引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/out/1602074633/


1: 底名無し沼さん ID:Sn6CbT4l
因みに今週末も行く
台風め



8: 底名無し沼さん ID:0PmDc0YW
>>1 
俺も100回くらい登山してるけど、魅力がわからん

2: 底名無し沼さん ID:5ysgnLX3
50回くらいでだんだんわかってくる 
80回あたりでやみつきになってきて 
120回くらいでもうやめられなくなる 
150回くらいいくともう中毒症状出てる

Sponsored Link


おすすめ記事



3: 底名無し沼さん ID:Gpyqjl27
俺は一回で病みつきになったけど。好きじゃないんじゃね?

4: 底名無し沼さん ID:uzx/I++G
回数じゃなくて行く場所
北アルプスや尾瀬ヶ原に行ったら病みつきになる

7: 底名無し沼さん ID:hMLs5pNw
>>4
俺はむしろ北アルプスの人の多さに萎えた

5: 底名無し沼さん ID:VgqqIsKy
誰がやっても面白い遊びなど無い。
時間は貴重なので、もっと面白い事をやればいい。

6: 底名無し沼さん ID:HIuIs+5+
ワイは60回で分かったで(^_^;)

9: 底名無し沼さん ID:1ItVmFKF
面白い=腹抱えて笑う
ではないんやで

10: 底名無し沼さん ID:WIBbOfbW
ただの苦行

11: 底名無し沼さん ID:ms1F8js2
登り始めとか今日なんできたんだって思うし
下山で足痛いときはもうやめるかとか思ってる
山頂でコーヒーがうまいとか別にない

だけど帰ってきたらまたいくかってなってるな

12: 底名無し沼さん ID:vQ/LMXKQ
>>11
なる
下山中は確かに足痛いけどそれも含めて登山だから
冒険ゲームみたいなもんなのよ
痛くない疲れないじゃ初心者ゲームと一緒で面白くないからな
難易度をクリアするっていう面白さが登山はある

14: 底名無し沼さん ID:KkbsAccE
>>11
その気持よくわかる
オレも40回以上山に行ってるけど、行くたびにもうやめようと思いながら、また行く
その繰り返し

13: 底名無し沼さん ID:qkYgQXYi
30回ってことはまだ一年未満か

そんなんで面白さがわかるわけがない

15: 底名無し沼さん ID:5OxfoQJw
結局、30回も続いてるじゃん

16: 底名無し沼さん ID:/ECAYUwP
嫌いなら3回も行かない

17: 底名無し沼さん ID:gXHCeYzX
嫌よ嫌よも好きのうちだな
嫌々30回も続いてるなら既に嫌いではない

18: 底名無し沼さん ID:1eHJyx1I
友達と思ってたのに実は好きだったみたいな安っぽい恋愛みたいだな
行くのやめたらきづくんじゃない?好きだって

20: 底名無し沼さん ID:kmLe8iZb
登山をレジャーだと思うから嫌になるんだろ
登山はレジャーじゃなくてスポーツだと思いなさい
登山がカラオケやパチンコと近いとは思わないだろ
マラソンやサッカー、格闘技のほうが登山により近い
マラソンは苦しいけど好きでやってる人は多い 登山も同じ

23: 底名無し沼さん ID:SpM1cOc4
雄大な景色を自分の五感で感じる事が
最大の魅力ではないかね。。

なので森の中をひたすら歩く低山は
若干微妙だと思う。
都会に長く住んでると自然がある事自体に驚きと楽しさを感じるね。

24: 底名無し沼さん ID:A6GXzPFT
低山も気持ちよくなってきたなあ
1時間くらいで丁度いいわ

25: 底名無し沼さん ID:nZHg1WIg
低山の魅力は人に会わない事だと思うな、一日歩いても熊くらいにしか会わない
あとはボルダリング、ブッシュクラフト、小屋泊、日帰り長距離、ナイトハイク、雪山だ
ソロだ、山岳会だと間口を広げると飽きずに楽しめて面白いかと思います

広告 amazon primeなら
会員特典対象の作品が見放題 !!

エベレスト ベテランガイドのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)とスコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)は互いの隊で協力体制を組み、世界最高峰のエベレストの頂上を目指す。

MERU/メルー 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ挑戦は失敗に終わった。

劔岳 点の記 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける

岳(ガク) 日本有数の名山・北アルプス山系。島崎三歩は山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。本格的な冬シーズンが訪れたある日、雪山で猛吹雪により多重遭難が発生する。

銀色のシーズン 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている"雪猿"たち、城山銀(瑛太)、小鳩祐次(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は、賭けスキーやスキーの当たり屋などをして周囲の人々に迷惑ばかりかけている

PEAK HUNT 東野登山隊 東野幸治の本気の登山にカメラが潜入!! 東野幸治、天津木村がガチで挑む完全登山ドキュメント。司会者として多忙を極める彼が、今一番ハマっているのが「登山」。

立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ 絶大な人気を誇る世界有数の山岳観光ルートを映像旅行!ケーブルカー、ロープウェイ、そしてトレッキング...。変化に富んだ移動手段と絶景を楽しみながら3,000m級の山々を横断!



よろしかったら応援クリックお願いします

      ブログランキング・にほんブログ村へ