引用元: https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1602942305/


1: きつねうどん ★ ID:CAP
https://i.kobe-np.co.jp/news/sanda/202010/img/b_13785498.jpg
神戸新聞NEXT

森に住むシカは食べ物の乏しい冬場に、好物でない常緑樹の葉や毒草などを食べていることを、兵庫県立人と自然の博物館(同県三田市)や京都大学の研究グループが突き止めた。

餌とする植物がないのに絶滅せずに生きている理由はこれまで明らかにされておらず、成果は森林の保全対策に役立つという。論文は15日、国際科学誌に掲載された。

研究グループによると近年、ニホンジカが全国的に増えて森林の食害が進み、地肌がむき出しになるなどして生物多様性が衰退しつつあるという。

そこで同館の中浜直之研究員(30)らが2015、16年度、京都府南丹市にある京都大の研究林で季節ごとにシカのふんを計約180個採取。DNA構造を調べたところ、夏から秋には好物のカエデ、コナラといった落葉広葉樹の落ち葉や枝を食べていたが、冬から春には毒があるユズリハなどの低草、もしくは好まないはずのスギなどの常緑樹を食べていた。

季節で餌を変化させることが判明したことで、今後個体数が増えても、人間が柵を設けるなどの対策をしない限り、植生の衰退は止まらないことが分かった。中浜研究員は「森林を維持するには、より積極的に個体数を管理する必要がある」と話した。(小森有喜)

https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/202010/sp/0013785497.shtml

【詳しくはリンクから】



Sponsored Link


おすすめ記事




[PR]先週まで9,000円近かったダウン600gのシュラフがセール特価7,454円‼やや低めの650FPで使用温度目安0℃~15℃。(在庫・金額はリンクから確認を)
軽量化にシビアな登山用途なら、もっと高額でFPが高くダウン量450g前後の商品を選択するべきですが、平地キャンプなら高い満足度を得られるでしょう。


[PR]チタンペグとしてはきっと最安値だろう 1本あたり162.5円。長さ165mm 直径3mmでわずか6gの超軽量。テントや小型タープには100均ステークよりこちらがベストでは?(在庫・金額はリンクから確認を)


[PR]長さ200mm 直径8mmのステークタイプで 1本あたり333円。100均ステークとほぼ同じ長さで、重さは約1/3の40g/本!! 軽さの他にも堅牢さ腐食やサビへの強さからこちらを選んだ方が幸せかも・・・(在庫・金額はリンクから確認を)



2: Ψ ID:zRnxUrmy
生きるために何でも食べるだろ

3: Ψ ID:9c6UBmvP
俺も生きるためにはブスでも食べる

9: Ψ ID:std7wUFY
>>3
ガキを作る為だろ

4: Ψ ID:gYuTzTcD
シカたなかった

5: Ψ ID:mzA645+x
毒食ってる鹿肉なんて食べていいのけ

7: Ψ ID:xhOk+VJL
キョウチクトウの葉っぱも食うのか?

8: Ψ ID:96LMpc0E
本当に毒なのかなあ


広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!




よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