引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/out/1531643855/


名称未設定


95: 底名無し沼さん (ワッチョイ 126.0.29.196) ID:viPmsEhc0
このスレが過疎った以上に、ニュース系板の登山者遭難のスレで栗城とか下山家という単語をあまりみなくなったことで、もう過去の人になってしまったんだなって実感する


Sponsored Link


おすすめ記事








80: 底名無し沼さん (スップ 1.72.3.155) ID:T71uk0Bhd
栗城を知った当時(もう7年くらい前)は純粋に山やってる視点からみて、こんな出鱈目に騙される人もいるのか、世界は広いなと思った
最近、自己啓発や情報商材屋の詐欺師の話をいろいろ聞くようになって、俺の見ていたものは氷山の一角でしかなかったと思うようになった
世の中腐ってんなほんと

81: 底名無し沼さん (アウアウウー 106.133.174.3) ID:3SS3sPFFa
たぶんこういった世界は一度輪の中に入ることが出来たら凄く居心地がいいんだろうな。
だって自分が破滅するまでずっと褒めてくれるんだもの。
その破滅までの時間をいかに先延ばしできるかの世界。

82: 底名無し沼さん (スップ 1.72.3.155) ID:RtFbMsoId
>>81
栗城の場合は最後に自分も破滅しちゃった
ある程度予想は出来てたとは言えリアルタイムで見てたから後味悪かったよな

83: 底名無し沼さん (スッップ 49.98.166.225) ID:Josvy353d
動画を見たら無駄に格好良くてワロタ。
やっぱり自分を魅力的に見せるのが上手い。

85: 底名無し沼さん (スップ 49.97.96.52) ID:pgl62SECd
>>83
いや、カッコよくないでしょ
歩いてる後ろ姿見てないの?
O脚のグニャグニャした歩き
自称体幹鍛えてる人間とは思えない

84: 底名無し沼さん (ワッチョイ 222.12.9.20) ID:2TExrF1/0
2012当時の自信に満ちあふれた(調子こいた)笑顔を見ていると、
その後の事を知っているから、思わず笑いがこみ上げてくる。
我ながら性格悪いなとwww

86: 底名無し沼さん (スップ 49.97.96.52) ID:pgl62SECd
>>84
絶頂期の栗城と言えばピッケルちんこの動画でしょうね
ニトリ、日清、グリコ、ミレー、MHW、名の知れた会社がいくつもスポンサーに付いて浮かれまくってた
まさにバブルだった

105: 底名無し沼さん (ワッチョイ 110.233.152.244) ID:num9OA7j0
偽りの灯は絶えたみたいだね

106: 底名無し沼さん (アウアウウー 106.133.162.43) ID:hspcpy2da
もう虚業を維持する体力も失くなったのかな

112: 底名無し沼さん (スプッッ 1.75.232.26) ID:plS0iFQPd
栗城死後の小林さんのインタビューのシーンで「垂直の記憶」という本が写ってた。この本には凍傷のヤバさとか高所順応の大切さが書かれているのだが。栗城は生前本当にこの本を読んだのだろうか?

114: 底名無し沼さん (アウアウウー 106.128.14.214) ID:Pbd3Umk+a
>>112
文字が読めたかどうかわからん

117: 底名無し沼さん (ブーイモ 210.138.6.243) ID:ADmn0jfPM
>>112
ああいう本は元々読む人が読みたいように読めてしまえるところがあるでしょ
生と死の分岐点なんかとは違って
それを何でも自分に都合のいいように解釈する栗城さんが読むわけだからね
それに飾り本だった可能性はあるよね

生と死の分岐点でも都合のいいように読んだかもね
指のほとんど失っても全然変りなく稚拙で厚顔無恥な詐欺師のままで死にに行った人だから
凄い人っているもんだ
理解不能
南無

116: 底名無し沼さん (ワッチョイ 110.233.152.244) ID:dVNcBsL00
本物のクライマーの本は、付け焼き刃の講演ネタを仕入れるために斜め読みしてたのでは。

