引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1605863722/


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
TV『熊が公民館に入り込み……建物を一時占拠……』

男「最近、こういう熊の出没事件が多いよな」

女「ホントね。山には餌が少なくて、人里に下りてきちゃうみたいだけど……」

熊「怖いですよね~」

男「……」

女「……」

熊「何か?」



Sponsored Link


おすすめ記事





4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:gcyCMLHmrHAPPY
いつから熊が喋らないと錯覚した?

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
男「何かじゃねーだろ、お前熊じゃん!」

女「そうだよ!」

熊「そうですけど」

男「熊が熊出没のニュース見て“怖いです”はないだろ!」

女「そうだよ!」

熊「そんなこといったって、怖いものはしょうがないじゃないですか!」

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
熊「いっときますけど、私はちゃんと居住権を持った熊です!」

熊「人間の言葉や文化を勉強して、厳しい試験をパスして、人里で暮らしていいって認可されたんです!」

男「ったく、どこのどいつだよ、認可したの……」

熊「環境省です」

男「ついにトチ狂ったか環境省」

女「それでこの町に来たはいいけど、住む場所が見つからなくて、私たちと出会って……」

熊「右も左も分からない私に、住む場所を提供してくれたあなたたちには感謝してます」

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:JKFdzJSRMHAPPY
ふむふむ

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
男(そう、この熊は極めて高い知能を持つ居候グマ……オスのツキノワグマだ)

男(今、俺たちは二人+一頭で暮らしている)

男「ま、居候といっても、きっちり働いて家賃も入れてくれてるし」

男「苦しい同棲生活してる俺らとしちゃ助かってるけどな」

熊「これで働いてなかったら、それこそホントの“クマのプーさん”ですよ!」

男「……」

女「……」

熊「あ、これ笑うところですよ」

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:3qK+iSKp0HAPPY
どんな仕事してるんだろ

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
朝――

男「さて、仕事行くか」

女「私も~」

熊「では私も行ってきます!」シャキンッ

男「……ったく、熊が一番真面目ってのもおかしな話だな」

男「そういや、熊ってどこで働いてるんだっけ?」

女「えーと、たしか……」

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:t3m+3sFCaHAPPY
クマった熊だ

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
部下「主任!」タッタッタッ

熊「なんでしょう」

部下「新しく開発したシロップの味を……ぜひ見て下さい!」

熊「うーむ……」ペロッ

熊「悪くはありませんが……もう少し糖度を抑え、粘度を低くした方がよいでしょう」

熊「シロップは甘ければいいというものではありませんから」

部下「分かりました!」

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
部下「これはいかがでしょう?」

熊「どれ……」ペロッ

熊「うん、とてもよいです。甘さもクリーミィさもどれをとってもパーフェクトなシロップです」

熊「これなら売れます!」

部下「ありがとうございます!」

無事、この新商品は売れ――

熊「上手くいってよかった……」ホッ

熊はハチミツやシロップのメーカーに勤めているのである。

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
女「あれ? 仕事持って帰ってきたの?」

男「ああ、誰でもできる単純なデータ入力なんだけどな。数が多すぎるんだ」カタカタ

男「……」カタカタ

男「……」カタカタ


男「あーあ、熊の手も借りたいなぁ」チラッチラッ

熊「……」

熊「……」ヌッ

男(手伝ってくれそう! こいつ熊のくせに俺よりパソコンできるもんな!)

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
熊「……」ノソノソ

バタン…

女「外行っちゃった」

男「なんで?」



熊「熊手買ってきました!」

男「手伝ってくれよ!」

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
女「今日は私と熊で料理作ったよー」

男「お、いただきまーす」

女「これは私が作ったの」

男「おお、うまいうまい」モグモグ

熊「これは私が作りました」

男「うんま! なにこれ、天才じゃね!?」

女「うぐぐ……熊に料理で負けた……」

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
男「今日は町内運動会だ!」

女「コロナ流行ってるのに、よくやるよねー」

熊「次の徒競走には私が出場します!」

女「頑張ってねー」

男「あいつ、足速いのかな」

女「調べたら、熊って足速いらしいよ。時速30~40kmは普通に出すんだって」

男「マジ? だったら楽勝じゃん!」

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
ヨーイ… パァンッ!

熊「ほっほっほっ」ノソノソ…

熊「いやー、皆さん速いですねえ」ノソノソ…




男「おっそ!」

女「なんで二足歩行で走っちゃうの!?」

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
熊「ダントツでビリでした……」ガックリ

女「まあまあ、はいお弁当」

熊「ありがとうございます」

男「わざわざ二足歩行で走ったのはやっぱりアレか? 四足で走るのはフェアじゃないと思ったから?」

熊「四足……?」

熊「あ……! みんな二足で走るからつい……!」

男「釣られただけかよ」

女「ネット上でも熊はよく釣られるもんね」

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:DPDwc1obrHAPPY
クマー!

