引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1605536729/


1: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
どう考えてもワンゲル同好会なんだぢょなあ

【福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件】

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件は1970年(昭和45年)7月に北海道静内郡静内町(現・日高郡新ひだか町静内高見)の日高山脈カムイエクウチカウシ山で発生した獣害事件。

若い雌のヒグマが登山中の福岡大学ワンダーフォーゲル同好会(のちにワンダーフォーゲル部へ昇格)会員を襲撃し、3名の死者を出した。
福岡大学ワンダーフォーゲル同好会ヒグマ襲撃事件、福岡大学ワンゲル部員日高山系遭難事件とも呼ばれる。

事件の経緯


計画 福岡大学ワンダーフォーゲル同好会所属の学生A(リーダー、20歳)、B(サブリーダー、22歳)、C(19歳)、D(19歳)、E(18歳)の5人は1970年7月12日9時に列車で博多駅を出発し、14日に新得駅へ到着した。
14時半に芽室岳へ入山。そのまま芽室岳からペテガリ岳へ日高山脈を縦走する計画だった。


予兆
25日、中間地点であるカムイエクウチカウシ山 (標高1,979m)の九ノ沢カールでテントを張ったところ、ヒグマが現れた。
ヒグマがいない九州から来た彼らは恐れることなく様子を見ていたが、ヒグマが荷物をあさりだしたため音を立てて追い払い荷物を取り返した。
しかしその夜、再びヒグマが現れテントに穴を開けた。
身の危険を感じた彼らは交代で見張りを立てたが、その後は現れなかった。

26日の早朝、ふたたびヒグマが現れテントを倒した。

Aの指示でBとEが救助を呼ぶため下山を始めた。

その途中で北海学園大学のグループや鳥取大学のグループに会ったので救助要請の伝言をし、BとEは他の3人を助けるため山中へ戻った。

ヒグマの襲撃

BとEは昼ごろに合流し、5人でテントを修繕した。
16時ごろ、寝ようとしていた彼らのもとにヒグマが現れ居座った。

彼らは鳥取大学のテントへ避難するため、九ノ沢カールを出発し歩き続けた。
しかし、鳥取大学や北海学園大学のグループはヒグマ出没の一報を受け、すでに避難したあとだったため、仕方なく彼らは夜道を歩き続けた。

不幸にもヒグマは彼らを追いかけ、追いついた。
ヒグマはまずEを襲い絶命させた。
Cは他のメンバーとはぐれてしまった。彼らは一目散に逃げ、その夜はガレ場で夜を過ごした。

27日早朝、深い霧が出ていたため視界は悪かった。
下山する途中でヒグマはまた現れた。


Aがターゲットとなりそのまま襲われて死亡した。
BとDは無事下山し、逃げ延びた2人は五の沢砂防ダムの工事現場に駆け込んで車を借り、18時に中札内駐在所へ到着した。

救助隊

仲間とはぐれたCは鳥取大学グループが残したテントに駆け込み一夜を明かしたが、27日の8時ごろにヒグマに襲われ死亡した。
Cは死ぬ直前まで様子や心境をメモに書いていた。

28日、十勝山岳連盟の青山義信を現場隊長とし、帯広警察署署員や十勝山岳連盟、猟友会などからなる救助隊が編成された。
さらに帯広警察署は、カムイエクウチカウシ山などの日高山脈中部の入山を禁止した。

翌29日、早朝から捜索していた救助隊は14時45分ごろに八の沢カールの北側ガレ場下で2人の遺体を発見した。
遺体は九州から捜索に加わっていた福岡大学ワンダーフォーゲル同好会会員によってAとEであることが確認された。

29日16時半ごろ、ヒグマは八の沢カール周辺でハンター10人の一斉射撃により射殺された。
亜成獣(3歳)の雌であまり大きくはなかった。

30日にはCの遺体も発見された。
雨天で足元が悪いことから遺体を下におろすことができず、31日17時に八の沢カールで3人の遺体は火葬にされた。

 八の沢カールには追悼のプレートがかけられ、そのプレートには「高山に眠れる御霊安かれと挽歌も悲し八の沢」と追悼の句が記されている。

 3人を殺害したヒグマは解剖されたが、体内からヒトや持ち物などは確認されなかった。
このヒグマは剥製にされ、中札内村の日高山脈山岳センターに展示されている。(以下略)







Sponsored Link


おすすめ記事



109: 名無しさん@おーぷん ID:pFQ
>>1
スレ主はアホなのか
どう考えても三毛別のほうがやばい


三毛別羆事件

三毛別羆事件(さんけべつヒグマじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村三毛別(現:苫前町三渓)六線沢で発生した、クマの獣害としては日本史上最悪の被害を出した事件。

