引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1634294554/


symbol-ge5774973c_640


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:SdXypNVk0
人間がぎりぎり勝てるライン


Sponsored Link


おすすめ記事



[PR]鳴り物入りで登場したHEXARですが、いまや山専ボトルの半額以下で‼ 品質はユーザレビューで確認を。管理人も買いました。(在庫・金額はリンクから確認を)
山専ボトル/アルパインサーモボトルに匹敵する保温能力ながら驚きの1,480円‼(ローズレッド)


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:CDC1AZd+0
分かる

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:eUmJMhkq0
月マークが弱点っぽい
銃弾撃ち込んだら死にそう

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:h0Ge29SI0
空手家が倒すのは全部ツキノワグマだぞ
倒すって言っても打撃でびびって逃げるだけで本当にやり合ったらどうなるかわからんけどね
ヒグマは出会ったらおしまい

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:A0+a9t/V0
むりむり
まず打撃とか関節とか一切効かないから
ワンチャン唯一あるのは目潰しくらいじゃね

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:SCOrIyS20
>>6
???「急所の鼻に一突き」

いや、無理だろ

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:h0Ge29SI0
>>7
急所の鼻に一突き

急な痛みにびびって逃げる(可能性がある)
だぞ
空手家は全部このパターンだろ

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:IAIOhTT0M
>>6
金的は?

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NZZ45VaV0
>>6
概ね同意だが間接が効かないってのはわからん
極らないのか決まっても折れないのか折れても平気なのか

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NZZ45VaV0
無理だぞ
命のやり取りをしたことないだろ

秋田「人食いグマ」 3頭生存か 他の5地域も警戒を


秋田県鹿角市の山林で、タケノコ採りの男女4人が相次いでツキノワグマに襲われて死亡し、遺体の一部が食べられていた衝撃的な事件から間もなく2年になる。

現地で追跡調査を続けてきたNPO法人「日本ツキノワグマ研究所」の米田一彦理事長(70)は、人の体を食べていた5頭のうち、今年も3頭が生き残った可能性が高いとみている。
鹿角市以外にも、同様の事故・事件が危惧される地域が東日本に5か所あり、十分に注意してほしいと呼びかけている。本格的な山菜採りシーズンを前に、米田理事長に緊急報告してもらった。

事件の概要は次のようなものだ。

タケノコ採りシーズン中の16年5月21・22・30日に60~70歳代の男性がクマに襲撃され、遺体で発見。6月10日には70歳代の女性がクマに襲われ、遺体で見つかった。4人の遺体にはクマに食べられた痕があった。

女性が遺体で発見された6月10日の第4現場付近では、体長1m30cm、体重70キロの雌グマが射殺された。胃の中から人体の一部が見つかったことから、4人を殺害したのはこのクマだという見方もあった。

しかし、クマの社会では体の大きな雄が優位にあり、第4現場近くを移動する大型のクマが目撃されていたため、私はこのクマこそが“主犯”ではないかと推測。

鹿角市の頭文字をとって「スーパーK」と名づけ、行方を追っていた。


現地で追跡調査と聞き取り調査を行った結果、第2現場(5月22日)で男性を襲ったのはスーパーKと名づけた若い雄グマではなく、その母グマで、当時子連れだった「大きな赤毛の雌グマ」(推定体重120キロ)と推測。

それ以外の3人はスーパーKが殺害したと結論づけた。

スーパーK(推定4歳、84キロの雄グマ)は16年9月3日に田代平で駆除された。

人間を襲撃し、食害したクマはこの2頭を含め、計5頭いたと考えられる。
人を襲い食べたクマは、再び人間を襲う危険性がきわめて高い。

では、その後生き残った3頭のクマはどうしているのだろうか。(以下略)

秋田「人食いグマ」 3頭生存か 他の5地域も警戒を  読売新聞オンラインより


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:pHoUrxQj0
ムリムリ
https://i.imgur.com/Fas7TUE.jpg より引用

picture

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:7foRx2g20
>>12
こわ…

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:X5kShsK60
>>12
かわいい

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:pHoUrxQj0
突然の暴力がマレーグマを襲う

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:pHoUrxQj0

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:MFx+YQQv0
>>15なんかわろた

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:2lCpcFFdK
目に土投げたら勝てるだろ

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:upi1AdZL0
無理言うなよ体重300kgはあるぞ

乗鞍岳クマ襲撃事件


乗鞍岳クマ襲撃事件は、2009年9月19日に、阜県と長野県の県境に位置する乗鞍岳で発生した、野生のツキノワグマによる襲撃事件。観光客として乗鞍岳を訪れていた人々のうち10人が、次々にクマに襲われ、重軽傷を負う惨事に発展した。なお、メディアや文献においては、「事件」ではなく「事故」と表記しているものも多い。

事件の発生・初の被害者
2009年9月19日午後2時20分頃、乗鞍岳に属する魔王岳の登山口付近にある、畳平バスターミナル(ひだ丹生川乗鞍バスターミナル)では、当時連休中ということもあり、1,000人以上もの観光客が集まっていた。

観光客の1人である68歳の男性A(以下Aと表記)は、妻とこの地を訪れ、カメラで風景を撮影していたところ、突如、魔王岳中腹からクマが全速力で走ってくるかと思うと、バスターミナルに向かって猛スピードで下ってきた。Aはとっさに逃げようとするも、クマの鋭い爪は、Aの肩から腹にかけてと左膝を激しくひっかき、Aは重傷を負った。Aの命は幸運にも無事であった。

