長文になるけれど、猟師をしていた曾祖父から聞いた話。

曾祖父の生まれた場所は、山奥の寒村で、高祖父は猟師だった。曾祖父は幼い頃から、父である高祖父と共に山々を歩き回って暮らした。

曾祖父の村に、源三と言う猟師の男がいた。源三は猟師の癖に、滅多に獲物を持ち帰らない男だった。

変わった男で、とにかく明るい。意地の悪さや暗いところがないと言うので、村の人間、特に女衆からの受けが良かった。

ただし、若い男や猟師仲間からは小馬鹿にされていた。曾祖父も、源三のことは余り好きではなかった。だが、不思議と高祖父は源三を可愛がっていた。

ある時、村の5歳の男の子が行方不明になった。当時は神隠しは珍しいものではなく、その時も、男の子を最後に見かけたのが山の入り口だったと言うので、人々は神隠しだと囁き合った。

曾祖父の村では、神隠しが起こると、村人総出で山へ入り、「返せ、返せ」と喚いて回る。山の神への抗議行動だ。

その時も、村人達は山へ入り、「返せ、返せ」と騒いで回った。猟師たちは、村人の入れない奥深くへと捜索へ出る。当時、14・5歳だった曾祖父も勿論、捜索へ加わったのだそうだ。

しかしながら、男の子は見つからなかった。

捜索3日目、村人は今日を最後に山へ入るのをやめると言う。

皆、生活があるので仕方がない。猟師達も同じだ。季節は晩秋、夜は冷える。冬眠前の獣も活発に動き回っている。これ以上捜索したところで、もう見つかるまいとの総意だった。

867: 2/4 ID:VKfH9O4P0
次の日、両親だけが山へ入る姿を、曾祖父はなんともいえない気持ちで見送ったと言う。

曾祖父の姉も、10年ほど前に神隠しに遭っていた。村一番と言われる高祖父が、半年に渡って探しても、姉の着ていた服一切れすら見つけることが出来なかったのだそうだ。

その日、曾祖父と高祖父はカモシカを一頭仕留めて戻った。

途中、岩場で霧に巻かれ、視界を失う程だったと言う。

そこで曾祖父は、子供の泣き声を聞いた。神隠しに遭った男の子ではないのか、そう言う曾祖父に、高祖父は首を振った。「あれはもう10年も前から聞こえて来る。決まって霧が出た時だけ聞こえるのだ」そう語った高祖父の目は、涙が溜まっている様に見えた。

泣き声は神隠しに遭った姉のもの、高祖父はそう信じているようだった。曾祖父はただただ、姉の魂に黙祷を捧げたのだと言う。

カモシカを持ち帰り、高祖父と曾祖父は眠った。

早朝、目を覚ました曾祖父は、何気なく庭へ出た。曾祖父の家は、裏庭が山へと繋がっており、その日も何気なく山を見ていた。すると、男がひとり、ゆっくりと山を降りてくる。

どうやら、数日前(神隠しが起こるより前)から山へ出ていた源三のようだった。源三は、下手糞な子守唄を歌いながら降りてくる。よく見ると、背中に誰かを背負っている。曾祖父は慌てて源三に駆け寄った。

源三が背負っていたのは、行方不明になっていた男の子だった。男の子はぐっすりと眠っており、大きな怪我もない様子だ。どこで見つけたのか、問い詰める曾祖父に、源三は困った顔で語った。


源三はカモシカを追っていた。岩場(曾祖父が泣き声を聞いた場所)で数日を過ごした。なんとか一頭仕留め、喜んで走り寄る途中、足を滑らせ崖を落ちた。「俺もここまでか」そう思ったが、目を覚ますと特に怪我はしていなかった。「運がいい」そう思いながら、元へ戻る道を探していると、急に霧が立ち込めて来た。