三毛別事件や六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれる。

エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。
事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事態は終息した。

【事件の経緯】

事件の現場となった北海道三毛別六線沢は、日本海の沿岸から内陸へ30kmほど入った地区である。地名の「三毛別」は、アイヌ語で「川下へ流しだす川」を意味する「サンケ・ペツ」に由来する。
なお、六線沢の住民は東北などから移住してきた人々で、元々住んでいた人はいない。

池田家の騒動

1915年(大正4年)11月初旬のある夜明け前、六線沢の池田家に巨大なヒグマが姿を現した。
飼い馬が驚いて暴れたため、そのときの被害は保存食のとうもろこしに留まった。

村は開拓の端緒にかかったばかりの土地でもあり、このような野生動物の襲来は珍しいものではなかったが、主人である池田富蔵(いけだ とみぞう)はぬかるみに残った足跡の大きさ(約30cm)に懸念を持った。


11月20日、ふたたびヒグマが現れた。
馬への被害を避けようと、富蔵は在所と隣村から2人のマタギを呼び、3人で待ち伏せることにした。


30日、三度現れたヒグマに撃ちかけたが、仕留めるには至らなかった。その夜、長男・富吉 (とみきち)や妻に留守を頼み、次男・亀次郎(かめじろう・当時18歳)を加えた4人で鬼鹿山方向へ続く足跡を追い血痕を確認したものの、地吹雪がひどくなりそれ以上の追撃を断念した。

マタギたちは、件のヒグマは「穴持たず」という、何らかの理由により冬眠し損ねたクマであると語った。
さらに足跡の巨大さから「このクマはあまりの巨体のため、自分の身に合う越冬穴を見つけられなかったのではないか」と推測し、「穴持たず」となったクマは非常に凶暴であることを付け加えた。

明景家の惨劇

(中略) ヤヨは屋外へ逃げようとしたが、恐怖のためにすがりついてきた勇次郎に足元を取られてよろけてしまう。

そこへヒグマが襲いかかり、背負っていた梅吉に噛みついたあと、3人を手元に引きずり込んでヤヨの頭部をかじった。
だが、直後にヒグマは逃げようと戸口に走っていく要吉に気を取られて母子を離したため、ヤヨはこの隙に勇次郎と梅吉を連れて脱出した。


追われた要吉は物陰に隠れようとしたが、ヒグマの牙を腰のあたりに受けた。
要吉の悲鳴にヒグマは再度攻撃目標を変え、7人が取り残されている屋内に眼を向けた。

ヒグマは金蔵と春義を一撃で撲殺し、さらに巌に噛みついた。

このとき、野菜置き場に隠れていたタケがむしろから顔を出してしまい、それに気づいたヒグマは彼女にも襲いかかった。
居間に引きずり出されたタケは、「腹破らんでくれ!」「のど喰って殺して!」と胎児の命乞いをしたが、上半身から食われ始めた。
(以下略)





3: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
100年も前の話なんやから誇張されまくっとるやろそもそも

4: 名無しさん@おーぷん ID:4A2
一番は喰われながら電話する娘だぢょ


シベリアのカムチャッカ-Kamchatsky半島で、 2011年8月13日の日中、森林でヒグマ(brown bear)が人を襲い、 男女2人(父+娘19歳)が死亡する事件が起きた。

英文ではbrown bear=ヒグマ

地元民の話では、 川原で住民が休んでいたところに、 突然森からヒグマが現れ、人に襲い掛かった。
現地ではここ1年ヒグマが人を襲った例はなかった。
この事件、 実は想像を絶する前代未聞の悲惨なできごとだった。

犠牲者の2人は、一緒に釣りに出かけた。
①オルガ・モスカヨワ Olga Moskalyova、娘19歳と
②継父(けいふ、ままちちStepdaughter)の イゴール・チガネンコフIgor Tsyganenkovで、
襲ったのは母ヒグマと3頭の小熊だった。

先にイゴールが襲われ、首の骨を折られ、頭を割られて死亡し熊に食われていた。 それを草むら越しに見たオルガは60mほど逃げたが熊に捕まり、 襲われたオルガは、自分が熊に食べられている最中の、 絶望的な状況の中で母親に携帯電話を掛け助けを求めたのだ。