登山者を襲う
続いてクマは登山道に移動し、女性登山客B(以下Bと表記)を攻撃。
周囲にいた登山客らは、クマに石を投げるなどしてBを助けようとしたが、クマは落ち着く気配がない。また、登山客の1人であった66歳の男性C(以下Cと表記)は、Bを救出すべく自分が持参した杖で、力の限りクマの頭を殴るが、それが原因でクマを刺激してしまい、今度はCが反撃された。クマはCの顔面に向かって前脚を強く振り下ろし、Cは歯と右目を失う重症となった。Cも命は無事だったが、顔や頭の骨など数ヶ所を骨折していたため、大規模な手術を受けざるを得ないまでに負傷した。

様子を見ていた周りの観光客も、襲われている人達を助けると逆に自分が犠牲になるかもしれないため、手が付けられなくなっていた。

銀嶺莊経営者の被害
そして、畳平バスターミナルに隣接する宿泊施設「銀嶺莊」を経営する59歳の男性D(以下Dと表記)は、クマが出たという騒ぎを聞きつけ、様子を伺っていた50人ほどの観光客に「クマが向かってくるかもしれないので、ツアーの方は乗ってきた観光バスの中に、その他の方は近くの建物の中に避難してください」と注意を呼びかけた。そもそもこの地域は、クマが出没するのは年に2、3回程度であり、それほど多くないと考えられていたため、自治体は特別な対処をあまり行なっていなかった。しかし、Dは、万が一クマが出没した際の恐ろしさは頭に浮かんでいたため、このように自主的な措置を取っていた。しかし、事態はこの後もさらにエスカレートし続ける。

Dと、銀嶺莊の職員である男性E(以下Eと表記)は、クマが観光客らを襲う光景を目にすると、共にクマの至近距離まで接近し、音を立てるなどしてクマの注意を逸らそうとした。しかし、クマは人間に対してさらに敵意を表し、すぐにEに襲いかかる。Dはなおも音を立てたが、それによってクマの標的はEからDへと転換し、これで5人目の被害者となった。それに気づいたDの息子F(以下Fと表記)は、Dを襲い続けるクマを力一杯蹴り付け、Dを助けようとしたという。後にFは、「父が死ぬかもしれないと思って必死だった。次にクマが自分を襲うことなど一切考えなかった。」と語った。
勇敢な行動を取ったFに対し、クマが反撃しようとしたその瞬間、警備員が運転する軽トラックが、Fとクマの間に突然入ってきたため、Fはクマに襲われずに済んだ。クマの目を盗み、Fは父であるDを救出した。Dはクマの襲撃で重症を負い、命は助かったが120針を縫う大規模な手術を受けたという。

被害者の救護
バスターミナルでは、1階にある部屋1つを、応急処置用の臨時救護室として封鎖した。そこに、クマの攻撃により負傷した人々が殺到した。しかしながら現場には医師・看護師がおらず、治療は不可能だった。また、119番通報により救急車を要請したが、畳平バスターミナルが位置するのは標高2702 mの地点であり、日本で最も標高の高いバスターミナルであったため、救急車もすぐには到着できなかった。

パトロール員を襲う
Fらが襲われている間、周囲にいた観光客らは怒号や悲鳴を上げ、駐車場のバスやタクシーはクラクションを鳴らし続けてクマを威嚇した。また、現地の環境パトロール員が軽トラックを運転し、クマに接近させクラクションを鳴らし続けた。

これに怒ったクマはトラック相手に攻撃を仕掛けるも、うまくいかないことに気づいたのか、今度はパトロール員達が集まる駐車場管理人の詰所を襲った。詰所内にいた3人のパトロール員は慌てて外に避難し、詰所の中にはクマだけがいる状態となったため、軽トラックを運転していたパトロール員は、トラックを詰所の入り口を塞ぐように駐車させ、クマを閉じ込めようとした。しかしこの策は失敗。クマは詰所の窓ガラスを割って逃げた。

バスターミナル館内へ侵入
狂ったように暴れるクマは畳平バスターミナルの正面玄関に突進した。ターミナルの建物内には、現場にいたおよそ100人もの観光客が避難しており、。入り口はクマの侵入を防ぐために、机や椅子などでバリケードは作っていたものの、後からの避難者への配慮によりシャッターは下ろしていなかった。そのためクマはバリケードを破壊し、大勢の人々が殺到するバスターミナル館内に侵入。再び暴れ、クマはその場にいた女性のバス運転手の左耳に噛みつき、重傷を負わせた。また、女性からクマを引き離そうとした従業員ら3人も、引っ掻かれたり噛みつかれたりして負傷した。

ターミナル館内で働く職員G(以下Gと表記)は、客から渡された消火器を持って近づくと、勢いよく泡を噴射した。クマはそれまで、館内の食堂にいたが、消火器による攻撃に驚き、食堂の隣にある土産物屋へと逃げた。Gはとっさに、食堂と土産物店を仕切るシャッターを閉じ、クマを土産物屋の中に閉じ込めることに成功した。最初の被害者であるAが襲われてから40分が経過していた。

乗鞍岳クマ襲撃事件  Wikipediaより