そして、泣き声が聞こえてきたのだと言う。


Sponsored Link


おすすめ記事



868: 3/4 ID:VKfH9O4P0
源三は何故こんな山深くに子供の泣き声が、と驚き、何度か声を掛けた。しかし、返事はない。歩き回ろうにも、視界がまったくと言っていいほどにない。

仕方なく子守唄を歌ってみた。源三の村で歌われている子守唄だ。すると、泣き声が止んだ。

しばらくして、霧の中、少女が源三の傍へやって来た。「弟が怪我をしてる」少女はそう言うと、源三の袖を引っ張る。少女についていくと、落ち葉をかき集めた岩の陰に、男の子が眠っていたと言う。

男の子を背負って、さあ戻ろうと振り返ったら、少女はいなくなっていた。さっきまで、あれほど立ち込めていた霧も晴れていた。探しても探しても見つからなかったので、仕方なく岐路に着いた。

途中、女の子が木陰から覗いていた。追いかけると、やっぱりいなかった。きっとあの子は神様かなんかだろうと思う。この子を村に返したかったんだろう。源三はそう言うと、人好きのする笑顔を浮かべた。

曾祖父は泣いた。きっとそれは姉で、泣き声は自分も聞いたのだと言って泣いた。すると源三は「そう言えば、目元がお前によく似てた」と言い、「泣くな、最後は笑ってたでな」と曾祖父の頭をくしゃくしゃに撫ぜてくれたのだと言う。

曾祖父はその日から、源三を嫌わなくなった。源三は不思議と、獲物を持ち帰る日が増えた。理由を問うと、獲物の気持ちが分かるのだ、と源三は照れ臭そうに言った。

数年もしない内に、源三は村周辺に名の通った猟師になった。高祖父はそんな源三を、目を細めて嬉しそうに見ていたと言う。

更には、源三はその後、神隠しに遭ったとされる人間を3人も見つけ出した。毎回、あの少女が教えてくれるのだと、源三は語ったそうだ。

そんな源三、ある雪の降る晩、ふらりと山へ入り、二度と戻ってはこなかった。

捜索に出た曾祖父は、あの岩場で下手糞な子守唄を聞いた。だが、どれだけ声を張り上げて名を呼べども、源三は答えなかったと言う。

869: 本当にあった怖い名無し ID:VKfH9O4P0
ごめんなさい、これで終わりです。

怖くないけれど、不思議な話だな、と思ったので。
文章が下手なので、長くなってしまいました。申し訳ない。

874: 本当にあった怖い名無し ID:84pxpWm60
>>869
あなた、品の高く教養のある文章を書きますね。
素晴らしい。

878: 本当にあった怖い名無し ID:dWzlXjZn0
>>869
超GJ
日本昔話みたいな話だ

881: 本当にあった怖い名無し ID:QWGqwGcZ0
>>869
良かったよ! 乙

917: 本当にあった怖い名無し ID:KuOedyk1O
ぶた切りごめん。

昨日、T山にドライブに行ったんだけど、左のカーブの先に犬が歩いてた。

飛ばしてたりしてなかったから、轢いたりはしなかったんだけど、友達が言った。

「そういえば昔、何か を引っ掛けたことがある」
「黒いヤツだった」
「イノシシでもタヌキでもない、黒い何か」
「何か轢いた!て思って車を止めて見てみたけど、何も無かったんだよね」
「30キロくらいでトロトロしてたから、跳ね飛ばしては無いはずだったんだけど」
「気のせいかと思ったんだけど、ナンバーの端が曲がってたんだ」
「ナンバーは、ただ付いてるナンバーじゃなくて、バンパーがナンバーの形に凹んでて、ソコにナンバーが嵌め込んであるタイプのナンバーだから、曲がるはずは無いんだけど」

