引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1632752387/


hand-g2da1900ab_640


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:q/JsqoKZd
世田谷かな

世田谷一家殺害事件


犯人の手がかり

 【犯人の特徴】
以下に犯人の特徴を列記する。詳細については「警視庁特捜本部のサイト」および「事件の詳細についての資料 (PDF) 」も参照のこと。

  • 犯人は犯行時に手を負傷しており、そのときに現場に残された血液から血液型はA型ということが判明している(殺害された一家にA型の人間はいない)。また、同じく血液から犯人の性別が男性であることも分かっている。
  • 血液からは向精神薬や風邪薬、覚せい剤などの薬物反応は出ていない。また、たばこも吸わない人物である。
  • 被害者宅の冷蔵庫にあったビールには手がつけられていなかった(一方で、犯人は冷蔵庫の麦茶を飲んでいる)。
  • 被害者の傷跡などから犯人は右利きの可能性が高いことが分かっている。
  • 犯人の指紋は渦状紋である。指紋は被害者宅から十数個発見されている(過去の犯罪者の指紋データと合致しない)。
  • 服装などから犯人は身長170センチ前後の可能性がある。また、ヒップバッグのベルトの長さから胴回りは70〜75センチのやせ型と推定されている。
  • 警視庁がまとめた犯人像に1965年から85年生まれ(事件当時15歳から35歳)というものがある。これは、犯人が2階の浴室の窓から侵入する際、公園のフェンスから2階の窓まで上っているなどの身体的理由によるものである。一方、2018年5月には現場に残されていた遺留品のうち、犯人が長期間使用していた形跡のあるヒップバッグの販売期間(1995年9月〜1999年1月)・内容物(学生時代によく使用される蛍光ペンなどの痕跡)・ベルトの長さ(長さ83センチで胴回りは70〜75センチと推定)やマフラーのサイズ(長さ約130センチで10代半ばの平均的な首回りにフィット)などから、警視庁が犯人像を「事件当時15歳から20代[注 3]の細身の男性」に絞ったことが明らかとなった。
  • 警視庁の2,000を越える犯罪者指紋データからこの犯人が特定できないことから、この犯人は犯罪歴がない可能性があるとみている。
  • 犯行時の行動などから、性格は大胆で図太いながらトレーナーを畳むなど几帳面な部分も持ち合わせている。
【DNA】
現場に残されていた血液のDNAからルーツをたどる人類学的解析により、父系がアジア系民族、母系には欧州系(地中海)民族が含まれることが判明(産経新聞 2006年10月16日付)した。「日本人には少ない型」とする専門家の声もある(朝日新聞 同年12月31日付)。

2006年当時のDNA型鑑定によって、母系を示すミトコンドリアDNAのハプログループはアドリア海や地中海の南欧系民族にみられる「アンダーソンH15型」(アジア民族にはみられない)、父系を示すY染色体は日本人よりもその他のアジア系民族に多い「ハプログループO2a2b1* (O-M134*)」であることが判明した。このO2a2b1*の分布頻度は日本人 (東京) の約33人に1人、中国人の約10人に1人、韓国人の約5人に1人である。

特別捜査本部では犯人が「アジア系含む日本国外の人」または「混血の日本人」である可能性も視野に入れて捜査している。また、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、日本国外の捜査機関に捜査協力を求めている(毎日新聞 2008年5月25日付)。


世田谷一家殺害事件  Wikipediaより


Sponsored Link


おすすめ記事



[PR]鳴り物入りで登場したHEXARですが、いまや山専ボトルの半額以下で‼ 品質はユーザレビューで確認を。管理人も買いました。(在庫・金額はリンクから確認を)
山専ボトル/アルパインサーモボトルに匹敵する保温能力ながら驚きの1,480円‼(ローズレッド)


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:1qSM+/nE0
ケネディ

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:L1kqy+sea
むつ小川原コインの目的

存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材


「むつ小川原国家石油備蓄基地開発事業記念」コインとは

「むつ小川原国家石油備蓄基地開発事業記念」コインとは、直径は約40ミリ、厚さは約2ミリ、重さは25グラム程度のコイン。表面が金色に輝いているのが特徴で、500円玉と比べると二回りほど大きく、表面には石油タンクや煙突などがデザインされており、裏面には「日本国」「千円」の文字とともに、青森県をイメージしているとみられる県の形や青森県の県鳥「白鳥」が描かれています。

Twitterユーザーのハリジャンぴらの(@harizyan_pirano)さんが投稿したことからネット上で話題となりましたが、財務省は「いわゆる貨幣ではない」、造幣局は「発行の記録がない」とねとらぼの取材に回答したほか、コインに描かれている「むつ小川原国家石油備蓄基地」の統合管理業務を行う、石油天然ガス・金属鉱物資源機構「JOGMEC」の担当者は、コインの存在自体は把握していたものの、当時の関係者に心当たりがなかったことからこのコインを「10年、20年に一度、忘れたころに現れる亡霊のような存在」と評価するなど、謎が深まっていました。

(以下略 続きはリンクから)

存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材  ねとらぼより


4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:fEEuBZ4+0
和泉元彌ダブルブッキング事件

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:sc/GnXem0
カアイソウ

【未解決事件】カアイソウ、トミダノ股割レ…怪文書を徹底再解読! 加茂前ゆきちゃん失踪事件の謎を探る!