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
ある日――

男「パトカーだ」

女「単なるパトロールって感じじゃないね」

熊「何か事件でもあったんでしょうか?」

パトカー『この町に熊が出没しました。くれぐれも外出しないようお願いします』ブロロロロ…

男「マジか!」

熊「私のことでしょうか!?」

女「いや、きっと他の熊に違いないよ……れっきとした野生の熊ってやつ」

男「外出しないようにって、既にしちゃってるよ俺ら……」

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
男「ま、まあ……心配ないって!」

男「この町は広いし、俺たちが熊と出くわすわけないよ」


熊「ですよね!」

女「それこそ宝くじに当たるような確率だよねー」

男「心配ない! このまままっすぐ家に帰ろう!」

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
野生熊「グルルルルル……!」

男「……」

女「……」

熊「……」

男「出た!」

女「出た!」

熊「出ぇたぁぁぁぁぁ!!!」

男「お前が一番驚いてどうする!」

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
野生熊「ガルルルルル……!」

男「やべえよ……メチャクチャ興奮してらっしゃる。赤カブトの親戚かよ」

女「ど、どうしよう……!?」

熊「死んだふりはどうでしょう?」

男「いや、情報が古すぎる! 熊に死んだふりは絶対やっちゃダメらしいぞ!」

熊「たしかに……私が死んだふりをしてる人を見かけたら、心臓マッサージしちゃいそうです」

男「熊の心マとか絶対受けたくねえ……」

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
熊「スマホで調べたら出てきました! 熊の倒し方が!」

男「マジかよ!」

女「お願い、すぐに説明して!」

熊「分かりました。まず、熊が後ろ足で立ち上がって攻撃してくるのを待ちます」

熊「その後、熊の素人丸出しのテレフォンパンチをダッキングでかわして――」


男「絶対死ぬやつじゃねえか、それ!」

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
野生熊「ガオオッ!」

女「きゃあああっ!」

男「ダメだ、今にも襲いかかってきそうだ!」

熊(怖い……! 怖いけど……!)

熊(私を受け入れてくれた二人を、死なせるわけにはいかない!)

熊「二人ともどいて下さい! 私がこの熊と戦います!」

男「お前ってやつは……!」ジーン…

女「死なないでね!」

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
熊「では、交渉開始!」

熊「ガルルルルル、ガオオオ、ガル、ガル、ガル」


野生熊「グルルルルル、ガルルルルル、ガオオオオオ」

熊「ガルルル? ガルルル、グオオオオ、ガルル」

野生熊「ガルルルル! ガルルル、ガアアアア、フゴフゴフゴ」

男「戦うって交渉かよ!」

女「クマ語の交渉なんて初めて見た……」

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
熊「ふぅ……」

野生熊「……」ノソノソ

男「熊が帰っていく……」

女「どうなったの?」

熊「ハチミツ1リットルで交渉成立です」

女「意外と甘党だったのね……」

熊「それと山に戻ったら、仲間にも人里に下りないよう説得すると約束してくれました」

男「ガルルとかグルルだけでそんな高度な交渉したんかい」

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:tChonQW90HAPPY
これは好き

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
男「だけど、おかげで助かったよ」

女「ありがとう!」

熊「いえ、恩返しができてよかったです」

熊「くまったことがあったら、遠慮なくいって下さい!」


男「……」

女「……」

熊「あ、これ笑うところですよ」

――――

――

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
やがて、二人は結婚――

ワァァァァ… パチパチパチパチパチ…

男「お集まり下さった皆様、ありがとうございます!」

女「とっても嬉しいです! 幸せになります!」


司会者「さあ、いよいよお二方にはケーキ入刀をして頂きます」

司会者「今回はケーキをお二人のお知り合いの方に、用意して頂きました。どうぞ!」

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:z83RsLVY0HAPPY
ガラガラガラ…

熊「お待たせしました!」

男「待ってたよ!」

女「おいしそ~!」

熊「私がお二人に送るのはもちろん……ハチミツたっぷりの特製ケーキです!」



おわり

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:DFGOGJqcrHAPPY

こんな熊なら家に来て欲しい

38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:Xa6XWscD0HAPPY
誰も不幸にならなかったね

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:P5SEup9N0HAPPY
乙面白かった

41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:JbAMgfkF0HAPPY


広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!



よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