引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1635452305/


equipment-914_640


1: 湛然 ★ ID:CAP

https://news.yahoo.co.jp/articles/218076d2c3bb2fa4efb4c7968155e8bf98b15d4d

生涯功労賞は、岩壁や雪と氷の壁を登る「アルパインクライミング」の世界で長年活躍したクライマーが対象。過去には、8千メートル峰14座を初制覇したイタリアのラインホルト・メスナーさん(77)ら偉大な登山家12人に贈られた。


【全文はリンクから】


Sponsored Link


おすすめ記事



12: 名無しさん@恐縮です ID:lN95ZpC50
>>1
伊豆に引っ越してたのか
奥多摩の熊に恐れをなした?

16: 名無しさん@恐縮です ID:TSle1Fx/0
>>12
遭難しかかった後、療養の為市毛良枝の別荘(伊東)に滞在してたけどその縁かね

17: 名無しさん@恐縮です ID:TgfSaE8r0
寒いからだろ。城ヶ崎もあるしな

2: 名無しさん@恐縮です ID:Un934EnM0
ネパール人がK2制覇したのに無視とは

4: 名無しさん@恐縮です ID:tbMp1dz50
山野井夫妻のドキュメンタリーを
たまにBSでやってるけど
凍傷で指がほとんどないのに絶壁登ってくの
すげーよな

5: 名無しさん@恐縮です ID:l97RuRDT0
山野井夫婦はガチ

6: 名無しさん@恐縮です ID:qI/5SNAG0
燐隊長が誉めていただけあるな

15: 名無しさん@恐縮です ID:TK44Ft9e0
ゴルゴでお名前だけは知っているが、顔ははじめて見た

8: 名無しさん@恐縮です ID:aApVEqeO0
>>6
先に言われてて草

18: 名無しさん@恐縮です ID:Ub/Ig5Vx0
>>6
極地法なんて登山家の恥だ!

燐隊長


燐隊長(りんたいちょう)とは、中国が誇る世界最高峰の山岳部隊の創設者であり、隊長である。この山岳部隊は世界最高峰であるヒマラヤで活動することもあり、世界で公には知られていないが、その実力はフランスやスイスの山岳部隊にも勝るとも劣らないとされる。

主にヒマラヤ山脈や2ちゃんねるで活動を展開しており、世界でもごく少数しか習得していないアルパインスタイルを操っていたが、1996年5月に没。

【アルパインスタイル】
短期速効法(速攻の誤変換?)と訳され、長年体力と技術を鍛錬し続け、さらに高所トレーニングを積んだものだけが習得できる。 人間の生存能力を超えた7000メートル級以上の山でも、これを習得すれば7日間は生存できる超人的登山法である。
エベレストでこれを操れるものは20人程度しか居ないが、燐隊長はこれを習得しており、エベレストや2ちゃんねる各地のスレの>>9の単独登頂にたびたび成功している。
また、20人以上の援護を受け2人だけが頂上を目指せる極地法に極度の嫌悪感を見せる。

【語録】
「極地法など登山家の恥だ!」
 〜 エベレストでは極地法でも死者を出すという部下の発言 について、

  「何度も日本隊と合同で登ったが、クライミングが粗雑で極地法しか出来ぬ未熟で馬力のない連中だ!」

 〜 日本人の登山技術についての部下の質問 について、

 「まてよ、世界に評価された日本人が二人いた。フリークライミングの平山、それに冒険登山家の山野井だ! あの二人は、確かに、超一流だが……」

 〜 上の発言 について、

 「どうやらサウスコルに向かったらしいな……世界一高いゴミ捨て場が、お前の墓場だ、ゴルゴ13!」

 ~ サウスコルに向かったゴルゴ13の足跡 について、

「中国山岳部隊の燐隊長が>>9に単独登頂したぞっ」

 〜 2ch各地のスレの>>9に単独登頂 について、

燐隊長  アンサイクロペディアより


9: 名無しさん@恐縮です ID:muyuZHqV0
今回は生涯功労賞部門だからで、ピオレドール賞自体は初のじゃないじゃん

7: 名無しさん@恐縮です ID:lZ7ySSZI0
下山家とは違うのだよ、下山家とは!

19: 名無しさん@恐縮です ID:XmI8RSWz0
奥さんもすごい人だよね 

20: 名無しさん@恐縮です ID:TgfSaE8r0
むしろ奥さんのほうがすごいよね。両手の指がなくてもカムやハンマー使いこなすし
もともとアルパイン勢はミトンしててもある程度ロープワーク出来るぐらいには器用だけど、それにしても。


山野井 妙子   


山野井 妙子(やまのい たえこ、1956年 - )は、日本の登山家。旧姓は長尾妙子。夫は同じく登山家である山野井泰史。静岡県伊東市在住。

【登山歴】

  • 1982年、笠松美和子と共に、グランドジョラス北壁ウォーカー稜を、女性としては冬季初登攀。
  • 1991年
    7月30日 東京都岳連隊(川嶋保幸隊長)としてブロードピークに無酸素登頂。チームメンバーは小西浩文、山野井泰史ら7名。
    10月7日 ベルニナ山岳会隊の石坂工と共に、ヒマラヤのマカルーに無酸素登頂に成功するも、下山中に嵐に巻き込まれたため、8100m地点で二日間の露営を余儀なくされる。石坂隊員が凍死。山野井は命は助かったが、重度の凍傷によって、手の指を第二関節から先の10本全てと、足の指8本の切断の重傷を負う。
  • 1993年7月31日 ガッシャーブルムII峰 に無酸素登頂。チームメンバーは小西浩文、山野井泰史、戸高雅史。
  • 1994年9月4日 遠藤由加とのコンビでチョ・オユーに遠征。ヒマラヤ屈指の難ルートで知られる南西壁をアルパインスタイルで登頂。直前に別ルートで単独登頂した山野井泰史に続き南西壁の第三登(スイス・ポーランドルートの第二登)を果たす。
  • 2002年 夫の泰史と共にヒマラヤのギャチュン・カン北壁で雪崩に遭う。この時に二人とも重度の凍傷になり、妙子はさらに指を深く切断する重症、泰史は両手の薬指と小指、右足の全ての指を切断する重傷を負う。

山野井 妙子  Wikipediaより