引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1637738776/

George_Mallory_1915
British climber George Mallory by Unknown パブリック・ドメイン

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:ybrblwSp0
ヤッホー言いたいから


Sponsored Link


おすすめ記事


ミニマムなソロキャンプ向けの焚火台、アルコールストーブ用ゴトクなど使い道が広がるチタン製ウッドストーブが33% OFFの¥2,599でセール中


山専ボトル/アルパインサーモボトルに匹敵する保温能力で鳴り物入りで登場したHEXARですが、驚きの68% OFFの処分価格¥1,580


在庫・金額はリンクから確認をお願いします。


ジョージ・マロリー   


【エベレストへの挑戦 第3次遠征隊】
1923年、アメリカ合衆国での講演活動を行ったマロリーは、1924年の第3次遠征隊にも参加を要請された。

1922年同様隊長はブルース将軍が務め、副隊長にはノートン大佐が選ばれた。58歳のブルース将軍にとって年齢的にこの山行が最後のチャンスだろうと思われていた。隊員として経験者のジェフリー・ブルース、ハワード・サマヴィルが選ばれ、さらにベントリー・ビーサム、E・O・シェビア地質、地質学者でもあったノエル・オデール、マロリーと最期を共にする事となるアンドリュー・アーヴィンらが選ばれた。

ジョージ・マロリー  Wikipediaより


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:zhshnndMa
山頂で食う飯が美味いんスよ

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:cqK5ZNIBp
天国に近づきたいからさ

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:6Y+EJmXWM
理由なんてねえよ

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:I0xiXy20d
何度も同じ質問されてて答えるの面倒くさくなった結果じゃなかったか

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:lryauixG0
完全に安全な死と隣り合わせたいから

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:nWFNrieX0
登るとねぇ…貰えるんですよぉ!金が!!

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:wTf17lN1r
>>11
スポンサーは山登りのどこに期待してるのかな

ジョージ・マロリー   


その途中、標高8,077m付近でオデールはふと顔を上げ、雲が晴れ上がって頂上が青い空の中に現れるのを見た、そこで目にしたものを彼は生涯忘れることがなかった。

この時オデールは2人がセカンドステップにたどり着くところを見たと語った。オデールの証言以外にこれを証明するものはなく、彼らがセカンドステップにたどり着いたのかどうかわからない(ファーストステップ周辺には空の酸素ボンベや1933年に見付かったアーヴィンのアイス・アックスがあった)が、逆に言えばたどり着かなかったという証拠もない。その後、2人の姿は山中に消えた。

オデールが午後2時に第6キャンプへ到着した頃、風雪が強かった。しばらくして戻ってくる2人が吹雪でキャンプを見付けられないといけないと考えたオデールは、テントを出て口笛を吹いたりヨーデル風の歌を歌ったりしていたが、人の気配はなかった。下山する2人のための用意を終えたオデールは、4時半に第6キャンプを後にした。下りながらオデールはたびたび山頂方向を眺めたが、下山する2人の姿はついに見ることができなかった。第4キャンプまで下りて1泊した明くる日の6月9日、オデールは再び第5キャンプから第6キャンプへ向かったが、人が入った形跡はなかった。モンスーンの接近のため、遠征隊は2人をあきらめて山を下りることになった。

マロリーとアーヴィンは、おそらく6月8日あるいは6月9日に命を落としたのであろう。今や国民的ヒーローとなっていたマロリー遭難のニュースは、イギリス中に大きな衝撃を与えた。10月17日に行われたマロリーとアーヴィンの追悼式は、国葬のような規模でセント・ポール大聖堂において行われ、列席者の中には時の首相ラムゼイ・マクドナルドや国王ジョージ5世をはじめロイヤル・ファミリーの姿もあった。
ジョージ・マロリー  Wikipediaより



12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:vT6T3ohS0
空気かな

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:B8XHE/lA0
マロリーさん……

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:x/zSojgHM
街の中は何もかもが低すぎる

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NbFVK7X2M
しつこい記者にいらだって適当なこといったんよな

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:5EShadWIa
ゆるキャン見たから

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:WjyW9mzpM
死に場所を求めて

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:GQP0ct1xa
自然の園だと思って行く

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:enARgg/fa
ここが山じゃないからだ

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:T0w11DFn0
これめっちゃしつこく聞かれてイライラしてて答えたらしいな


ジョージ・マロリー   


【そこにエベレストがあるから】
マロリーの言葉として広く知られている”Because it's there.”を日本語で「そこに山があるから」と翻訳するのは誤訳であり「そこにエベレストがあるから」と訳すべき言葉である。

誤訳の起源 登山家の藤木九三(1887-1970)が、その著書「エヴェレスト登頂記」において、『名登山家ジョージ・マロリーは、知人から「なぜ命がけでエヴェレストに登るのだ?」と尋ねられた時に、何気ない様子で「山があるからだ」と答えたと伝えられる。』という記述があり、これが日本における初出である。 藤木九三の三男で探検家の藤木高嶺(朝日新聞カメラマン)は朝日新聞の2004年3月6日付で「父は戦前、英国に留学し、欧米の登山界に通じており、昭和29年(1954年)に「エヴェレスト登頂記」という本を書き、その中でマロリーの言葉を「そこに山があるからだ」と訳した。「山」は厳密にはエベレストを指すのですが、まあ意訳ですね。」としている。 ジョージ・マロリー  Wikipediaより



[PR]エヴェレスト初登頂の謎を解く可能性を秘めた古いカメラ。深町誠は、その行方を追う途中、ネパールで“毒蛇”と呼ばれる日本人に会う。彼がネパールに滞在する理由とは!?