電話を受けた母親が冗談だと思ったその内容は、、、

第1回目の携帯電話:
「ママ、熊が私を食べている。ひどく痛い!、、ショックで死にそうだ!」というものだった。

同時に聞こえてくる獣の息遣いなどから、 やっと現実を理解した母親は、 娘オルガの近くにいるはずの夫イゴールが、すでに死んでいるとは、 想像も出来ず電話をするが応答は無い。

あわてて警察に電話をした時、娘オルガから2度目の電話が入った。

第2回目の携帯電話:
弱弱しい声で「ママ、熊が後ろにいる。戻って3頭の小熊を連れて来て、彼らが私を食べている、」

その電話も途切れ、最後になった電話は、 最初(第1回目)の電話から1時間後で、熊はすでに立ち去っていた。

目前の死を悟ったのだろう「ママ、もう噛まれていない。痛みも感じない、、今までのことごめんなさい。すごく愛している、、。」

これが彼女オルガの最後の電話だった。

それから半時間後、 警官と”父親の兄弟”ら数人が現場についたが、 目にしたのは、まだ夫イゴールを食べている熊の姿と、 無残な姿で死んでいる娘オルガだった。

その後、 駆けつけたハンター6人によって、 母熊と3頭の小熊は射殺された。
 娘オルガは最近音楽学校を卒業し、数日前に運転免許を取ったばかりだった。
二人は2011年8月17日埋葬された。




5: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>4
@それロシアやんけ

6: 名無しさん@おーぷん ID:ext
>>4
これマジ?すっげえ悲しいな

7: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
学生が一人ずつクマに食われていく状況のほうが
映画みたいでリアリティあってコワイやんけ!aku

10: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
三毛別←100年くらい前
ワンゲル←50年くらい前
電話クマ←10年くらい前

11: 名無しさん@おーぷん ID:QJV
三毛別しか知らん

12: 名無しさん@おーぷん ID:WUD
動物保護団体の人がクマと友達になろうとして食われた話すこ

15: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>12
グリズリーマンかな

17: 名無しさん@おーぷん ID:WUD
>>15
それや
名前思い出せんかったサンガツ



[PR] amazon prime video prime会員特典で無料視聴できる。
野生生物保護活動家のティモシー・トレッドウェルがアラスカで非武装でグリズリーと暮らした記録をヴェルナー・ヘルツォークが描く心に迫るドキュメンタリー映画

13: 名無しさん@おーぷん ID:7f0
外に熊いるからテントで夜明かすで!
朝になったしもう大丈夫やろ→まだ熊いるやん
この絶望感よ

16: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>13
ほんこれ

14: 名無しさん@おーぷん ID:xJT
電話熊は実はだとは思えんのやが

18: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>14
まあロシアの話やし多少はね

20: 名無しさん@おーぷん ID:fGv
三毛別すらわからん

21: 名無しさん@おーぷん ID:QJV
三毛別は結核になったクマが
夜這いしてた相手に嫌われて
悪口言われるようになったから夜中に村人殺しまくったやつやろ

24: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>21
なんか混ざってて草

27: 名無しさん@おーぷん ID:QJV
>>24
昨日立ってた十津川村かなんかのとかぶる

22: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
どうぶつ奇想天外用にええ映像撮ったろ! まあ誰もいないけど
ここまでは来ないやろうしリスクは犯さないとね
なお

23: 名無しさん@おーぷん ID:xJT
現代なら熊の怖さを知らない都会人による猟友会への抗議の電話も怖い話やな

26: 名無しさん@おーぷん ID:MGp
>>23
知床で車からヒグマにエサやってるバカとかな

38: 名無しさん@おーぷん ID:Cl4
>>26
熊を凶暴化させて知床に観光客が立ち入らないようにして環境を守る活動やぞ

25: 名無しさん@おーぷん ID:IhO
三毛別はマジであのデカさなんかね?
怖すぎるわ

28: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>25
あれも誇張やで
日本のヒグマなんてせいぜい3m500㎏程度よ

31: 名無しさん@おーぷん ID:IhO
>>28
三毛別のはそれでも2.7mはあるんやろ
デカすぎやろ

29: 名無しさん@おーぷん ID:QJV
電話線切ったから
連絡が遅れたんよな

30: 名無しさん@おーぷん ID:fGv
>>29
クマ賢すぎて草

32: 名無しさん@おーぷん ID:z8b

39: 名無しさん@おーぷん ID:Db3
妻だと思ったら熊だった爺さんの画像はよ

40: 名無しさん@おーぷん ID:VAU
>>39
これ気になる

41: 名無しさん@おーぷん ID:xJT
>>39
なつかC

42: 名無しさん@おーぷん ID:QJV
とんだボケをかますんやな

43: 名無しさん@おーぷん ID:tGS


44: 名無しさん@おーぷん ID:Csv
どう考えてもシナリオとしては三毛別の方が上

51: 名無しさん@おーぷん ID:l1r
>>44
あれ生き残った息子がマタギになってるのポイント高い

52: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>44
ないわ
誇張されすぎやねん

66: 名無しさん@おーぷん ID:Csv
>>52
誇張されたかどうかなんてお前にわかるはずないやん

74: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>66
いやウィキとかって明らかに誇張したような書き方しとるやん
葬式に来たやつとかただ餌がそのあたりにあると知ってたから
来ただけやのに「死体を取り返しに来た」みたいに誇張されとる