132: 底名無し沼さん (ワッチョイ 222.12.9.20) ID:XpoaNFs90
栗城氏の生涯をノンフィクションで出版して欲しい、文藝春秋で。
20年後くらいに映画化されそう。

134: 底名無し沼さん (ワッチョイ 110.233.152.244) ID:pfTdi+Gt0
>>132
次第に行動が狂気を帯びていく様なんかは、結構ノンフィクションの題材になり得るけど、
如何せん一般の知名度が今ひとつだからなあ。

138: 底名無し沼さん (スップ 1.72.6.252) ID:kvI93Fznd


「山写」なる人物のこと   


先日、山岳写真の分野で経歴詐称事件が発覚しました。詐称していたのは、「山写」と名乗って山岳写真家として活動していた人物。顔と本名を公表していないので何者なのかがよくわからないのですが、ツイッターで1万人以上のフォロワーを抱え、各種企業とコラボして山岳写真のセミナーなども開催し、ある種のインフルエンサー的な存在となっていました。

一般にはあまり知られていないと思われるのですが、登山と写真両方に関心のある人たちにはそれなりに影響力と存在感を持っていたと思います。とくにここ一年ほどは、ファイントラックの山岳写真用ジャケットの開発に協力したり、ペンタックスとコラボしたセミナーが開催されたり、YAMAPで連載が始まったりなど、活動が本格化していました。

本人が自称している経歴は以下のようなもの:

  • 20代は海外で山岳写真の修行をつむ
  • 現在は海外の組織に所属する立場。日本の山岳風景の撮影と、山岳写真の啓蒙のため帰国して活動している
  • 自身の写真作品は海外で高額で取引されている
  • 登山実績も豊富。これまでにエベレスト、マカルー、カンチェンジュンガ、モンブランなど多くの海外高峰に登る
    フリークライミングもうまく、これまでの最高グレードはオンサイト5.12b
  • WEBディレクター/デザイナーとしての顔も持ち、さまざまなプロジェクトに参画してきた
  • 平湯温泉で各種広報、地方創生的な事業を行なってきた
年齢は30代と思われるのですが、こうして並べてみるとスーパーマンというか、そんな人いるの!?って感じです。【以下略】

「山写」なる人物のこと  森山編集所 登山ライター森山憲一のブログより

以前このスレでも話題にのぼってたけど、隊長を思い出さざるをえないよね。

139: 底名無し沼さん (ワッチョイ 110.233.152.244) ID:HKQnWh1g0
>>138
森山さんが「山で詐称ビジネスを行う人物」を追求する理由

真実を知りたいという欲求が人より強い&本当のことを伝えるのが専門家の仕事だろうと思っている
仕事上では何のメリットもないそうです

自分が大切にしている趣味の世界にこういう人がいてくれるのは嬉しい。
登山が仕事の人にとっては尚更だろう。

141: 底名無し沼さん (ワッチョイ 217.178.96.47) ID:ecFdI3Ic0
>>138
隊長以外にもこんな人が居たのですね。
一般素人にはウケはいいだろうけど
狭い業界では各関係者の信用問題に係るのでヒンシュクものですね。

140: 底名無し沼さん (ワッチョイ 58.190.112.13) ID:4V0DmF2F0
栗城史多のインチキを暴いた登山ライターが衝撃の告発「山写なるフォロワー1万の有名山岳写真家。彼の登山歴はデタラメ」

145: 底名無し沼さん (ワッチョイ 121.103.171.243) ID:4MmcwToj0
まぁ 顔も本名も公開してないし、山岳写真というジャンル内でコソコソやってたからな
正体不明でうまくやろうとしたが、ツイッターでホラ吹いてるのがバレた


158: 底名無し沼さん (ドコグロ 119.241.50.6) ID:hk3NE33EM

にたような奴はどこにでもいるもんだな。
こいつは大分マシだけど。ナショジオが全力で叩いてるwww

159: 底名無し沼さん (ワッチョイ 122.210.108.146) ID:q7QzI0Nv0
>>158
面白いね!