大きさはどれくらいか聞いてみたら
「ノーマルの車高のナンバーに届くくらい?」

クリ坊くらい?と聞いてみたら
「オマエが言う対象物が判らん」
と言われた。
それから、黒い何か は見てないから、何だったのかは不明のままらしい。


921: 本当にあった怖い名無し ID:zObPkioNO
>>917
まあ、一応突っ込んでおくが、
ウリ坊な。

924: 本当にあった怖い名無し ID:QmG2ui5cO
>>921
ツッコミありがとう。
なんで友達に通じなかったのか、謎が解けたよ。

926: 本当にあった怖い名無し ID:JD9ElG+r0
>>924
お前の可愛らしさに和んだ

813: 本当にあった怖い名無し ID:rXpE833cO
毎年今頃になるとよく思い出すんだけど、うちの田舎では昔、11月に亥の子っていう行事があって、それに使う石が山の中の小屋(亥の子の神様の家らしい)にあって、子供達皆で、日が暮れたら亥の子石を取りに山に登って、石を借りる前に1分間くらい明かりも消して黙祷する。

毎年なんとも言えなく怖かった。

取りに行くまで獣道みたいなところを子供だけで行くんだけど、それも結構怖いし、黙祷中もギシギシと家鳴りもするし、風の音も凄いしで、今の時代だと結構考えられないことだよな。

夜遅くに子どもだけで山登りとか

814: 本当にあった怖い名無し ID:xrE8cPqp0
>>813
じゃあもう今はその風習は残ってないの?

815: 本当にあった怖い名無し ID:wLJ6K9zgO
>>813
成人の儀式とかなのかな?

816: 本当にあった怖い名無し ID:XpE833cO
今は危険かどうか以前に地元が過疎って子供がいないから出来なくなっている

多分ぐぐれば出てくると思うけど
亥の子は豊作や幸福を招く為に子供だけで行う行事で、うちの地域だけの特別な行事でもないからそう珍しいもんでもない

が、夜に山登りはあまり無いんじゃないかと思う
何も山の中に石を祀らなくてもいいのに…

817: 本当にあった怖い名無し ID:ZesQSwH10
>>816
石を戻しに行くのはどうするの?

818: 本当にあった怖い名無し ID:XpE833cO
>>817
あくまでうちの地域の場合は、石は後日リーダー(子供の中で一番の年長者)が綺麗に洗って、塩水で清めてメンテナンスして(縄がほころびてたら適当に直したり)、神様の家に持って行って返すことになっていた。

持って行くのは昼間でもいつでもオケ。

いつも各家の亥の子が終わったら、最後に山のふもとにある神様の石碑の前で最後の亥の子をついて、数日はその石碑の前に石を祀っとく。

亥の子は土曜日の夜に行われることになっていたので、(多分子供が行うので、学校が午前で終わって次の日が休みだからという理由で)、次の土日くらいにリーダーが山に返しに行くような感じ。

820: 本当にあった怖い名無し ID:mNXNDfd+0
>>818
興味深いな。

>石碑の前で最後の亥の子をついて
これはどういう意味?

亥の子石はどんな形・大きさか覚えていたら教えてほしいな

829: 本当にあった怖い名無し ID:XpE833cO
>>820
亥の子石はダルマというかドラえもん形というかで、縦3~40センチ、直径20センチくらいだったかな。

最後石碑の前で亥の子をつく意味は実はよく分からない…

ただそういうしきたりだからそうしてきた感じで深く意味を考えたことがなかった…

亥の子は小1~6の子が集団でやることになってて、やり方や歌も先輩達がやってる形がそのまま引き継がれていくから

石碑はへんなとこにたってて(道路沿いの崖を削って建ててあってその崖の上がちょうど神様の家)、神様の家は祠とかじゃなくて本当に小汚い小屋なので、それは石を置くために確保されただけの小屋なのか、神様が山で一人は可哀想だから道端に石碑を建ててそっちに祀ることにしたのか、石碑が先か小屋が先かもよく分からない。

とりあえず、亥の子はお祝いであり祭りなので(亥の子を祝いに参りました~って家を訪ねるんだけど)