85: 名無しさん@おーぷん ID:Csv
>>74
それをいうならワンゲルかてそうやん

86: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>85
せやけど古い分三毛別のほうがその傾向が強い

98: 名無しさん@おーぷん ID:Csv
>>86
そんなんお前のさじ加減やん

101: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>98
いや明らかに客観的に見て三毛別は編集臭さがある

47: 名無しさん@おーぷん ID:i6A
マレーシアのマレーグマだったか何処だか忘れたけど、女子3-4人がクマを無視してたら立ち上がってちょっかいだそうとしてたTweetがあったなぁ

48: 名無しさん@おーぷん ID:QJV
>>47
ガン無視するやつやったか
こわいよな

49: 名無しさん@おーぷん ID:i6A
>>48
せやせや


53: 名無しさん@おーぷん ID:MGp
ワンゲル部は荷物捨てて逃げれば助かった

56: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>53
あの荷物揃えるためにどれだけ金かかったか考えれば
簡単に捨てられへんやろ

58: 名無しさん@おーぷん ID:MGp
>>56
十万かそこらと自分の命どっちが大事やねんて話やが

60: 名無しさん@おーぷん ID:xJT
>>56
それに熊の執着心って当時は知ってる奴殆ど居ないやろしなぁ

57: 名無しさん@おーぷん ID:8QU
>>53
それは全部を知ってるから言えるセリフやん

62: 名無しさん@おーぷん ID:MGp
>>57
せやね
後だしじゃんけんやったわすまん

54: 名無しさん@おーぷん ID:kYB
女の子がテントを襲いにきた熊を妹と勘違いして蹴り食らわせた話すこ

55: 名無しさん@おーぷん ID:Db3

https://i.imgur.com/7mG5glX.gif
覇王色のイッヌ

59: 名無しさん@おーぷん ID:Jft
お前ら熊さんを敵視し過ぎやぞ
シートン動物記のイエローストーンの子グマを読んでからこのスレに帰ってこい

61: 名無しさん@おーぷん ID:WRv
そろそろウィキ名作披露するお時間ですよ

63: 名無しさん@おーぷん ID:0Et
ツキノワグマも大概やぞ

72: 名無しさん@おーぷん ID:MGp
山でイノシンに追いかけられたことあるけど泣きそうになった

75: 名無しさん@おーぷん ID:OPn
>>72
イノシシは牙の位置が的確に人の腿突けるのがヤバいわ

84: 名無しさん@おーぷん ID:MGp
>>75
腿刺されて出血多量で毎年何人も死んでるよな
怖い

76: 名無しさん@おーぷん ID:T2R
ワンゲルは初耳

82: 名無しさん@おーぷん ID:1JM
ワンゲルは熊相手にやってはならんことフルコースでやってもうたからしゃーない

88: 名無しさん@おーぷん ID:0Et
ワンゲルのおかげで熊の生態が判明したからな

90: 名無しさん@おーぷん ID:6rv
手記残ってるのが怖いわ
これの一件でクマ対策が世間に広まったらしいな

93: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>90
そういう現代にも通じる生々しさが上やねん

95: 名無しさん@おーぷん ID:MGp
>>90
コピー見たことあるけど
血のあとが生々しかった

91: 名無しさん@おーぷん ID:WRv
クマて散弾銃きかんらしいな
どんな防御力なんやろ

94: 名無しさん@おーぷん ID:1JM
>>91
頭蓋骨は当たり方次第で銃弾も弾く

92: 名無しさん@おーぷん ID:fWg
でも数年前90のジジイがクワでイノシシ撲殺してたよな
武器あれば勝てるかも

97: 名無しさん@おーぷん ID:kgs
電話クマって食われてる自分を実況したやつか」

102: 名無しさん@おーぷん ID:0lq
>>97
せや

106: 名無しさん@おーぷん ID:5op
バキとかで素手でクマを倒した男とかやるからほんまに倒せると思ってるやついそうやんな

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!



よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