「ミゆキサンにツイテ

ミユキ カアイソウ カアイソウ
おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ
コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ トオモイマス

股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウ ニツトめた
イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ 裏口ニ立ツヨウニナッタ
イま(ゑ)ハー ケータショーノチカクデ 四ツアシヲアヤツツテイル


ツギニ
スズカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ
アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ アサヤントオもう。
ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きくワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイタ。
感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動イ(略)」


……以上、見るからに電波臭が漂う内容となっているが、もし万が一、これが同事件の謎を解く鍵となり得るものであるとするならば、愉快犯による怪文書の類と断ずるのは些か早計というものだ。そこでここからは、可能な限り筆者の推測を交えつつ補足・修正したものと、筆者なりの見解をご紹介したいと思う。

(以下略 続きはリンクから)

【未解決事件】カアイソウ、トミダノ股割レ…怪文書を徹底再解読! 加茂前ゆきちゃん失踪事件の謎を探る!  TOCANAより

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:cyVEeQy1M
熊取町


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:F4StF+hN0
ワシボン騒動

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:pdr8PazL0
お参りしに行った主婦が消えたやつ

本当にあった恐怖の神隠し事件 1998年5月赤城神社主婦失踪事件


標高1828メートルの赤城山は群馬県を代表する名峰で、ゆるやかに広がる山裾が印象的である。その中腹に三夜沢赤城神社はある。創建は平安時代で、平将門の乱(939~940年)を鎮圧した藤原秀郷も参拝したことで知られ、そのことにより多くの武将たちに崇拝されてきた神社でもある。

この歴史ある神社で事件が起きたのは、1998年5月のゴールデンウイーク中のこと。千葉県に暮らしていた主婦の志塚法子(当時48歳)さんは、夫、義理の母、叔父、叔母、娘、孫の7人で参拝のため神社を訪れていた。ちょうどその頃、神社へと続く参道はツツジの名所としても知られていて、ゴールデンウイーク中ということもあり、多くの人で賑わっていた。

しかし、その日の天気は雨。そのため、神社への参拝は叔父と夫だけが行くことになり、法子さんら5人は車の中で待機していた。だが、しばらくすると法子さんも参拝に行くと言いだし、賽銭代の101円だけを持って、2人の後を追うように神社の方へと向かった。法子さんが車を出た直後、娘が子どもをあやすために車外に出たが、その時、法子さんの姿を目撃。法子さんは参道へと向かわず、駐車場から神社へと続く林道の中で佇んでいたという。

この娘による目撃を最後に法子さんは忽然と姿を消し、そのまま家族の元へは戻って来ていない。家族は付近を捜したが見つけることはできず、すぐに警察に通報。地元の消防団も含めた大規模な捜索が10日間にわたって行われたが、法子さんは現在も見つかっておらず、いまだに真相は分からないままである。

(以下略 続きはリンクから)

本当にあった恐怖の神隠し事件 1998年5月赤城神社主婦失踪事件  exciteニュースより


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:n2CEZ1YM0
わらび取り

長岡京ワラビ採り殺人事件


長岡京ワラビ採り殺人事件とは、1979年5月23日に京都府長岡京市の山中で主婦2名が殺害された事件。「長岡京主婦二人殺害事件」とも呼ばれる。
有力な情報も得られないまま捜査は難航し、1994年5月24日に公訴時効が成立した。

【事件の概要】
1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーマーケットでパートをしていた主婦2人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された。

直接の死因は主婦A(当時43歳)が絞殺、主婦B(当時32歳)が刺殺。2人のリュックには、それぞれ空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであった。検死の結果、死亡時刻はどちらも正午過ぎから午後2時半頃までと判明。 どちらも金を奪われた形跡はなかったが、主婦Aの衣服のポケットから、

「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」

と鉛筆で走り書きをした勤務先のスーパーのレシート(日付は事件当日より2日前)が発見されたが、どちらの荷物にも衣服のポケットにもこの鉛筆がなかった。(中略) 

【もう一つの事件】
事件から約5年後、同市で主婦Cが首や背中をメッタ刺しにされた上、布団に包まれた状態で火を点けられて殺害されるという残忍な事件が発生した。警察がこの事件とワラビ採り殺人事件の関連性を調べていたことが判明して、次のような噂が出現した。

主婦Cはかつて最初の事件当日、主婦AやBとワラビ採りに出かけたが、先に一人で下山したので殺害から免れた。マスコミと警察は報道協定を結んで、主婦Cの安全のため彼女の存在を公表しなかった。後日、主婦Cは何らかのトラブルでワラビ採り殺人の真犯人に殺された。

長岡京ワラビ採り殺人事件  Wikipediaより


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:i9wTIEsY0
人体発火現象

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:UUa0Z4nq0
ファティマ第三の予言の真実

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:I85MoQ730
鮫島事件

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:nQQRzacn0
下山

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:F5qc7DJhd
高校の時俺の財布から1万盗まれた事件

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:sc/GnXem0
>>21
すまん

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:/uL9U0Ov0
うちの親父が蒸発した理由


おすすめの関連記事