173: 底名無し沼さん (スッップ 49.98.165.231) ID:yOWhKe5fd

栗城史多さんのこと


「山写」という山岳カメラマンの登山歴が嘘っぱちだったと話題になっていた(のを今ごろになって知った)。

山写氏のブログは以前に何度か見たことがあって、風景写真の現像技術も含めてたいしたもんだなぁと単純に感心していたんだけど、まさか写真界のショーンKだったとは驚きだ。

「詐欺師は人を引きつける魅力的な物語を持っていて、素人がそれを見抜くのは不可能」といつも言っているけど、山写氏はその典型例だ。
インドの詐欺師連中もそうだし、栗城さんや小保方さんとも共通しているのは、その物語が面白くてつい引き込まれてしまうということ。人柄で判断してはいけない。

旅で経験したことを「盛りたい」という誘惑は誰にでもあって、一人旅なら誰も見ていないから「ま、これぐらいならいいか」と嘘や作り話を始めてしまうと、後戻りできなくなる。
8000m峰登山のように厳密な記録が求められる冒険ではなくても、やっぱり旅人も写真家も嘘をついてはいけない。

多くの人は「詐欺師の嘘は簡単に見抜けるはずだし、自分は騙されない」と信じている。
でも僕には「絶対に詐欺師には騙されない」という自信はない。栗城さんの嘘も、山写さんの嘘も、最初は見抜けなかったからだ。

人間の直感や洞察力には限界がある。そのことをいつも肝に銘じている。

世の中には何の罪悪感も感じることなく、平然と、息をするように嘘をつく人がいる。自分の嘘の物語に酔いしれ、嘘を嘘で塗り固める人生を送る人がいる。

栗城史多さん、小保方晴子さん、佐村河内守さん、日垣隆さん、ショーンKさん、山写さん。
とても興味深い人々だ。

特に栗城史多さんは嘘の大きさ、その影響力、そして自分の身を滅ぼした結果などを総合すると、インドのケチな詐欺師たちとは比べものにならないほどの偉大(?)な詐欺師だ。

栗城史多さんの人生には「盛大な嘘で多くの人を騙し続けて、最後は転落していった」という悲劇性と喜劇性が同居した、ある種のおかしみを感じる。

それも登山家として初期の段階でついた小さな嘘を嘘で塗り固めるうちに、降りるに降りられなくなったのだろう。気になった人は「栗城史多」で検索してほしい。【以下略】   

栗城史多さんのこと  写真家・三井昌志のブログより

この人のことは存じ上げなかったが、いい文章だった。

174: 底名無し沼さん (ワッチョイ 110.233.152.244) ID:PNvMsZth0
>>173
明快な論理で「詐欺師」の「必然的な結末」と断じてるのがいいね

178: 底名無し沼さん (ワッチョイ 217.178.96.47) ID:SST510MZ0
>>173
内容は納得するけど小保方をあの中に入れるのははちと違うと思う。
理化学研究所がよく確認もしないで研究成果として必要以上に持ち上げ宣伝した。
小保方自身は「時の人」に成るのを望んでいなかった。
他の連中は「時の人」になりたがっていた。

185: 底名無し沼さん (ワッチョイ 217.178.96.47) ID:SST510MZ0
>>183
読み返したらそれほどいい文章とは思えなくなったよ。
前半では嘘を嘘で塗り固めて云々と否定的ながら
後半部分は栗城に同情するような見解を述べてること、それが全体の2/3も占める。
炎上を嫌ったのか栗城ファンだったのかブログ主の立ち位置には違和感があった。
むしろ栗城ファンなら感情移入出来る文章だろう。

