び声を上げる女性客も居た。さらに62歳の女性客dが嘔吐し奇声を発し始めたため、男性客Cはリーダー甲に対して「これは遭難だ。救援を要請しろ」と怒鳴った。

結局一行は男性客Dが所持していたツェルト(小型の簡易テント)を設営し、リーダー甲が歩行困難の女性客fに付き添うために残り、他のメンバーは先に進んだ。

前設営地から距離を置かずして女性客hが意識不明に陥った。ガイド乙はここで岩陰を探して所持していたツェルトを設営し、女性客に加えて歩行困難になった女性客2人と付き添いの男性客、ガイド乙(メインガイド)の計5人がこの場でビバーク(緊急野営)することとなった。

この場でも客から救助要請の要望が出たという。

トムラウシ山遭難事故  Wikipediaより




17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:ovxw20Ff0
>>15
途中でヤバいなって思ったら普通手遅れになる前に引き返すだろ

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:n6o55ASN0
>>17
繰り返しになるけどヤバいと気付いた頃には既に動けない輩が続出して簡単に動けない状況でどうしようもなかった
問題はヤバくなってからじゃなくて台風が近づいてたのに出発したガイドの事前の判断ミス

7月16日(事故当日)   


7月15日
3時ごろからごそごそする女性客にリーダー甲が注意。5時出発。天候は一変し朝から大雨で、風はなく体感温度は低くなかった。全員雨具着用。体調が悪いものはいなかったが、61歳女性客gだけはこの朝もスープとお茶のみであった。
パーティは忠別岳、五色岳、化雲岳を経由し、16キロの道のりをコース予定時刻よりも早い10時間弱で歩き、ヒサゴ沼避難小屋に15時前に到着した。この間天候が悪化し、登山道は川のようになっていて歩きにくく通過に時間を取られた。体の冷えを防ぐため、休憩は5分程度の立ち休みで進んだ。

ヒサゴ沼避難小屋で一緒になった静岡のパーティによれば、特別疲れた様子もなくわいわいと楽しそうにしていたという。しかし小屋の中は雨漏りだらけな上に充分なスペースもなかった。そのため濡れた装備を乾かすこともできず、ずぶ濡れの寝袋に包まって横になっただけであった。展望もない登山で泥道を長時間歩いたため、皆疲労困憊していた。19~20時ごろ就寝。

7月16日
午前3時45分起床。午前5時の出発予定であったが、天候悪化のため雨と風が強く待機。リーダー甲は天気の回復具合や出発直後の雪渓の登りを考慮し、出発を30分遅らせる判断をして全員に伝えた。
ガイド乙らはラジオで十勝地方の予報「曇り、昼過ぎから晴れ」と聞き、午後から天候は好転すると見越して出発を決定した。しかし、客の何人かはこの決定に不安を感じたという。

昨夜は吹き込む雨で寝袋が濡れた女性客は1日滞在しても命には代えられないと感じ、別の女性客も「こんな天候の日に行くのか」と感じ、別の男性客Bは逆に風雨は強いが出発するころには断続的になっていたことから不安はなかったとのちに述懐するなど、見方が分かれた。

5時半、リーダー甲が今日はトムラウシ山には登らず、迂回コースをとると伝える。「僕たちの仕事は山に登ることじゃなく、皆さんを無事山から下すことです」と説明した。なお避難小屋には同会社の別ツアーの客が午後に到着する予定であったため、炊事用具と10人用テント1張、4人用テント1張を置いていった。

トムラウシ山遭難事故  Wikipediaより



16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:FY0oXyY30
静岡グループは大丈夫だったみたいだし、このグループの構成にも問題あったんじゃね

7月16日(事故当日)   


出発からおよそ3時間後の8時30分ごろ、パーティはロックガーデンに到着した。ロックガーデンは北沼手前の一面の岩礫帯だが、ここまでですでに通常の倍近い時間がかかっていた。依然風雨が強く、岩場であるため足並みが乱れ始めながらもまだまとまって進んでいた。
9時30分頃、ロックガーデン途中で静岡のパーティが追い抜いていった。この頃から66歳の男性客Eの歩行がふらふらし始め、そのうちに気力を失い座り込むようになった。一行はロックガーデンが終わった先の沢状の窪地で風を避け休憩、食事と水分補給をした。その上の広い平らな場所で風がいっそう強くなった。

トムラウシ山遭難事故  Wikipediaより

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:8NfR+jnYd
ツアーだから目的地に行かないと怒る奴いるから

7月16日(事故当日)   


アミューズトラベル社がリーダーやガイドに対して、文言上は「現場では安全優先」と言っていたものの実際には経済優先のプレッシャーを感じさせ、安全が後回しになってしまう環境を放置していた。

  • こうした環境がリーダーやガイドによる天候判断のミスを誘発させ、結果として早めに引き返す決断をしなかった。
  • 帯広測候所によるとトムラウシ山頂では、事故当時は雲がかかり雨が降っていたとみられ、日中の気温は摂氏8 - 10度、風速は毎秒20 - 25メートルと台風並みだったとされる。
    生存者によると、「雨と風で体感気温は相当低く、リュックカバーが風で吹き飛ばされ、岩にしがみついて四つん這いで歩くような状態だった」という。
    旭岳の別パーティもこのパーティと同じ天気予報を聞いていたが、山の天気が平地より遅れてくるとの経験則から夕方まで荒れると見越して、中止の決断をしたことで遭難しなかった。

トムラウシ山遭難事故  Wikipediaより


20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:XE5OiBfdd
山なめんなって!

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:3kYihSqU0
ペロッ…

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:9nJ/EhG60
pdfとyoutubeも見るともっとよくわかるぞ

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:ovxw20Ff0
>>22
報告書みたいなヤツはついでに読んだわ

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:9nJ/EhG60
>>23
あれで低体温症が広く知られるようになったというのがよくわかる内容だったな

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:g6DRbndbr
お前だって本当にヤバいと感じるのはパンツにちょっと出てからだろ

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:gPUFzpyFd
>>25
おまえ例えが上手だなあよくわかったわ

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:3kYihSqU0
ガイド無能
客は初日から体調崩してる奴は帰れよ

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:s9N6L6Dh0
>>26
でも初日から体調崩してるやつ全員自力下山できてるじゃん

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:WIFATIIcd
雨具持ってなかった参加者も山を舐めすぎなんだよ

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:fWetE939M
普通さっさと山降りるよね🤭

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:mjgIqH+QM
リーダーって重要だよな

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:mjGLlxIar
夏にたてろ




Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!