とりあえずやっとけって感じなだけかもしれない

うちの地域は11月は子供が獅子舞や、女の子は舞子したりと、そういう伝統芸がやたらと盛んで、県の無形文化財指定のものもあるので、ちょっと変わってるかもしれない。

830: 本当にあった怖い名無し ID:OiiaKthy0
興味深かった。土地それぞれの風習って不思議だね。
今はやってなくても>>829の周りの子どもたちに語り継いでほしいなぁと思ったわ。

831: 820 ID:f/twFdsR0
>>829
亥の子石って案外大きいんだ…

いろんなことを想起させてくれる風習だね。

詳しく教えてくれてありがとう。

849: 本当にあった怖い名無し ID:MdvkD7c6O
広島県東部の沿岸都市在住だけど、うちの方もイノコは残ってるな~。
鎖の先に付いてるのは鉄球だが。あと何故か知らんが一番最初の家の打ち下ろす所に柚子を置いて潰す。

850: 本当にあった怖い名無し ID:CM1PfvVVO
広島市内だったけどイノコ祭やってたな~
土なんてないからおうちの前でアスファルトがっつんがっつんやってたw
石の周りを藁で編んで、そこからたくさんの藁ヒモが伸びてるのを皆で持って、各所に行って、歌いながら地面に叩き付ける感じ。

石の周りについてるカラフルな紙が欲しくてガツガツやってる時に近付いたら頭かちわられるぞ!っ%8

852: 本当にあった怖い名無し ID:fwfQimpsO
山間部のあたりは
民俗学的にも面白い風習が残ってたりするね
老人も無くなり、引き継ぐ子供も過疎っていなくなり
残念なことだね

808: 本当にあった怖い名無し ID:aOp9EGbD0
自分はよくある田舎育ちなんだけど、中学校上がって違う小学校区の新しい友達ができた。
その子の家に遊びに行ったら、すぐ裏が山だった。

山の中の林道を駆け回って遊んでた。

ある日、友達が「友達の証に秘密を教えてやる」って言うので付いて行くと、獣道が林道が見えないくらい山に分け入った奥に、ボロっちいけど誰か住んでる感じの小屋があった。

そこには婆ぁが一人で住んでいるという。

山姥か鬼婆かと聞くと、そうじゃなくて山のお嫁さんなんだそうだ。

友達も本当は近づいちゃいけないといわれているらしく、家だけ見せられて本人には会えなかったけど、その家は電気も水も通ってなくて、ときどき婆ぁの親族が水や食料や生活用品を運んでいるんだそうだ。

別に神社とかもない普通の山だし、山の嫁の役割とか選び方は聞けなかったけど、婆ぁはその小屋で一人きり、誰にも会わずに暮らしているそうだ。

で、それは、地域の秘密らしい。

あれから20年くらい経ってるから、件の婆ぁが生きてるかどうかは分からないし、もしかしたら全部友達のフカシの可能性もあるんだけど、寒くなってきたこの時期、あの掘っ立て小屋に婆ぁ一人が夜の明かりも無く暮らしてると思うと、ちょっと恐い

812: 本当にあった怖い名無し ID:wLJ6K9zgO
>>808
ネパールの生き神クマリみたいだね。
クマリは初潮まえの女の子しかなれないけどね。

809: 本当にあった怖い名無し ID:3Vx4tQnw0
20年も経ってるならタヒんでるね。

810: 本当にあった怖い名無し ID:HdwOdLdn0
中学生の言うババアだから、当時40歳→現在60歳

で存命の可能性あるんじゃね?

811: 本当にあった怖い名無し ID:EX5s8mLs0
もしその婆がタヒんでるんなら新しい若い子がそこに住んでるんじゃね?


おすすめの関連記事

Twitterで新着情報をお届けしています。
ぜひフォローお願いします!

無題

【PR】アウトドアの最新ニュースも
完全無料で、話題のニュースがすぐに読める【スマートニュース】