236: 底名無し沼さん (ワッチョイ 114.151.49.114) ID:RP9/Pd5W0
>>173
>栗城さんは著書では自己啓発もどきの口当たりの良い「失敗論」を語っていたが、

迷著『弱者の勇気』だな
情緒的な文章はともかく明らかな嘘があって反吐が出そうになった



678: 底名無し沼さん (ワッチョイ 111.89.53.143) ID:aprCx/mp0
栗城を死に追いやったという考えがもう何とも
毎年のようにヒマラヤ行ってたらいくら安全第一の隊長でもそりゃ死ぬこともあるだろう
なんでそんなとこでという死に方をした登山家も多いんだから
悲劇的なのは栗城じゃなくて騙されてた信者や糞みたいな人間の講演を聞かされた子供だよ

681: 底名無し沼さん (ワッチョイ 153.175.133.240) ID:KT+kHWXl0
>毎年のようにヒマラヤ行ってたらいくら安全第一の隊長でもそりゃ死ぬこともあるだろう
確かにこの視点は抜け落ちてるな
スイスマシーンと呼ばれた超人も高所順応の山で滑落死するわけで
死にきれなくて戻ろうと思ったとしても、命を奪いに来る場所だもんな
「自分で自分にけりをつけたのだ」みたいな感想は、美化が入ってると思う

679: 底名無し沼さん (ワントンキン 153.248.163.57) ID:HjBWy8yQM
北九州の高校生が講演でえらく感動して、このスレ来てショック受けてたな

680: 底名無し沼さん (アウアウカー 182.251.245.18) ID:ihsnPqqua
判断力の乏しい子供に自己啓発吹き込むとか鬼畜の所業だよ

684: 底名無し沼さん (スッップ 49.98.155.108) ID:eZqUDuROd
>>680
なんだっけ、自主制作映画を小中学校に送りつけて…とかいうことやってたんだっけ?

683: 底名無し沼さん (ワンミングク 153.251.249.55) ID:0w5olzj1M
夢教育に否定の壁って懐いな

685: 底名無し沼さん (ワッチョイ 180.56.214.158) ID:5wvjMsTH0
栗城の実態を知らなければ、割といい事は言っていたと思う

686: 底名無し沼さん (ワッチョイ 123.230.106.63) ID:1RlDs/em0
それだって自己啓発のパクりだったわけで

687: 底名無し沼さん (ワッチョイ 180.144.3.166) ID:7rAwsjRh0
自己啓発って基本的には当たり前のことしか言わないからな

688: 底名無し沼さん (オッペケ 126.167.67.251) ID:esie8X+wr
死ぬのは極端としても、再起不能の怪我を負って
山を止めるストーリーを考えていた可能性はあると思うんだよね
もうじり貧で追い込まれてたのは事実だし

689: 底名無し沼さん (ワッチョイ 223.134.215.40) ID:+UBwnF4J0
それを狙ったのが凍傷じゃないのか
河野氏も散々怪しんでいたけど、真っ直ぐな壊死はまあ普通はない

690: 底名無し沼さん (ワッチョイ 115.165.46.212) ID:r38tKag60
それこそ「夢は諦めなければ絶対に叶う」みたいな言葉を
講演会で話しまくってきたわけでしょう

691: 底名無し沼さん (ワッチョイ 5b46-OF3z) ID:IrdGt37h0
ヘリや病院でのドヤ顔と、その後切るまでの迷走を考えると本人の思い描いていた再起不能とはズレがあったんじゃないかなあ
汚い色水に手を浸してる頃の栗城の目はただ現実を否認してるように見えたし
やっぱり「足りない」人にしか思えないんだよね

692: 底名無し沼さん (ワンミングク 153.251.249.55) ID:WloC8TnrM
夢を十回口に出すと叶うで、十一回だと吐く
栗城よりずっと昔から使われている単なる言葉遊びを、自分の専売特許みたいに講演会でドヤってたな

でも初めて聞く中高生はそんなので栗城さんは凄いって感心する奴もいた

名称未設定






Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!